スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスクもいろいろ。

今月はイマイチで更新停滞気味(汗)ダメだな~

そうこうしてるうちに11月もおしまいに
近づいていますな。
昨日からノドが痛くてやばいな~と思って
今日は一日おとなしくしておりました。
どーやら胃腸風邪が流行ってる?らしいのですが
そーいうのではなかったみたい。ふう。
4987072066096.jpg

↑そんなんでこんなの使ってみました(汗)
のどぬ~る おやすみウェットマスク」とな。
わしもどっちかゆーと寝るときにノドが乾燥しやすい方なので
ちょっと気になってたので。
使ってみた感想としては、まあ確かに使用したほうが
ノドにはいいかなーってくらいの感じでしたかね(汗)
寝るときにマスクして寝る、ってのはほとんどしたことないから
ちょっと違和感があった、というのが正直なところ。
慣れればいいかなーとも思いました。
スポンサーサイト

望みがわずかでもな。

3428-7.jpg


正直、いきなりこれほど苦戦するとは思わなかったユーロ予選、
愛蘭がやっと初勝利(涙)
ロビーのハットトリック、嬉しいけど複雑だ(汗)
うーん、確かになんとか首の皮つながってるという
印象ですが、まだまだ先が長いグループリーグ、
最後まで粘って粘って粘ってほしいのよ。


ランスダウン・ロードを2億6千万ポンドかけて改築とな・・・
ほえー

嵐の恋。

No Dice No Dice
Badfinger (1992/06/30)
Capitol
この商品の詳細を見る


先週は、いろいろバタバタして大変疲れる日々だったので
この土日はのーんびり。
そんな中、ゆったり聴いてたのはBadfingerでした。
かのThe Beatlesとの関わりという点でも濃ゆい彼ら、
とても優れたポップスアルバムとしても今でも評価の
高い一枚でしね。1970年発表。
でも、どっか60年代の香りが残る仕上がり。
今年、デフ・レパードが出してたカヴァーアルバムでも
『No Matter What』が取り上げられてたのを聴いて
にわかに悪指熱再燃してたんですけど(汗笑)
某クラゲもカヴァーしてたんですよね。大好きな曲です。
ニルソンのカヴァーで聴いたほうがはるかに先だった
『Without You』も、オリジネイターならではの風味を
感じ取ることができますなも。
本当にいろんなシンガーがカヴァーしてる曲だけど、
このオリジナルの持つもっと等身大でストレートな感じから
比べると、やたらドラマチック過ぎたり、大げさ過ぎる、
というと言いすぎかもしれないけど
過剰に誇張しまくってる印象のものがほとんどなのね(苦笑)
もちろんそれでも曲の良さは伝わるけれど、
わしはこっちのオリジナルの感じが凄く好きなので
ちょっとねえ、という気もしないでもないのです。

やはりこの2つが楽曲として抜きん出てると思いますが
他の曲もまとまりが良く、バランスの良い出来なのでは。

悲劇的バンドのひとつとして語られることも少なくない
彼らですが、ああいった契約関係のことでモメてしまうと
(つーかモロ騙されたってことみたいだし)
正直ロクな結末は無いのが常な世界かなあと。
もし、そんなことが無ければ、また違う運命をたどって
いたバンドなのかなあ、また素晴らしい楽曲を生み出していた
かもしれないな、とふと考えてしまう人々のひとつです。

カヨウビノヨルニ。

NHK時計を見てて、ふとこの絵本のことを思い出しました↓

かようびのよる かようびのよる
デヴィッド ウィーズナー (2000/05)
徳間書店
この商品の詳細を見る


15年くらい前に買った絵本なのですが、とても
気に入っていて、今でも時々読み返します。
ストーリーに時計は特に関係ないんですけどね(汗)
読み返す、といっても文字はほとんどなくて
絵を眺めてるだけで充分展開がつかめます。
絵がすごく好きなんですよね。子供にもわかりやすい
のだけど、どっちかっていうと大人向けな絵な気も。
ある火曜日の夜に○○○達が・・・・という
ちょっと不可思議ワールドで、大人も子供も
とても楽しめる内容かと。
ウィーズナーのほかの作品もどれもなかなか
面白くて、何冊か持っていますけど
わしはやっぱこれが一番好きだなー。

NHK時計。

友人からの情報により、こんなサイトを知りました↓

NHKオンライン「ラボブログ」
tokei.jpg
061020bt.jpg


NHKを見ていると、時報時に画面に表示されたあの時計。
うわ~ こんなんあったな~と思わず唸りました。
これ、アニメやCGじゃなくって、実際の時計だったそうで
それをTV画面にそのまま映し出してたんだそうで。
それ知っただけでもかなり驚きでした(汗)
早速うちも設置。うひ。

庭の千草。

今日は午前中は例のティンホィッスル講座。
とにかく、曲をいろいろやって指使いに慣れましょうと
いった感じで(汗)
今、やってるのは『Sally Gardens』や『Roddy McColey』,
『Boolavogue』といったあたり。いかにも愛蘭民謡らしい
旋律のものばかりです。ま、わしら素人がやるとどうしても
抑揚に欠けるのはイタシカタナイのですが(苦笑)
これをいかにそれっぽくできるようになるのか?が
当面の目標のような気もします。
とてもシンプルで簡単なようで実は意外に奥は深い、
そんな面もある楽器かもしれませぬ。

午後からは某英会話クラスのエクステンデッドな
某セミナーへ。
横に座った女性の発音の美しさにホレボレしつつ、
いずれ自分もあんなふうに話せるようになりたいよなあと
影響受けてみたり。

家に帰ってくると、姪っ子が大暴れ中(苦笑)
兄夫婦は映画を見に行ったらしく、じーちゃんばーちゃん
大奮闘中(汗)
ま、適当に遊びつつ遊ばれつつ(苦笑)そんな彼女の
相手をしてるのも、結構楽しいものです。
ただ、こちらの予知不可能な行動があったりするんで
目が離せないのが大変なんですけど。

王様にサヨナラ。

3連休。初日の今日はのんびり。
ここんとこ、何かとあわただしかったのもあって
今日はすっかり気も抜けて(汗)

買い込んでたCDのいくらかを今日ゆっくり聴いたり
してました。
そんな中での一枚が、ライナス・オブ・ハリウッドの
Triangle』でし。
906.jpg


今年はわしも含めてJellyfishファンには嬉しい年。
なんつったって、ロジャーが一線に復活。新作は出してくるし
2回も来日はするし、先日は『TV Eyes』なるエレクトリックポップ
ユニットにて、なんとジェイソン・フォークナー君とちゃっかり
リユニオンですよ。つーか、もうこれは普通泣き入るよ~
<ちなみに国内盤のオススメコメはbyくるり岸田くんっす(大笑)
ロジャーはなんだかんだで、旧交もちゃんとあっためてて。
はああ、ほんと来日公演見に行きたかったようう~(滝涙)

ライナス・オブ・ハリウッド君は、そんなロジャーとこれまた
親交深く、今年の彼の来日にも随行してるそうなんす。
ライナスと言えばルーシーの弟で、安全毛布を手放せないあの
「彼」のことから名前をいただいてるらしいですけど(笑)
その音はやはりJellyfishファンなら納得な、The Beatles、
The Beach Boysあたりを意識したよなひねり系パワーポップな
流れをくむあたりだと言えば、想像しやすいかなと思います。
ほんと、このあたりはいろーんな人たちがたくさん居てて、
かわるがわる楽しめてるような気もしたりして(汗笑)
わしは、今年初頭に発売されたロジャー・マニングJr.の
Solid State Warrior』というアルバムが大好きだったのですが
その作品が好きな人には間違いなくオススメできます。
サウンドディレクションもほぼ近いものがあるんで。
ボートラに収録の『Run To Me』も嬉しい。
これも、今年すげー気に入ったアルバムのひとつである
マシュー・スウィート&スザンナ・ホフスのカヴァーアルバムにも
収録されてた曲で。だいたいツボが一緒なんだなあ(苦笑)
>蛇足ながら。オリジナルはビー・ジーズ。

猫は知っていた。

作家の猫 作家の猫
夏目 房之介、青木 玉 他 (2006/06/24)
平凡社
この商品の詳細を見る


もう11月なんすよねえ。そのわりにあったかい日々(汗)
自分の感覚だとそろそろセーターなども着たくなる頃だと
思うのだけど、今年はなかなかそんな気になれない感じ。

前々から、本屋などで見かけて、買おうかどうか迷って結局
買わずにいた本を、ついこないだ衝動的に買ってしまいました(爆)
『作家の猫』というやつ。

表紙写真の猫ちゃんは、中島らも氏が飼っていた「トラちゃん」
なのですねえ。もう、触りたい触りたい衝動にかられます(汗)
ふと、思い出したことに、わしが小さい頃にうちの向かいの家で
飼われていたダイスケという猫も、こんなめんこいトラ猫でした。
よくうちの家の裏庭にやってきていて、わしも姿を見るとつい
だっこさせてもらってたもんです。

この裏表紙の写真の、室生犀星と彼の飼い猫ジイノの写真も
相当いいです。火鉢に手をかける猫なんて(汗)

そんなんで、猫好きな人にはたまらん内容な本だと
思います。登場してる作家のラインナップもなかなかのもの。
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。