魂を売らなくていいんだ 彼は既に僕の中に居る

17951515_1359732790759890_4709720816459534823_n.jpg

去年6月の来日公演のリターンマッチ。

待望のザ・ストーンローゼズ@武道館。
いやー 金曜日で良かった。もうホントに嬉しかった。

中に入れば満員の武道館。
我々のような 一応リアルタイムであの
80年代マッドチェスターに
恋い焦がれ 憧れたものたちにしてみたら
数年前に まさかの再結成が行われて
あのオリジナルメンバーの4人で
ちゃんと単独で見られることが
なにより大事なことだったなあと思う。
そういう人たちで溢れかえってる会場
なんとも言えない熱気に包まれてました

前に自分が見たローゼズは95年で、
セカンド・カミング期だったし
既にレニが抜けたあとだったので
正直に言えば全然感触が違っていたし
あれは わしのローゼズではなかったのです
とはいえ 思わぬ幸運な出来事を得たので
わしには とても特別なライヴにもなったのですが
コチラに書いております)

今回は 
わしの憧れた あのローゼズが目の前にいる
というだけで 本当に貴重なことだったのです

一曲目が
I Wanna Be Adored で
I Am The Resurrection で終わる

完璧です これだけで完璧なのです

これだけで完結してたといっても過言ではない
(ん?:笑)

と思えるセットリスト

I Wanna Be Adored
Elephant Stone
Sally Cinnamon
Mersey Paradise
(Song for My) Sugar Spun Sister
Bye Bye Badman
Shoot You Down
Begging You
Waterfall
Don’t Stop
Elizabeth My Dear
Fools Gold
All for One
Love Spreads
Made of Stone
She Bangs the Drums
Breaking into Heaven
This Is the One
I Am the Resurrection

オープニング
マニのベースが聴こえてきた瞬間
もう全身の毛穴が閉まりましたよ(汗)
そして 思わず涙
あー 本当だ 幻じゃないや って

会場皆 歌う歌うのしんがろんぐ大会
歌えますよ 歌えますとも 歌うし踊るよ

Sally Cinnamon やってくれたの嬉しかったなー
Waterfallが始まった時も 死ぬかと思った
Made Of Stoneも 泣ける泣ける

演奏じたいがベストだったとは
わしは正直 思わなかったけれど
でも やっぱローゼズらしい その在り方だったとも
思えたなあ
レニが意外に けっこうはみ出しまくりで
でも 予想よりパワフルだったのは良かった
マニが 相変わらず上手かったのでは
彼が やっぱかじ取り役って感じがした

18056926_1422028031186720_7542556990039931669_n.jpg

そしてジョンの見たくれとギターの格好良さが
半端なくて萌えまくりでした
スカジャン長髪髭って何!←阿呆
22年前のそのライヴでも実はジョンに
釘付けでした 復帰してくれてやっぱ嬉しい
そしてイアンはやっぱり いつだって
my greatest monkey ever!
愛すべき存在です

18010814_1422027984520058_4137430041021735849_n.jpg


アンコールはなかったのだけど
これで充分
そういう潔さと クリアさがあった
1時間半強くらい?
短く感じたけど でも
密度の高い時間でした
最後に4人がステージで 手を取り合って
挨拶した姿も 我々には 感動的でした

素直に楽しかったなあ 行けて良かった

ライヴ後 某M氏が
わしの真後ろで見てたよーって 連絡
気づいてたら声かけてよ!って 言ったわ(苦笑)
だって 真後ろだから プレッシャーかけても
いけないでしょーって言われたが
居るって知ってても 踊りまくってたし
歌いまくってたから 大丈夫だったのに♡って
返してやったわい ちっ
スポンサーサイト

どこまでも遠い空 さよならまたいつか

なんだか毎日忙しい最中
でもやっぱり行こうと思って出かけてたよ


17952757_1356009687798867_4816915691317176349_n.jpg

ライヴ前に
とてもお天気が良かったので
随分とひさしぶりに井の頭公園まで足を伸ばした
ここんとこひんぱんに吉祥寺に来てたのに
改めて ぐるりと歩いたのは何年ぶりだったのだろう
まだ 残る桜を愛でるのに 充分なお天気で
ぼんやりと 明るくて少し遠い空を見上げながら 
適当に腰掛けて ビール飲んでました
きっと自分と同じ考えの人が 
皆思い思いに 楽しまれてる感じで
思いのほか混雑な公園内(笑)
スワンボートもなんだか渋滞してたし(大笑)


久しぶりに いせやさんの前を通った
きれいに改装されたね
大好きな渡さんは きっと やっぱり
今も来てるかなあって ちょっと覗きこみたくなる(笑)
そこのカウンターに座ってない?て
遠くから眺めながら
なんだか ブラザー軒そのままじゃんって
思いつつねw
次来る時には入りたいな

17991197_1355017751231394_4583497023891490824_n.jpg





17951624_1355003307899505_84304337022789614_n.jpg

そしてGB。
もちろんNOWHEREさん目当ての夜。

オリエンタルバウンズは わしが見る時はなぜかいつも
アコースティックだなー
楽しめましたけど 一度バンドヴァージョンみたいのにね
なかなかご縁がないですの

そしてあっという間にお目当てのNOWHERE

始まった瞬間からわかるくらいだった
あれ これまでと違うって

四の五の言わないっす


この4人になって 今日が間違いなく最高
というか 2月から比べて ここまで変わる?!って
正直もう かなりびっくり
なにがここまで 変えてしまったの?と
一曲目から 驚きながら見てた

4人が同じヴァイブレーションの中で
演奏が出来てたんじゃないかしら
正直2月まではまだ ばらばらだったと思うの
その違和感が一気に払拭されてたね
一気に バンド! っていうまとまりが出来てた
というか。
柔軟さと 緊張感が共存してて
わしにとっては NOWHEREはこうあってほしい
という姿でもあったりで

最初から最後まで 聴いててずっと心地よかった
すごく自然に聴こえてたし 見せ所というか聞かせどころも
ちゃんとメリハリが有ったと思うし

塔子さんの役割
このバンドの中での立ち位置が
今やっと有る程度定まったかな?って

確か前回は つかちゃんがセンターに立つのが
久しぶりでって話だったけど
やっぱりそれで良いと思う 
前回は ぎこちなさがあったけど
今回は全く感じなかった

前にも書いたけど
わしは つかちゃんの書く 
あの曲たちの良さが
こちらに 伝わってこなければ意味はないって
思ってた そのための表現手段のひとつが
今 この4人での形なのだろうけど

それが今回は どストライク
聴いてて思わず笑っちゃうほど
伝わり過ぎるほど その想いとか
願いとか なんかそういうの 全部
一気に吹き出してたような気がするよ

それがあの客席の反応でもあったと思うし

そんなNOWHEREが 
わしはやっぱりとても好きだった  
不器用なくらい まっすぐでね

この先の風景も 見えてきていたらいいな
そう思いました

今回は終電で帰れそうだったので
最後のスランキーサイドさんは一曲だけ見て
泣く泣くすみやかに退場。
でも、NOWHEREが本当によかったので
大満足。出かけた甲斐のある時間でした。
帰りの新幹線のチューハイが美味しかったw

次はいつ見られるかな
全然わからないけど 

また あれだけ届くライヴが見られたら嬉しい
そう思うよ
その場にいられて よかった

モッドの父と言われること。

彼は本当にはどう思っていたのかな。
90年代に、そうやって あの彼らが彼へのリスペクトを
示したことによって 彼は返り咲く面もあったろうし
そう言う人が居る人のことも受け入れてたろうけど

自分は 彼がそれを素直に受け入れてたのかな それは
疑問だって 思ってたりもするんだけど

今日 さらば青春の光なスクーターにまたがる彼の
動画をふと見たときに
やっぱりすごく格好良いので吃驚した(苦笑)

まだ子供も生まれるもんね 若いの

17800182_1345594285507074_6354068921506291433_n.jpg


定期再生w
わしは The Jamから入ったクチで
その時点で後追い
(当時はスタカン時)
スタカンよりジャムが好きで
アルバム聴きまくってた
それからもう少ししてから出た
このExtrasが どストライクで
結果いまでも再生頻度の高い一枚です

わしの中でのThe Jamは
この中にものの見事に収まってる
気がします
何が 彼らを 他のネオモッズバンドと
隔てたのかが 明らかだし
(パンク/ニューウェイヴのそれとも
当然画してるし)
ここにある 愛情と情熱と 体温は
いまだに聴いてて ひどくリアルで
掻き立てられるよう

そして その後のスタカンの感触もたっぷりで

特にカヴァーが秀逸揃い
彼らの売りでもあったのですよね
実は David Wattsはわしはジャムが最初で
本家より好きとかw そういうのあったり
書き始めたらキリの無い思いも
あったりして

でも何でそんなに反応してたんだろ
それは自分でもよくわからないけど
彼らの持っているポップさと 
この実直さと ちょっと不器用な感じが
自分自身にはフィットしたのかな

Get Yourself Together とか
So Sad About Usは
彼らが わしを導いてくれる曲でした
ジャムで聞いてなかったら
ちゃんと聴こうとしてなかったと思うの

でも最後は The Eton Rifles で
ジャムな曲で〆られてて

むかーし自分が作ってたHPに
好きなアルバムのレヴューをたくさん書いてて
これのことも書いてたはずだなーと
ふと思う
そんときはどう書いてたんだったろう
たぶん今とあまり変わらないことを書いてたはずだけど

ドイツなんてあり得ないし 日本も 遠い





この曲が 
FacebookのTLに流れてきたので ぼんやり見てる
Wilcoの魅力って この曲みたいな曲な
気がするなあ 自分も大好きな曲
彼らは6人編成なんだけど 
そのわりに何気に 隙間が有って
全然くどい感じがなくって
(言い換えれば それはとても繊細な
やりとりが 繰り広げられていて)
それが静かに静かに 息づかいが高まって
温度が上がり続けて
ギター三人がせめぎ合っていく感じ
彼らの作り出す穏やかさの中でしか 
表現できないような
そんなスリリングさを持ち合わせていて
これがすごく素敵だなといつも思う
んで
ここのドラマーさんがわしはとても好きですw

彼らも まるでキャンバスに絵を描くように
音を重ねて 色を重ねて

その 風景を見せてくれるようなところが
わしは好きです

使わないようにした言葉のこと。

今年に入って 実は 

できるだけ使わないようにした言葉があって


そういうのは自分には これまでにも実はいくつかあるのだけど

それらの言葉は きっと 誰もが普通に使う言葉なのだけど
自分も散々 使ってきた言葉でもあるのだけど

今回も  その言葉を使うことで
自分の思いが なんだか 一気に陳腐になる気がしていて

それまでにも
本当はずっと気になっていたんだけどね


いや 自分の思いなんて所詮陳腐だし
他の誰かと違うものでもないのだろうけど
どこにでもある ものでしかないけれど

言葉はあいまいなものだし

そのあいまいさを 受け入れなくてはいけないもので
あるけれど

あいまいにできることで

的確に表現することから 
自分が逃げる感じがしてしまう


そしてその言葉が 自分の伝えたいことを
本当にどこまで 伝えてくれるのだろうという
大きな疑問もあって


なんかそういうのも 自分にとっては 
全然 快適ではなくて


伝えたい思いが有るからこそ

やっぱりもっと 言葉を選ぶことに敏感でありたい

と ここんとこ 思い続けている


きっと自分の自己満足でしかないし

ぼんやりした話

でも 自分にとっては 
あえて書き起こすと クリアな話

DAVID BOWIE is

17523115_1332540006812502_7484373740422271715_n.jpg


今回の上京は この展覧会も見に行く気満々。
天王洲アイルなんて こういうのがないと行けないねえ

ディヴィッド・ボウイの回顧展。

入口で ヘッドフォンとレシーバーのようなものを渡され
装着。
それぞれの展示に近付くと その展示にそった
楽曲なりインタビュー音声なりが聴こえてくるという
趣向。

見て回ってて思ったのは
これだけの規模をもってしてでも
彼のキャリアの全てを展示するのは無理なんだな
ってところだったのですが(苦笑)

フォーカスされてたのは
彼のファッションの面であったり 
アートの上での面であったり
彼がいかにカメレオンであったか という面であったり

実はそこまで音楽に言及してたかと言えば
そこまででは なかったようにも思ったり(←自分は
ここが本当は一番大事ではあったのだけど)
ただ 中には こんなのあったんだという映像が
見られたりもあったのですが

個人的には アラジンセインよりも 
ジギースターダストだったり
スペース・オディティだったりで
(←ここは意外にフィーチュアされてたけど)

戦場のメリークリスマスで共演した 
坂本龍一教授と ビートたけし氏の
インタビューは面白かったな。


わしは そこまで熱心なファンじゃないけど
ちゃんと見てたら結果 一時間以上は 全部
見終わるまでにかかってた
本当に熱心な人なら もっとずっと居られるだろうな
それくらい 彼の温度のある展示だったと思う

17499421_1333869166679586_4160033396465228829_n.jpg

お土産は
銀の黒星付き。
黄金のアラジンセインも相当ひかれたけど 
やっぱりこっちが好きでした。

完璧な嵐の夜。

TRIOライブのときって ほんとに雨確率が高い(苦笑)
この日も一日雨模様。

20170326e1.jpg


吉祥寺RJGBにて
黒水伸一TRIOの
4周年記念ワンマンライヴ。
今年も楽しみにしていたアニヴァーサリー。

お客さんいっぱい。
フロアのもう少し半ばあたりで観たかったが
止むにやまれず ほぼ最前列(汗)

定刻を少しまわったあたりだったかで
スタート。
今回は全員真っ黒w
兄さんと信夫くんはジャケットで
(お しーさまのジャケット姿なんて
これまでに見た記憶がないぞー 
これは全然ありです)


2017032605.jpg



自分の印象としては

もちろん ワンマンだっていう
充分すぎる気合も緊張感もあったろうけど
わしには 力が入りすぎていないように
見えていた(いい意味で)

去年は出だし 力んでる感 
出ちゃってると思ってて

余裕があったかはわからないけど
今年は
もっと どーんと構えてたというか
足が地についてる感じが強かった。
演奏もそんなふうに聴こえてた。
速さも流れもちょうど良く感じてて。

スワンソングのときに
ゲストの篠原太郎さんが こそーっと出てきて
ベースを弾きだしたのに くす。
(実は予定外だった模様)

image3.jpg


去年の秋の銀弾ツアーのときからかな
なんか この曲が急に 育ってきてるって感覚
があって
今回もやっぱりそう思ったし
それが何が理由か本当にわからないけど


最高速度が聴けたのが ビックリだった
始まった時に 本気であっけにとられた
信夫くんの曲をトリオでやるっていう
アイデアがあるとは思っていなくて
わしは 自分がこの曲が 本当に本当に好きで
あの 音源の感覚に近いようなバンドヴァージョンで
今回 初めて聴けたのが
実はすさまじく 本当に嬉しかったのです
きっと あの感じではもう聴けないって
勝手に思っていたの
しのばんでやってるヴァージョンもあれとは
当然違っていたから

しーがああやって トリオで歌うのも
ありだと やっぱり思ったし
(てか 歌いだした瞬間 うわー!て内心
絶叫してたけど)
ベースでライヴで歌ったの
初めてだったと 後ほどお聞きしました 
ありでした


篠原太郎さんは とてもよい影響を
バンドに与えてたのではないのかな
彼のギターはまるで電光石火なブースターで
バンドじたいが さらに強く 高く 鋭くて
深くなる 感じになるのが 凄かったの 
わしはそう思った

こう言ったらきっと怒られるだろうけど
でも確実に 今のトリオに あったら良いものを
補ってたと思った。
彼の感性はトリオにフィットするってのを
目の当たりにした と思ったよ

トリオに何か欠けてると思ったことはなかったけれど
あったら これだけ 風景も色合いも 変わるのが
吃驚した というのは本当に正直な感想

兄さんにとって 
太郎さんの存在は 確実に刺激になったのだろうと

ここ1年 近藤さんや つかちゃんと回ったツアーも
大きかったろうけど
そこにだめ押しのように 触発されるものがあったのだろうと 推測
お兄さんは本質は何も変わってないのだろうけど
わしは 表現や 手段が変わってきてる気がしてて
それが 少しずつ 現れてきてるような
そんな時期なのかな

あ 335
わしは初めてやっと見られて
嬉しかったですw
つか やっぱり兄さんな音だねww
Jr.も好きだけど 似合うと思って見てました
兄さん 太郎さん しー の3人が
横並びで 皆んな 赤いギター(ベース) だったのも
なんだか 今回は
素敵に見えたなあ

久しぶりにStop, Look, Listenが聴けたのが嬉しかった


2017032614.jpg


2017032606.jpg

17498622_1333831910016645_7839162598806026732_n.jpg


実は ROCK TRAINで泣いてた
いい曲だよね
てか ここに なんか いっぱいいまだに
何か  ありあまる 
たくさんのものがありすぎる
ここに 共鳴するものがありすぎて
たまらない気持ちになる
そういう曲だよね

それからつながるように 始まった
光をあつめて が あまりにも眩しかったのです

光は あのときと変わらず 輝いてると
思わせてくれる そんな瞬間でもあった

完全な新曲が
完全な嵐として 演奏されるのも 凄かったなあ

なんか あっという間のようで
本当に密な時間の流れ方だった。
ずっとこの中にいたい そういう空間だったから
今日も そこにいられることが やっぱりとても 尊くて
居られて 嬉しいということを 噛みしめてたんだよ


アンコールで
I Can't Explain が始まった瞬間 
おぬし 本気で殺す気かと思いました(苦笑)
どんぴしゃでしょー
太郎さんいるでしょー
Bさまも 叩き方違うでしょー おいー


あっという間の2時間強。
でも 密度の高い時間。
あっという間でも ただのあっという間では
なかったなあ。

今現在の トリオの姿が 
あるがまま そして より魅力的に輝く
ライヴであったと思うのです


またこんなの 見たいなって 本当にそう思ったし

きっとまたこれからもたくさん 見せてくれると

信じたいと思った 
そんな日になったのでした。


17626311_1336518779747958_8736795554989917687_n.jpg

なんとなく 今日はチケットにサインしてもらおーと
決めてて 書いていただきました
予約特典もありがとうございましたw

Go Johnny, go.

17361511_10154099274871841_8830625039382674420_n.jpg


拝啓チャック・ベリー様

あなたの音楽は永遠に生き続けると言われると 
あなたはいつだって そんなのは大げさに言い過ぎだ
って思うのでしょうね 
でもジョニー・B・グッドは 
NASA惑星探査機ヴォイジャーに搭載された 
ゴールデンレコードに収録されていて-
今や地球から20億マイル彼方にあり 
今も 星たちを目指しています 
これらのレコードは 10億年 もしくはそれ以上 
存続していくことでしょう 

60歳のお誕生日おめでとうございます
あなたが この世界に与えた音楽への称賛と共に


******************************

with our admiration for the music you have given to this world

RIP

あたりまえにその手が 確かにつかんだもの

この日は大阪まで再び。
伴慶充×塚本晃おふたりの
TOUR ROUGHMIX2017。
初めて、梅田POTATO KIDへ。

17190932_1316597955073374_402706597530118434_n.jpg

ツアー初日の名古屋は時間が到底間に合わず
本編最後の曲と
アンコール曲2曲をお外でこっそり
盗み聞きしていました(笑)

というわけで とても楽しみにしていたライヴ。

名前のとおり、完成形を見せるものではなく
その場のセッションで出てくるものをそのまま
披露していく、といった趣。
つかちゃんはギター一本だけど
伴さんはドラムやカホン、ジェンベやその他
多くの振りもの(笑) とコーラスと 忙しい(笑)

セットリストは決めていたけど
伴さんが何を叩くかは その場その場で
決めておられたらしい。

ご本人さんたちも いったいどうなるのやら
というドキドキも抱えながらの
演奏だったりもしたのかもしれませんが

最近あまり聴けていなかった曲が
かなり演奏されていたり

いつもどおり 大好きな曲たちが演奏されていたり

たったふたりであることの
シンプルな良さも 足りなさも
またこのふたりでの面白さだったように思ったな

去年夏の251のときとは またもちろん全然違っていたし
あのときのような はりつめた緊張感ほどではなく
ずっとリラックスされてたでしょうけど
でも 思ったほどカジュアルな感じではなくて
お互いのやりとりを 真剣に確かめあってるような
そんな感触もあったり。

事故多し ってなこともおっしゃられてたけど
それもまた このスタイルの面白さであり
見る側的には
このふたりで こういった形でライヴをやる 
その臨場感を 楽しむものでもあると思うので
好意的にとらえておりましたw

二部構成で 休憩はおふたりともステージで
そのまま休まれていたのが おいおいw
写真撮って 伴さんインスタあげてるし(笑)

魅惑の未来 で
急に伴さんが目の前の自分に
(こういうときに限って最前列で見てた)
タンバリンを渡してきて
相当に焦りました(汗)
つーかもう ほんと冷や汗…
必死で叩いてましたのよ あれでも(苦笑)
上手くなくてごめんなさい~
てか 本当はああやって叩くべきなのかしらとか
考えながらだけど
やりすぎるのは 墓穴を掘りそうだった
結局一曲叩ききって あー ほっとしたw
でもいっそ 踊りながらのほうが
上手く叩けた鴨←嘘

でもああやって おふたりの演奏に
参加させてもらえることがあるなんて と
内心すーごく嬉しかったのでした
大好きな曲だったので 余計にね
たまたま そこに居たからでしょうけどね
ありがとうございましたw
また混ぜてもらえるように
練習しなきゃー ← するんかー!

今回のこのユニットは
またこれからも続けてくよ とお聞きしたので
また どう進化して行くのか
それとも やっぱりいつでも
ラフミックスな感じなのか(笑)
楽しみにしたいところ。
個人的には ほんとうはもっと自由度あげても
いいんじゃないのかなーと思ってて
たとえば つかちゃんが 打楽器やっても
また違ってよさそうだし
カヴァー曲もやってもいいかもしれないし
伴さんに一曲 完全に歌わせるのも
面白いかもしれないし
その場で曲のリクエストを募るのもありだとも
思うし
(聴いてみたい曲が 他にももっとあったからね)

つかちゃんが ぽろっと 
このふたりで NOWHEREって言っちゃいたいけど
みたいなこと ぽろって言ってたね
でも 本当はそれでもいいのかも
NOWHERE という名前は なにも
いわゆる一般的なバンド形式をとっていなくても
使ったらいいのだとも わしは思う
つかちゃんが これNOWHERE って言ったら
NOWHERE になる でもいいと思う
だって その中心にあるのは
いつだって彼の歌のはずだからね
それが ぶれない限り それでいいはず

あ つかちゃん ハープ吹いてください
(ここでリクエストするんか:笑)
最近 吹かれてるの見てない気が。
ほんとに大好きなのに。

そういえば つかちゃんと伴さんの口笛バトルも
面白かったねー
実は つかちゃんの声が ずっと出にくそうにされて
いたのが 気になっていたけれど
大丈夫だったかな

あっという間に22時過ぎてるー
ちょうどいいボリュームだったと思いました

17353226_1321734594559710_4086978787724996054_n.jpg

最後のほうで 伴さんが振りものを配った(笑)
振りまくる。
しかし シェイカーは思いのほか難しい。

そんなふうに 客を参加させるって方向があったのは
結構意外だったなあ。
わしはとても 楽しかったです。
今度は コーラスか?←おい


また次に 見る時を楽しみにお待ちしておりますw


17156324_1434319089972509_3846985139837443091_n.jpg

余談ですが うさみっちゃんTで吃驚しましたw
そうでなくても このふたりのこういう2ショット
意外にこれまで なかったねえ

Translation Vol.58

僕らは毎年 歳をかさねる
でも 君は変わらないね
もしくは 僕が 君が変わっていってるのを
気がついてないだけかな
そんなことを 毎日考えるよ
でも ほんとにほんの少しの間だけ
そして そのとき僕は 感じるんだ

どの路に流れていくべきなのか
僕は知ることはないだろう
いつだって 知らないコースへ方向を定めよう

風は僕の顔に吹きつけてくる
最近気づいたよ
自分のペースを保つのは なかなか難しいって
そして 僕は 行くべき場所を探してるところ
でも ほんの少しの間だけ
そして 感じてるんだ

どの路に流れていくべきなのか
僕は知ることはないだろう
いつだって 知らないコースへ方向を定めるさ

*************************************
Teenage Fanclub / Everything Flows


僕らは毎年 歳をかさねる でも君は変わらないね

ほんとーに楽しみにしてたの。
彼らを見るのいつ以来だ?と思って
冷静に考えると もう11年もたっていた…

Teenage Fanclub。
最後に見たのは2005年のサマーソニック@大阪。
夕方、メインステージのWeezer&Oasisには行かず
(友人らはそっちに移動しちゃってたけど 自分はひとり残って)
TFC&The La'sにこだわったわしは大正解だった日ですた。
ほんとに良かったんだよね。どっちも。
いまだに忘れられぬライヴの一つ。

17098470_1310988985634271_2520930768203315312_n.jpg

本当に久しぶりの
今回のジャパンツアーは
最終日の大阪へ。

ソールドアウトだったんだねー
かなりの入りでした。
皆待ってたんだよ。

6時ほぼきっかりにスタート。


17021623_1311038612295975_55912405208431955_n.jpg


最初からいきなり Start Againでもう泣くわ!
3人とも 声の瑞々しさは変わらない
代わる代わる歌うあの姿は彼らならでは

見た目はもうとても
てぃーんえいじなんて言えないけど
(自分だって同じだけ歳くってるんだけど)

変わらぬ暖かさと穏やかな光と
ここにも 皆が共有する愛ある世界。
本編ラストがThe Concept で再涙。

そして アンコールラストが
Everything Flowsなのも もう泣ける
なんだかんだで泣かされる

We get older every year
But you don't change
Or I don't notice you're changing


この曲 書いたのいつよ
もう30年近く前のはず
なにかを見透かしていたのかのように
今の彼らのためにあるような曲だね


ずーっとノーマンがにっこにこの笑顔
こっちも ずーっとにっこにこ
自分の周りにいたお兄さんたちは 皆大声で
大合唱 つられてこっちも歌っちゃう(笑)
ジェリーもレイモンドも はにかみっぷりがかわいい

17155779_1310991672300669_4098819207495982432_n.jpg

背高のっぽのお兄さんが
要領よく しゅっと手に入れてた
お願いして写真とらせてもらた(笑)

良い曲しかないセトリだったけど
もっともっと聴きたい曲あったな ほんとはね
またね! ってノーマンが言ったね
まだまだ 日本に来てほしいな
個人活動でも TFCでもね
行けるといいな 待ってるよ

17155316_1311271105606059_5379466420284324824_n.jpg

Tシャツは我慢するつもりだったのに(苦笑)
そして整理番号はロックでしたw

3月のモッズ達の行進のこと。

17022509_1309049575828212_4982656272091054538_n.jpg

ピーズのスティッカーはご愛嬌w

ザ・コレクターズの初武道館。
行けなかったけど
その日のSNSでの友人ら皆の熱狂っぷりを
TL上で眺めることで
自分もその場に居られるような
そんな感覚でした。

知人がユニオンジャックの法被着てたり
別の友人はビートルズ的なJALの法被着てたり(笑)
武道館周りのスクーターランもあったり
シーチキン兄弟たちがチケットもぎってたり
なんだもう楽しそうすぎw
こーさんが作り過ぎたかも…なんて言ってた
限定グッズが相当早い段階で売り切れていたり
実はソールドアウトまで本当にあと一息で
ふたを開けてみればほぼ満員御礼の
武道館だったり

幸せな空間だったんだろうなあ

実際には その時この席に自分の思いが
居座っていたと思います。
(生霊飛ばすな:笑)

きっといつもどおりのはずの彼らだったのかなと。

セトリは やっぱりあのままで来てたみたいで
コータローさんも変える気全然なかったんだな
ってのも わかったし
その潔さもよかった。

照明にはとにかくこだわった
ってのが いろんな人からの写真からも
見て取れて
このターゲットマークが見られなかったのは
さすがに悔しいと思った。
(某氏の写真無断拝借御免)


16996135_10206517188767185_4450273025549050360_n.jpg

16998844_10206517214527829_6946430101285400773_n.jpg

この緑と赤も ちゃんと意味あるっぽいな
さすがでした。

友人の多くは号泣で
いつもどおりの彼らだったし 逆に泣くこと無く
楽しかったと言う人もいたり
でも 最後は皆笑顔のライヴ

武道館は似合ってたと 言ってる人も多くて
やっぱり 図体でかいのは強みだったと思う(笑)

行きたかったけど

でも これがおわりじゃないから
残念だし悔しい思いもあるけれど
またきっと もっとこれ以上のことを
やってくれるんじゃないか
そんな期待も夢もあるから
悲しくはなかったし
もっとこれからの
いろんなことを 
楽しみにしていたいと思います

東京ドームまでやります って
宣言してたらしいしw

その日には 必ず行けるように
自分も また がんばろーとも思うのでした
NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク