スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実×虚構。

14095962_1113431928723312_7058317123262365110_n.jpg

友人らのhighly recommend ぷりから
やっぱり見に行こうと言うことで今日
見てきたよー シン・ゴジラ。

うん、面白かった。
内容はなるほど。すごくシンプルな話。
怪獣娯楽映画ではなく、実はリアルな
政治家、閣僚たちなどの人間描写のほうがメインだった。
わしにとっては
感動するとかそういうのではなかったのだけど
上手いこと皮肉りまくってるのが 印象的。
随所随所に ぷ と 吹くような場面が。
大杉漣さんがすげー下手に見えるのあれわざと?(爆笑)
ものすごく豪華な役者さんたちのラインナップ。
端役のひとたちもほんと豪華。見てて面白かった。
わしは市川実日子さんが良かったなー 
もともと好きな人だけど
いいとこ持ってく役だった。
大好きな國村隼さんは自衛隊似合いすぎだし(苦笑)
一番の豪華さはまちがいなく
あの役者さんだけど。
東宝、やっぱゴジラなだけあって 金惜しんでないねー
それはなんとなく嬉しかったりもしたりして。

日本人が日本人のために作った 
ゴジラ だと思った。
ゴジラを 取り戻した というふうにも見えたの。

地震の話 原発の話 におきかえられるという視点
それも確かに だけど


ゴジラは 人間が作り出したんだ


そのセリフがすべてじゃないのかな。


いろんないろんなことを含めて。


ゴジラは 悪者なのかな。


それは我々自身じゃないのか って。


ゴジラは ただ歩いてるだけじゃねーか。
ほんとだよ。
なんかほんとーに悪いことしてるの?
こっちがなにもしなきゃ ほんとは
彼にしてみたら なんも関係ないんだ。
いろんなものを踏みつぶしてたとしても
そこに人間が勝手にそれを作ってただけの
ことで。

身勝手だよね。
あんな進化物はほんとうに生まれるのかも。


Godzilla じゃないね。 ゴジラ。
あの漢字覚えていないけれど。


えーと あの人のこの単語の発音は 
ちょっと気持ち悪かったんですよ 思わず おいおいおい と内心
ごめんなさいほんとに(苦笑)


序盤の進化前のゴジラが気持ち悪くて嫌でした(苦笑)
再上陸のゴジラが あのゴジラで安心した


エヴァンゲリオンを見てる人は
これはエヴァだね と思うんだってね?
わしはエヴァをまったく知らないのだけれど。

そら作ってる人が庵野氏だからあたりまえかもだけど
狙ってる感があるのかしら。

CGが相当にリアル(汗) ほんとにこんなことが起きたら
と思わせるね。ゴジラまぢでこえーよ とか(汗汗)
鎌倉から上陸しないでー とか 思っちゃったりさ


なんで こっちにくるんだよ

そりゃー その方が盛り上がるからだろ

という予定調和の配分も いい感じだったんじゃないかな


わしはね ゴジラは 虚構ではないと思った
ちゃんと そこにある現実だと思うべきである と。

なぜ ゴジラ という存在が生まれたか


向き合うべきときなのかもね。
スポンサーサイト

抱いた野望のゆくえ。

ヒサシぶりのシネマテーク。
やっぱり大好きな映画館。
いつまで このままでいてくれるだろう。
その間は なるべく見に来たいなあ。
来るたびにそう思う。
13458499_1069587469774425_7698837440131226282_o.jpg


今日はこれ。
とっても楽しみにしてたのよ。
13465930_1069587826441056_1193054617615358028_n.jpg


実を言えば
最初の方が眠くて仕方なかったが

話が 確信の方になるほど やはり面白かった
クリス・スタンプ よーしゃべるなー
あんなにenergetic ならまだ映画作れたわ!と思った
(そうか 彼も亡くなってしまったね)

彼の兄さんもまだ きっと素敵ねー と思って
調べたらもう77歳
この映画でコメントしてたのもまた驚き
なんか品がある ままね


ほんとはね

あんだけ 
クリス・スタンプの思いが述べられたのであれば
ほんとうは キット・ランバートの本当の思いが
直接 彼から述べられる のであれば 

この映画はそれで  
もっとバランスがとれて最高だったかも
もちろんそれは無理だったのだけど

でも 自分の考えていた彼とはまた違う印象が
たくさんあって 面白かったし良かったな

皆の欲望が 交錯しあうことで
たくさんの混沌を招いたのだろうけど

そして 想像以上の 人間関係の
複雑さを改めて 見せられるような思いでも
あったけど

それが 実はちゃんとひとつの映画を
作り上げてたのではないのかな

今やっと スクリーンに映し出されてるけど


わしはそう思ったんだ


彼らにとっては
あのバンドの終焉は
あまり気持ちの良くないラストシーンだった
のだろうけれど

あまりにも貴重な時間が
そのフィルムの中に 記録されてるじゃないか

そうも思った。


The Who好きなら 見て損なし。
彼らは このバンドと ともに居て
ともに 夢を 抱いたんだ。

すべて 本当のことだ。




1935431_963366833729823_5561759179632410304_n.jpg

というわけで 観に行ってまいりました。
STAR WARS episode7 : The Force Awakens

邦題はフォースの覚醒。そのままだねw
と いうか まあ お話の内容がそのまま
ずばり のタイトルでありました。

わし 途中で三回泣きました(苦笑)
と言ったら 一緒に行った子らに笑われたけど。

結果。
予想よりも ずっと良かったです。
わしにとっては本当に。
面白かったよ。

パーフェクトではないけど
良かったよねー という
同行者の意見にも賛成。
彼はレイがすっごい好みだったそうで
終わってすぐに
She's hot! とぬかしておりました(笑)
うん、わしも彼女がすごく素敵だったから
この作品が良くなったと思うなあ。

新しいキャラは やっぱBB-8が
予想どおりに可愛かったー

ストーリーのことはあえて書きませんが

エピソード4~6までをちゃんと見てから
観る方がやっぱりいいねー。
つながったお話になってるし
とにかくオマージュの応酬がびしばし。
ああ これあのシーンのパロディ
ああ このセリフはあれじゃん とか
こういうのが楽しめるひとは
めっちゃ面白いはずです。
思わずぷぷっと笑っちゃう。

あー でも確かに
ジョージ・ルーカスなら これは無いな
ってのはいくつもあって
突っ込みどころは満載です。

あの人とかあの人とかマスクとっちゃだめなのよ
ライトセイバーは ジェダイ(もしくはその素質を
持った人)以外が ふりまわしちゃだめなのよ
個人的には代表的なのはこのふたつ(笑)

あとあのシーンもねー 個人的には
もうちょっと はぐらかす感じで終わって欲しかった

もしかするとその辺りが 
否定的な人たちにとっては
不満な理由かしら。
でもね在る意味 今の時代らしい仕上がり。
でもJJエイブラムズの作品と割り切れば
これはこれでよく出来た展開になってる。


そして この先のストーリー展開も
ひじょうに楽しみになりました。
おそらく そうであろう、という
予想も立てたり、もっとひねった話も
出てくるのかという気もしたり。

うーん 待ちきれないっす。

もう一回観に行こうかなー
次は3Dで一回見ておこうかなーと
計画中ですw

遠い昔々 銀河の片隅で。

Star Warsの新作がこの金曜に公開になって
評判をそろそろと
ネットなどで目にするのですが。

おおむね良い評価をしてるのを見ることが
多し。もちろん、ストーリーをネタばれさせてる
人のを見ないようにしつつ。


うちのめりけん同僚ふたり。
どちらもが映画が好きで
Star Warsは特別だよねと言う。
わしも勿論そう思っているし
そういう話はすごく盛り上がる。

もーすぐ冬休みだし一緒に観に行こうよーと
いう話になってきた。

日本人スタッフも一緒に
と思って話をしていると

どーやら 誰もまともに
見たことがないようだ
そうかそうかそうですか

いやー 
まあ 実際はそういうものかもしれません

わしは ほんとに好きで好きで それこそ全部
リアルタイムで 映画館で
観ることができてるから
(連れて行ってくれてた親に感謝ですが)
当時も完全非公開で映画が作られてて
そこにあるたくさんの逸話なんかも
見る側には すごく面白かったりして

(あの I'm your father. も実際の撮影現場では
違うせりふだったとかね 出演者も ほんとの
セリフを 知らなかったとか。
あのセリフは 子供心にほんとに衝撃で
自分がまるでルークになった気分だった
いや きっと観客の誰もがルークだったのかも
映画館でも 思わずどよめきが起こったの
すごく覚えてる )
この映画そのものにいまだに ものすっごく
夢を持っているひとり だから

というか 映画というものに対する
考え方も 全然違うような気がするなあ
20代の子とはね
(でも めりけんさんたちは これが
また違うんだよねえ なんだろう)

思い入れを語っても 
若い世代には 意外にわかってもらえず
んー 自分がいかに年長者かを
思い知る(苦笑)

まあ 貸すから 予習してくれや!と
いうことになりーの。
自分も もう何年か見てないから
ほんとーは全部改めて見直したい。


12376157_957857734280733_1673993858423193809_n.jpg

見たことのない人たちに
めりけんさんたちや
前にいたえげれすちゃんたちも
1-3は見なくていいよ garbageだからと
言い切る(苦笑)

わし もちろんちゃんと見てるけどさ
でも わしはあれを見たことで
何が物語の中核なのか はっきりしたので
あれはあれでよかったんだけどね
大好きなオビ・ワンが なんで
ああしてたのかとか わかったし
物語の語り部は R2-D2だったんだなって
のがわかったりね

早く見たいなー
でも絶対 あと2年半待つの
もー つらーい って思うんだろうなあって

そういう映画は
これだけ だろうなあ。
ほんとにそう思います。

神様 その娘を助けて。



http://www.godhelpthegirl.club/index.php

今日はサーヴィスデ―だったのもあり
気になっていたこの映画を見に行ってみた。


ベル&セバスチャンの中心人物
スチュアート・マードックが
作った映画。
もう、もろ彼らの音楽を
そのまま映像化したような
そんな感じ。
ミュージカル仕立てになっていて
映画一本見るというよりも
長いミュージックビデオを
見てるような感覚に
わしは近かったように思います。

とにかく、メインの3人の
可愛らしいこと。
キャラそのものに加え
ファッションがちょー可愛い。
(この辺は相当こだわってると思われ)

にゃー これ もし今自分が
20歳とかだったら
真似しようと思うかも~
って感じでした。
(さすがに今は自粛)

グラスゴーの街並みが多く
写り込むのもちょっとわくわく。
ベルセバ好きなら見て損なし。
ところどころに音楽ネタも仕込まれてて
それに気づくのも面白いです。
つーか 冒頭からいきなり
ニック・ドレイクの話が出てくるのがね
ふつー無いから(笑)

ところどころ 見覚えのある
シーンがあるのは
あれはやっぱり
あれやこれやの
オマージュだったのかしらん。
らしいといえばらしい。

どっちかといえば、女子向けかなー。
でも女の子ふたりが本当に
可愛いので 男性が見ても損はないか。
3人ともちゃーんと歌ってて
またそれもかなり魅力的でありました。
サントラ欲しくなった。

came here to grab a coffee during break

10360235_825764567490051_8159225939519351212_n.jpg


I'm watching coffee and cigarettes
I like the last chapter the best

every one in this movie
is a little awkward actually
they all seem funny and
have some thoughts
no one says something straight
in each situation

also
there is no coffee that looks delicious

i never smoke but people who smoke
in this movie look cool

that's why
I think this movie is really interesting
and attractive

might sound weird
i really love this movie though



コーヒー&シガレッツ [DVD]コーヒー&シガレッツ [DVD]
(2010/04/16)
ケイト・ブランシェット、ロベルト・ベニーニ 他

商品詳細を見る


復活の、その時。




The Stone Rosesの再結成を追った
ドキュメンタリー映画
Made Of Stoneを
TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて
観賞してきました。

いやー
ウォリントン・パー・ホールの
I Wanna Be Adoredで
涙腺見事に決壊(汗)
号泣しました<ほんとーに思う壺

あのくだりは凄かった。
自分もあのホールの中に入れた一人の
ような気分になったもの。
夢みたい。
でも夢じゃない。
バンドはそこに居る。
彼らが不在な時間も、自分が聴き続けてきた
数々の曲が目の前で繰り広げられる。

リアムがちゃっかりやってきてたのも
笑っちゃった(笑)

映画なのに、思わず一緒に
歌っちゃった... 前と横に
人いなかったから許してくらさい。

ファン目線の映画。でした。
監督さんが大のローゼスファン。
でも当時生でライヴを見る機会は
なかったそう。

ウォリントンのフリーライヴの
リストバンドを
手に入れようとする
ファンの気持ちがどれも
痛いほど理解出来た。
(これ、それこそこれが起こってる
その様子をFBで見てたから余計に)

でも、一番痺れたのは
監督が初めてメンバーと
顔合わせするというリハ現場で
曲目が手書きされた黒板を
見た時の彼の思わず口にした
Oh my god! でした。
こんなセットリスト信じられないよ、
っていう正直な思い。
私が彼だったとしても
まったく同じセリフを吐いたと思う。


ファンは必見。ファンじゃない人が
見るには説明が少なすぎるので
予習が必要です。


イアンは私にとっては
やっぱ
The greatest monkey ever! です。

歳をかさねたメンバー皆の顔には
たくさんの年輪が刻まれてたけど
それはそれで、一興。
ジョンが格好良いまんまだったのが
嬉しい。
たたずまいがさらに素敵になってた。


なんで彼らの音楽には
これほど求心力があるのだろう。
あえて理由など考えたこと
無かった。

映画の中で、ある男性ファンが
どうしてそんなに好きなの?と
質問されて
そんなの言い表せないよ
でも、ファンは皆このバンドの魅力を
ちゃんとわかってるんだ、
といった答えをしてて。
激しく同意でした。

I am The Resurrection は
20数年後のこのときの
ためにあった、のかも、って
思っちゃった。
そんなつもりで書いたつもりのない曲
だったろうに。

そして
黄金を手にした愚者は21世紀の今も
沈んで行くのかな。



復活を遂げたこのバンドの
行く末も見守りたいと思います。

映画は上映劇場拡大中。
名古屋でも後日シネマテークで
見られるようです♪
また見に行っちゃおうかな...

今日も来年も、サイコー。

今夜は名古屋得三にて
ギターパンダ×騒音寺、というライヴを見ました。

tokuzo20130830.jpg

panda2013083001.jpg

今夜のギターパンダさん。
去年の6月に見て以来でしたが、さらにパワーアップして
見えました。
見るたびに、凄味が増していく。パンダのくせに迫力満点。
暑かったのと時間の関係からか、早めのカルピスプレスリー登場。

panda2103083002.jpg

pandanukegara.jpg

抜け殻(笑)

初めて聴く、かなり政治色の強いメッセージソング。2曲。
歌詞が相当ダイレクトでどきっとしました。
新しい町、凄かった。一緒に歌ってて泣けてきた。
前に聴いた時よりさらに説得力が増してる。
ギターパンダになったなれそめ的な曲もあって大爆笑。
ギターウルフのパクリだった!とはっきり言い切る潔さ。
男は立っても後悔先に立たず!とか
シモネタは相変わらず全開だけど
それを客にサイテー!とコールアンドレスポンスさせる
あのコミュニケーション能力の高さ(爆笑)
でも、サイテー!と散々客に言わせたあとに
サイコー、という歌を歌うのりをさんの巧みさは
改めて凄い、と思ったのです。
歳追う毎にロックンローラー度が上がってる。
サイテーとサイコーの両方を持ってる人こそ
ロックンロール、だと私は実は思ってて
このパンダがドンズバなのがちょっとむかつくんだけど(爆笑)

凄くいいライヴでした。実はアンコール!の声が起こって
そのあとの騒音寺のナベさんの心を折りました(爆笑)

のりをさん、あごに白いものが増えました(笑)
まだまだ頑張ってね。

騒音寺も熱い、暑苦しい!ライヴでした。
でも、思わずめっちゃ踊らされてました(笑)
こんなタイトでシュアな感じだったっけ?と。
前に見たのは10年以上前。メンバーチェンジもあったし。
でも、ヴォーカルのナベさんのキャラは同じだった(大笑)

souonji01.jpg
souonji02.jpg


ナベさんはいい人だね。イイ人ってわかっちゃうから
もしかしたら損してるかもね(笑)

あー、楽しかった。いい夜でした。

父ちゃん、帰ろうよ。



今日は「希望の国」を見てきました。
いろんな思いが頭の中をぐるぐる。


ただの反原発映画にしたくなかった、という
監督の思いがぐいぐい伝わってくる作品でした。

完全に悪役の登場人物はいません。
すべてなにがしか共感できる人たちばかり。
すべて市井の人々。
ラストに関しては賛否が分かれるかもしれません。
でも、園子温ならこうするだろな、と。

自分の大好きな映画監督のひとりに
ケン・ローチという人がいますが、
彼の映画を観終わったあとの感覚、と似てる。

見た側が後でいろんなことを考えたり
感じたりする余地を残すあの感じ。 
正直、結構ずーんと重たい余韻が残るのだけど。

映画の本編最後になってやっと、画面にタイトルが
映し出されました。
タイトルの意味をずーっと考えたままです。
『帰ろうよ』の先。

でも、これこそがタイトルの意図するものかも、
と友人の一言。なるほどね。

多くの人に見てもらえますように。

GWも終盤。

あっという間に終わって行きます(汗)
まだまだ何もできてないような気が…(爆)

そんなこと思いつつ今日は映画見てきました。



監督は、ジム・ローチ。 そう、あのケン・ローチの息子さん。
今回が初監督作品なのだそうです。
19世紀から1950年代あたりまで行われていた
児童の集団移民、の問題について描かれたもの。
内容は面白かったし、役者もそろってました。
最後のシーンぐらいで滝涙してました(汗)
欲を言えば、もう少し問題について深い言及があっても
よかったのかな、と思いますが
物語の主人公に焦点をあてたことを考えれば
こうなるかな、と。
これが実話と考えると、やっぱり凄まじい話です。


もし、ケン・ローチがこの問題を取り上げてたらどんな風に
描いたでしょうね。そんなことも考えます。
もっと手加減なし、だったかも、とか、そんなことも
思っちゃいます(汗)

ケン・ローチの新作もまもなく公開。



こっちも見に行きたいなー。
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。