鳥のように。

soradome01.jpg

静けさが闇を支配する頃
頭の中を一羽の鳥が 羽ばたいていった
地平線より遠くへ 暗い夜の向こうへ
光を探し

ずっと待ち続けていたことに
突然気付かされたように それは始まった
予感さえも追い越し とまどいは闇のどこかへ
逃げ去っていく

奇跡を信じて 自分をみつめて
ひきずる足取りで 明日を祈り続けた

翼持つもののように 今をふりほどき
風に胸をそらして あの空へと

背伸びした現実 言葉は傷つけていく
せめぎあう中で

少しだけ立ち止り 果てしない空を見上げて
夢の彼方へ

奇跡を信じて もう一度約束をしよう
自分に向けて
今 解き放たれた 翼持つすべての想いを
夜明けの空へ
スポンサーサイト

translation vol.8

Now remember
what you used to be

Now remember
the long way to yourself


→続きを読む

translation vol.6

one morning

when I woke up
I found her standing by me with dried flowers
and staring the space in front of her

looking through me with her empty eyes


→続きを読む

ある意味旅の記憶だよ-グッズもあったねの巻。

自分はポスターやポストカードの類が好きで、
なかなかの蓄積量です(苦笑)
一時期阿呆のように買ったのですが、使う目的で
買ってないので、まあ、たまる一方で。

でも。今、自分が死んだらこれどーなるんだろーとか
ふと我に還る今日この頃(爆)

→続きを読む

translation vol.2

I tried to catch everything in the wind
with open arms

I believed that something would lie ahead of me
beyond the rusty rail tracks

→続きを読む

translation vol.3

Until I hear those women singing from somewhere

Now I'll start running alone
after this night gets cold


→続きを読む

translation vol.1

A camel

who had lost his owner

was wandering vaguely in the desert


→続きを読む

ある意味旅の記憶だよ-CDシングルの巻。

034.jpg
これも今となっては懐かし。
Han-naの1990年発表のシングルである「Melody」です。

当時。
DOVEさんはTHE MINKSさんとHan-naさんのメンバーと同じ屋根の下で
暮らしてると聞いた記憶が。がっつり共同生活だったと
思うんですけど。
(そーいや、DOVEの皆さまはひとつの部屋を3人でカーテンで仕切って
使ってる?とかそういう凄い話だったような気が…
いや、でも結構昭和っぽい話:爆、でも当時はすでに平成か)


Han-naのヴォーカルの倉本さんは、やんちゃんと一緒にラジごめの
パーソナリティを務めておられました。
(さすがに倉本さんは別で暮らされてたと思いますが)


そんな縁もあってか彼がコーラスで参加してるのがこの曲。
聴くとすぐわかります(笑)

そうそう、逆に。

027.jpg

1991年に発売されたシングル「丘にある椅子」の
カップリングになってた「裸足の太陽」で
コーラス参加されているのが
倉本さんですね。女性の声が聞こえてきますよね。
これもサビのとこなんですぐわかりますね。
まあ、これらの曲はどちらもWater Puzzle収録ですが。
ライヴでは未来さんがその部分担っておられましたね~

80年代後半くらいから。
日本でもカレッジチャートなんてのがあったんですよね。
何故か、そこでDOVEがすこーしだけ注目された瞬間も
ありました。
まあ、アメリカのアレほどの盛り上がりは日本では
なかったので、本当に一部の人たちのためのものだった
んですけど。
(今でもあるんかなーと思って調べましたが、かなり微妙な
感じっすね)


でもって、こんなのもありました。
018.jpg
hiroshima02.jpg


例の広島ピースコンサートの関連ですが。
これは1991年に発売されたもの。
DOVEはこの年にはコンサートには参加してませんが
このスペシャルCDのほうにはやんちゃんや倉本さんも参加。
ほか数多くのヴォーカリストが交代しながらリードを
歌っていく流れ。もちろんこれも聞けばどこで歌ってるか
わかりまっせ。
他の参加者もなかなか興味深く。松田文さんや
魚ちゃんや富雄さんがいる~

ちなみにメイントラックのヘヴィードリンカーズとは
ジュンスカの変名バンドでした。

余談ですが。
昨日ものすごい気が向いて本屋でたまたまギターマガジン
立ち読みしたんですけど、そこにレピッシュの恭一と
アキマと純太が対談してるの見てびっくり。
本当にひっさびさに純太の顔見たけど、さすがに
時間の流れを感じました。

CDシングルっていえばもうひとつ。
milkyblue.jpg
うは。これは1995年発売でしたね。

ある意味旅の記憶だよ-半券コレの巻。

みなさん、チケットの半券って保管しておられますか?

わしの場合、とくにコンサートのチケットに関してですけど。
わりにまめに残してるほうかと。
全部ではないんですけどね。電話予約したりとか当日で
入ったりしたら半券残らないし。そのままチケット引き上げ
られちゃってることもあったし。

→続きを読む

ある意味旅の記憶だよ-間違ってますけどの巻。

cassette01.jpg


いったいどこのタイミングでもらったのかを覚えていない…
初期段階だと思われますが。
内容は、書かれているとおり、彼らのライヴ音源をダイジェストに
したもの。全3曲ですが、すべてフルレングスで入っていないところが
今考えてもイケズ(汗)音も悪くないだけに残念だす。
しかも、期待して聴いてると、2曲目に流れてくるのはなんと
「獣の日」だったりする(爆汗)レコード会社がプロモ用に
出してるのに、曲名をミスるってどうよ(苦笑)
獣の日も勿論いいよ。逆にこれのライヴ音が残ってるのは
いいかもしれん。そんなにしょっちゅうやる曲じゃなかったし。
いいんだけどさ~
抜けてるよね~(苦笑)
NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク