スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を抱き 鳩に乗る

New York Tendaberry (Exp) New York Tendaberry (Exp)
Laura Nyro (2002/06/25)
Sony
この商品の詳細を見る


ローラ・ニーロのアルバムは、初期のものしか聞いたことはないのですが
そのどれもがとても印象強く、ひどく心を打つ仕上がりであるのは
間違いないところかと思います。
NY生まれの彼女は、同時期活躍したキャロル・キングと比較して
述べられることの多い人ではありますが、正直、彼女とキャロルを
同じ線に並べるのはどうかな?とは思います。
NY生まれ、ということやピアノの弾き語り、というスタイルでは
共通するかもしれませんがその楽曲の織り成す世界とか感覚は
非なるものではないかと。キャロルが大変優れたソングライターで
あることは誰もが知ってるし私も大好きですが、NY、という
面を取りだたしてみると、その匂いが強く感じるのは間違いなく
ローラなのではないか、と思います。
わしは残念ながらNYには行った事がないし、あくまでイメージにしか
過ぎませんが、自分の持つイメージに近いのは彼女、かなあと。
彼女の生い立ち、その音楽性に関して、どっかクロスカルチュアルな
面があるのもあるし、しかも肌触りがひんやりした感じがどこか
都会的に感じたりたりもして。『陽』というよりは『陰』のところに
たたずむ人、というのは聞けばスグ感じられると思いますが、
聞く人の心の奥底を突くように響き染み渡っていくような歌声には
やはり魅了されるわけです。

わしの持ってるCDの裏面に、スザンヌ・ヴェガのコメントが
書かれてるので勝手に引用です(汗)

"Laula's music made you feel happy and sad and wise all at once.
It was deeply heartfelt urban music about sex and death and love
-her limits were nothing less than fury, gloly,and God and the
Devil... she made ordinary things,like the weather,
or the Hudson River, or chidren playing in the street,glow with
a spiritual energy. New York was to Laura Nyro what the moors
were to Emily Bronte - wild, romantic, untameable, and
I loved her for it."
スポンサーサイト

雨を想えば。

TAKE A PICTURE TAKE A PICTURE
マーゴ・ガーヤン (2000/06/21)
ポリスター
この商品の詳細を見る


今日も雨でしたね~ そろそろ梅雨入りなんて言葉が
聞かれそうな季節です。

そんな雨の匂いで、ふと思い出したアルバム。
マーゴ・ガーヤンの『Take a Picture』です。
ジャケ写真が雨っぽいんで。でも内容は全然湿っぽくないです。
スパンキー&アワ・ギャングやクロディーヌ・ロンジェなどへの
楽曲提供で知られる彼女の唯一のアルバムです。
リイシューされた当時はいわゆるソフトロックと言われるものが
好きな人々のあたりでは評判になったりで、
わしもジャケの可愛さにつられて買ったのですが、
内容のスウィートさもとても微笑ましく、どこか素朴さが
あったりでとても可愛いので結構気に入って聞いてた一枚です。
ウィスパーヴォイス系が好きな人にはおすすめかな。
わしが持ってるのは輸入盤で何故かスペインのレーベルの
Siesta』から出たもののようです。
装丁(と言うのか)もポップで好きです。

私の心が凍てついたら。

ジャスト・アナザー・ダイアモンド・デイ(紙ジャケット仕様) ジャスト・アナザー・ダイアモンド・デイ(紙ジャケット仕様)
ヴァシュティ・バニヤン (2005/11/29)
インポート・ミュージック・サービス
この商品の詳細を見る


某丸が、ついこの間、英国フォークの深ーい深ーい、底の見えない
沼にはまってると聞いてたんですが(笑)
日本って、「なんでこんなリイシューがあるん?」って時々驚く
ような再発があったりするわけです。それだけマニアが多い国って
ことなんでしょうね(苦笑)

もう一年以上前ですが、
「まさかこんなん出てくるとは」と驚いたのと同時に
謎が解けて嬉しかったのがコレ。ヴァシュティ・バニヤンの再発。
わしはもうずいぶん前に、彼女の名前と『Winter Is Blue』という
曲だけを知っていて。でも詳しいこととかさっぱりわからなくて
「謎のシンガー」ということだけインプットされていました。
独特の黄昏系ヴォイスがなんとも言えず印象強くて。
このアルバムのライナーを読んで知りましたが、
かのアンドリュー・ルーグ・オールドダムに見出されたシンガー
ということで1965年にデッカからデビューしてたのだそうです。
しかも時代はスウィンギン・ロンドンで曲はJagger/Richardsですよ。
うはー。そんなイメージからは程遠いです。
ま、わしが彼女を知ったのは「愛と幻想の一夜」という映画の
サウンドトラックで、やはりこれもアンドリューの仕切りだった
そうなのですが、ピンク・フロイドやストーンズや
トゥワイス・アズ・マッチなどのいかにも当時のサイケでヒップな
様相を呈した世界の中で、彼女の曲だけ異彩を放っていたのですね。
まあ、結局彼女はそんな世界の中では彼女らしさを発揮することは
なかったようで、アンドリューからは離れたあとにジプシー生活?
(ここでドノヴァン絡んでるあたり興味深いですね(笑))
する中で生まれた楽曲がこのアルバムに収められているようです。
しかもジョー・ボイドがプロデュースです。ほほう。
たった一曲でしか知らなかった彼女ですが、なんともナチュラルで
等身大の彼女の姿をこの作品で知ることができて、とても嬉しかった
のを思い出しました。

愛だろ、愛。

Love Is Hell Love Is Hell
Ryan Adams (2004/05/04)
Lost Highway
この商品の詳細を見る


と、どっかの俳優さんが言うCMが昔ありましたが(笑)

ライアン・アダムス君の新作が来月発売を控えておるのですが
それに乗じてなのか、なぜか今更今更ほんとうに今更ながら
『Love Is Hell』の日本盤もリリースされるのです。
わしが持ってるのはしかも2枚に分けてリリースされたカタチの
やつなのですが、発売当初から「なんで日本盤出さへんのやああああ」
と切に訴えてたわけですが。
ほぼ同時にリリースされた『Rock'n Roll』はちゃんと出したくせにと。
どういう思考かは計り知れませんが、まあ、今更ながらでも
出ることに関しては文句はございません。
しかもボートラ有らしいので、内容によっては買いなおしかね
ません(苦笑)

今年もそろそろ。

野外フェスのラインナップも揃ってきつつある
今日この頃。
しかし、これといった決め手に欠ける感も
正直否めない(汗)
フジで見たいのはOCSとサンディ・トムとディミアン・ライスと
FOWと畠山美由紀さんとMIKAとソウルフラワーと・・・
あ、意外にいろいろあった(爆)
サマソニはどうでしょう。トラヴィスとフラテリスくらい
かもなあ。うーん。
まだこの後に爆弾隠してるんでしょうか。

さっきNMEでフェス情報をいろいろ。
わしが今年見に行くのなら、T in the Parkで決まりで
ございますね。すげーまぢで見てー(汗)
『Pet Sounds Arena』は必見でしょう(爆笑)

歓送迎会もね。

今日は夜に、前職場の歓送迎会に出席。
金山の「きらり」というお店にて。
現職員さんと局長さんとわしとで4人。いやー、わしが多分
一番食いまくってたかもしれません(爆)
あげくゴチ。遠慮もなく。恐れ入ります~
自分が出た後の局の話とかいろいろ聞いて、ああやっぱ
ほんと大変だなあと思いました(苦笑)
まだまだ秋の大変革に向けて苦労が尽きないだろうと思われますが
皆様頑張ってくださいとしか言えぬ(爆)

声をあげよう。

メイク・サム・ノイズ:キャンペーン・トゥ・セイヴ・ダルフール メイク・サム・ノイズ:キャンペーン・トゥ・セイヴ・ダルフール
グリーン・デイ/U2/R.E.M./アヴリル・ラヴィーン/他 (2007/06/27)
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
この商品の詳細を見る


これも自分用覚書ですが(汗)

来月にこんなチャリティ・トリビュートが出るそうな。
メンバーがかなり豪華なので、ちょっと聞いてみたいかなと。
久々4人揃ったR.E.M.(涙)も気になりますが、
今、旬なアヴリルとかクリスティーナ・アギレラといった
若手女性シンガーあり、U2やエアロスミスなんてのもあり、
でも、最も個人的に気になるのはジェイコブ・ディラン
featuringダーニ・ハリスンかもです(苦笑)
Gimme Some Truthだよ。うふ。
他にはベン・ハーパーやグリーン・ディ、ジャクソン・ブラウン、
ジャック・ジョンソン、スノウ・パトロール、ユッスー・ンドゥール、
フレイミング・リップスなどなど。同じ曲を複数のミュージシャンが
やっていたりもするようですね。

最新モデルなのだ。

This Year's Model This Year's Model
Elvis Costello & the Attractions (2002/02/19)
Rhino
この商品の詳細を見る


この頃、某「レココレ」誌上で60年代&70年代ロックアルバム
ベスト100なるものが選出されておりました。
もういったい何度この手の企画が行われてきたか計り知れませんが
またどういった作品が選ばれているのかは一応気になったりして。

70年代ベスト1はピストルズなんですよね。これまた賛否両論って
のはよくわかりますが(笑)
まあ、どうしたって選ぶ人の主観になるので、
誰にとってもの「ベスト」を選ぶってのは困難だとは思います。
特にそれに順位をつけるなんて余計に難しい。

ベスト10内に選ばれていた作品は基本的には好きなものばかり
でした。ある意味当たり障りがなくも見えますが、違う見方では
けちょんけちょんになることもあろうかと(汗)
ちなみにこんな感じ↓

1位 セックス・ピストルズ「勝手にしやがれ」
2位 二ール・ヤング「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」
3位 ジョン・レノン「ジョンの魂」
4位 キャロル・キング「つづれおり」
5位 ザ・ローリング・ストーンズ「メイン・ストリートのならず者」
6位 スライ&ザ・ファミリー・ストーン「暴動」
7位 エルヴィス・コステロ「マイ・エイム・イズ・トゥルー」
8位 ザ・ローリング・ストーンズ「スティッキー・フィンガーズ」
9位 デレク&ザ・ドミノス「いとしのレイラ」
10位 オールマン・ブラザーズ・バンド「フィルモア・イースト・ライヴ」

11位以下はコチラで見られますぞ。
改めて見てみると、どう考えても10枚だけなどは
選びきることはできないな(滝汗)

コステロが7位ってのはなかなか無いかもですが。

でも、わしはコステロなら『This Year's Model』を選ぶです。
わしにとってコステロの出会いはコレだったからなのもありますが、
やはりアトラクションズとのカラミがたいへんエキサイティングで
好きですし、曲もポップで聞きやすいものが並んでるのもあり
長年の愛聴盤のひとつです。もちろん、自分が最初聴いたときは
アナログレコードで、ですよ(爆汗)

教育テレビと。

ピタゴラ装置 DVDブック2 ピタゴラ装置 DVDブック2
教養 (2007/04/18)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


姪っ子が居るからもありますが、最近やたら教育テレビの番組に
詳しくなってるのは自分でもどーだろーと(汗)
でも、改めて見てみると、意外に面白い番組があるのは確かですね。
この前、『ピタゴラ装置DVD』のパート1を姪っ子に見せてみたら
もう釘付けですわ。そりゃ大人が見ても面白いですからね。
パート2も買う予定なんですが。
ヤツはまだはっきりしたことは喋りませんが、急にクリアに
単語を発するときがあります。
今日もいきなり「ピタゴラスイッチ♪」と言いました。面白い(大笑)
今度、おとうさんスイッチを作ってみたろうかとも思います(汗)
そーれでいいのか10本アーニメー♪とわしが歌っても喜んでました。
個人的にはぜひ10本アニメのDVDも作ってほしいな~
フレーミーも絵本だけじゃなくてDVD希望。だは。

実は姪っ子は弘道お兄さんも好きなようです(汗)

「にほんごであそぼ」の歌声がおおたか静流さんなのがとても
嬉しいです。あの声はおそらく子供の耳にもふわりと柔らかく
響くだろうと思います。衣装デザインなどがひびのこづえさん
だったりするのもひそかに見所ですね。わしは野村萬斎氏も
好きですし、日本語の持ち味とかそういうのも重視されてるように
思われるのがいいなと。寿限無寿限無ゴコウノスリキレ(中略)
長久命の長助とか、わし昔覚えましたよ(汗笑)

「いないいないばあっ!」のことちゃんが大変可愛いです。
やられます(爆)

白いウサギと真夜中のライダー。

Twelve Twelve
Patti Smith (2007/04/24)
Columbia
この商品の詳細を見る


パティ・スミスの新作が出てたのですねえ。
さきほどどんなか調べてみるとなんとカヴァー集。
いかにも彼女らしい?とも思える選曲ですが
ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」が
なんだか凄そうです(汗)
曲目を見る限りで判断すれば、ジミヘンに
ティアーズフォーフィアーズ、ニール・ヤング、ストーンズ、
ビートルズにジェファーソンエアプレイン、ボブ・ディラン、
ポール・サイモン、ドアーズ、オールマンブラザーズバンド、
最後はスティーヴィー・ワンダーかな?
そんなラインナップですよ。おほほ。
ちょっと聞いてみたいので、自分のための覚書っす。


自転車修理もね。

ほぼ毎日、自転車には乗ります。
自分の愛車はごく一般的なママチャリですが
やはりある期間ごとに「パンク」というのが
どうしても起きてしまいます。
わしの乗り方が荒いってのもあるかもしれませんが・・

ここ数日、後部タイヤがすぐに空気が抜けてしまうんで
これはあかんなあと思い、近所の自転車屋さんへ。
やはり「パンクしてるね~」だって。がく。
2ヶ月ほど前に修理してもらったばかりなのに、短期間に
またパンクが起こるとなると、これはタイヤ自体を
交換したほうがええだろうということになり
3800円の出費。とほ。
ま、それだけよく乗るので充分元は取れるんだけど。

電卓もいろいろ。

CASIO ジャスト型電卓 検算タイプ10桁 JS-10WK CASIO ジャスト型電卓 検算タイプ10桁 JS-10WK
()
カシオ計算機
この商品の詳細を見る


以前の職場では、とにかく電卓を叩くことが多かったのですが
ここ最近ちょっと離れてたので勘が鈍りつつあります(汗)
我々の職場では、個人でマイ電卓を持ち込んでる人がほとんど
だったのですが、あれって不思議なことに、自分の電卓なら
すいすい計算できるのに、他人の電卓を借りると、まったく
使い辛いったらありゃしない!といつも思ってました(笑)
ま、自分が愛用してたやつも、比較的安価なやつでしたし、
わし以外の人間にはたいそう使いにくいヤツだったかも。

もし次買うなら、ちょっとエエやつ欲しいなあとか
思ったりするわけっす。<今更ながら
電卓なんてどれも一緒でしょ?なんて言われそうですが
やはり高価な機種は高価なだけあるんですよね。
いわゆる「早打ち」ができるかどーかとか結構大事ですし
キータッチ(手ごたえの良さ)とかレスポンスの良さとかも重要。
個人的には実はM+などのメモリー系のキーの位置にこだわりが
あるんですが、わしの好みの位置にあるやつってのが
これまたほとんど無い(爆死)
こればっかは人間工学的に多分仕方ないんだろーなと(苦笑)
↑に載せた機種もわし的にはキーの位置が満足できないんですが
機能的には申し分無さそうだったので。

母の日には。

昨日のことですんません(汗)

母の日には一応例年贈り物をしておるわけですが。
一応前職業がらみなゆえ、今年もふるさと小包ですよ(笑)
うちの母は瓜系が好きなので、今回はメロンにしてみました。
そんでもって、何故か今日わしもいただく。
あれ、...すげーうまーいじゃーん(大笑)

ナマモノって、どうしても少なからず当たり外れが
出てしまうものなんですけど、
今回のメロンは大当たりでした。自分で申し込んでおいて
あまり記憶がないのはどーかと思いますが(爆)
確か渥美メロンだったような・・・
そんな高いヤツじゃなかったと思うんですが、
いやいやなかなかでしたよ。むふ。

追記。

Life in Cartoon Motion Life in Cartoon Motion
Mika (2007/03/27)
Universal
この商品の詳細を見る


先日書いたMIKAのアルバムがこれですな。
日本盤は来月出るようですね。
「Grace Kelly」を聞いてピンと来た人ならば
このアルバムは楽しめると思います。
結構何でもアリな印象もありつつ、でもこれは実は
一筋縄じゃいかんな、ってのも感じられますね。

しかし「MIKA」で検索かけると、
中島美嘉にひっかかりまくりですな(苦笑)

グレース・ケリーのように。



某丸。とはたびたび鰤な流行りの話になるのですが、
今日はこの前教えてもらった、最近チャートを賑わせている
Mikaという人物をチェック。こういう時にYouTubeは便利(爆)
いやー。話を聞いた感じだともっとグロなルックスをイメージ
してましたが、なんだ意外に見た目イケてるぞ(謎汗)
このビデオ見てて、ふとこないだ見てた「プルート」での
キリアン君的な印象もあり。細身でふにゃふにゃな雰囲気がビンゴ(謎)
あと何故か大泉洋なども思い出してしまったわしって(汗汗)
この『Grace Kelly』という歌詞の中にも名が出てくるのだけど
ほんとフレディ・マーキュリーな雰囲気もありで
<と言うよりはもう明らかにワザとフレディっぽさを出してて
(聞くにレバノン出身でヨーロピアンとのハーフだと。まさに
そのまんまの雰囲気であーる。)
すげー不思議な妖しさがあります。つーか歌は相当上手いぞ。
これはかなりの確信犯、ってのは即わかります。でもものすげい面白い
素材だというのもとてもよくわかります(大笑)
まだまだ若いようなので(23歳?)、このままずっと花を咲かせ
続けるのか、どかんと仇花で終わるのか(爆)未知数ではありますが
ちょっと成り行きを見届けたい存在ですのう。
ライヴパフォーマーとしても面白そうなので、ちょっと見てみたいと
思わせられますね。VとかT in the Parkなどに出るみたいで、
ついでに(ついではないな)日本には来ないかね?(大笑)
と調べてたら、なんとポール・スミスのイメージモデルに抜擢で
広告にも出てると(爆汗)うは~ 似合いすぎ~

たまにはデパ地下もね。

GW最終日はあいにくの空模様でしたね。
わしは用事もあって名駅へ。でもやっぱなかなかの
人出でした。高島屋地下にも久しぶりに行きましたが
なんであんなに混んでるんだ(爆)
そこで、前々から気になっていた
スウィートオブオレゴン』のチーズケーキを買ってみました。
cake_pl.jpg

いろんなフレーヴァーがあって、どれも食べてみたかったのですが
今回は基本のプレーンと、カフェ味を購入。
先ほど食してみましたが、大変にクリーミィ♪ 
なのにあっさりであっという間に食べられちゃいます。きゃ~
美味しゅうございました。
また違うフレーヴァーも試したい・・
季節限定ものも気になる・・

幻の女。

プルートで朝食を プルートで朝食を
キリアン・マーフィー、 他 (2006/12/22)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


GWも終盤ですねえ。でもわしは結局家で過ごしております~
ホントウは映画館に行きたいなあとも思ってたのですが、
なかなかに混んでるらしいという話を聞いて。
今日は家でDVDを観ました。『プルートで朝食を』です。
主演はキリアン・マーフィー君です。↓でレコメンドでも出してる
『麦の穂をゆらす風』の主演のアノ人です。わはは。
同じ人とは思えない内容ですぞ(汗)
ニール・ジョーダン監督&脚本な色がちゃんと出てて
面白かったです。キリアン君も持ち前の中性っぽさと
細身の体なだけに、やたら雰囲気はまってて良かったですし。
ま、こういったタイプのキャラクターのアイデンティティ探しな話
ってのはもうこれまでにも結構出てるのもあって
少々新鮮味に欠けたのが残念な点ではあったのですが、
ストーリーそのものにアイリッシュな風味が加わってるのが
個人的にはやはり楽しめました。
ポイントポイントでIRAが顔を出しますしね。
自分が好きだったのは、チャーリーの存在かな。
彼女が中絶を思い留まるあたりのクダリとか、
彼女と主人公の関係の描き方はとても良かったですね。
性別を越えた、もっと深い愛情が存在してるようで。
あと主人公は母親を探しに行ったのに結局は父親を見つけた
ところとか(笑) そういう上手さがありました。
あと、あのおしゃべりなコマドリの存在もちょっと好きでした(笑)
お馴染みのリーアム・ニーソンやイアン・ハートの顔が
見られますし、何故かブライアン・フェリーが出てるのには
驚きました(苦笑)

いつのまに。

今日って去年までは「国民の祝日」ではありませんでしたか?(苦笑)

わしが時代遅れなのかなんなのか、いつのまに「みどりの日」に
なっておるんだあああ(爆)
本来「みどりの日」であった(いや、厳密に言えばわしが子供の
頃のこの日は天皇誕生日だった>)
4月29日が「昭和の日」になってるのにもちょっとビビッてた
矢先だったのに(滝汗)
まあ、GWだということには変わりないからに、そんなことは
特に取りざたされることもないのでしょうし、わしにしたって
特に重要だと思ってるわけでもないんですけど。
なんかやっぱ気になったりするわけっす。

重曹とお酢で。

重曹生活のススメ 重曹生活のススメ
岩尾 明子 (2004/12)
飛鳥新社
この商品の詳細を見る


今更なんですが。
何故か重曹にハマってます(苦笑)
もともと掃除好きなのが高じて、どんどんキレイになるのに
かなりやられておるわけです。
しかも、どちらかといえば肌が弱いので、合成洗剤を使ってると
どうしても手が荒れてしまいがちなわけですが
(しかもゴム手袋は嫌いなんすよね)
重曹だと随分軽減されるのですよ。
さらに、そこに酢が加わると大変な威力です。
弱アルカリ性と酸性の出会いです。単純な話です。
宗教でもなんでもありませんけど(大笑)
相対的に見て、コストはけして安いものではないのかもしれませんが
その効果を考えれば試してみる価値はあるのでは?と思います。

イージーライダーの行く末。

断絶 コレクターズ・エディション 断絶 コレクターズ・エディション
ジェイムズ・テイラー (2007/04/11)
キングレコード
この商品の詳細を見る


うひゃ、とうとうコレクターズエディションで出た~
やばいかも欲しいかも・・・・(滝汗)

この映画はもう13、4年前に映画館で見ました。
正直言って、ストーリーがどうとかこうとかって映画では
なかったということは良く覚えてるのですが(汗)
60年代後半から70年代初頭にかけての、あの頃の時代の
少々荒んだ匂いとか退廃的で刹那な感覚とか(実際かなり即興的に
撮影されたとかいう話だったような)、アスファルトの熱と
ぱっさぱさの空気と砂埃に悩まされながら、見終わった後は
なんともいえぬ倦怠感を伴いつつ映画館を出てくるような、
そんな作品だったという記憶なのです(苦笑)
でも、何故かもう一回見てみたいなあとずっと思ってて。
主演が若き頃の麗しきジェイムズ・テイラーだったり、相棒役が
デニス・ウィルソンだったりってのが、音楽ファン的にも
ちょっと見ていいかもと思わせるところですね。
若きJTのカッコ良さも勿論ですが、デニスの存在感、ってのも
結構よかったりして。日本人的には、かの浜男のイメージとは
ちょっと離れてるような彼の個性ってのが、ここではちゃんと
表れてるような気がします。
映画そのものの評価としてはどうかな?とは思いますが
気になる人は是非チェックしてみて下さい(笑)
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。