スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタシニハユメガアル。

アンクル・トム物語 (こども世界名作童話) アンクル・トム物語 (こども世界名作童話)
中山 知子、倉橋 達治 他 (1988/08)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

あ、これ改題されてる・・・なんでやねん・・・

小学生の頃の、とある担任の先生は生徒に熱心に読書をすすめる人で、
その先生が「読みなさい」と言った本は結構ちゃんと素直に
読んでいたのです(苦笑)
そんな中の一冊が『アンクル・トムの小屋』だったことを久々に
思い出したのですが、内容をはっきり覚えていなかったので
この前図書館で借りてみました(笑)
その図書館には児童向けのものしかなかったので、本当にまさに
25年ぶり(爆汗)くらいに読んでみたのです。
おそらく当時はあまり気がつかなかった部分もちゃんと見えたりで
興味深く読むことができました。
当時はおそらく「トムは立派・差別はダメ」くらいの感覚だったと
思うのですが、
読み返してみれば、トムの謙虚すぎるほどの無抵抗な姿勢は、当時の
あまりにも酷く悲惨な彼等の状況をちゃんと物語ってるわけであり
その現実に対して目を背けないということを学ぶべきであったと
改めて考えたりして。

そう考えてみると、その先生はそういう本をすすめることが
多かったかもしれません。『ガラスのうさぎ』などもその先生の
すすめで読みましたし。

なんで唐突に思い出したかと言えば。
先月英会話のクラスでショートスピーチをする回があって、
そのお題が「あなたが影響を受けた人物」だったわけです。
それで自分が出した人物がマーティン・ルーサー・キングJr.で。
わしは誰もが知ってる人かと思っていたら、その場に居た4人の
生徒さんは誰も知らなくて(爆)ちゃんと反応してくれたのは
ネイティヴ講師のみ。おいおい。
わしは、中学生の頃の英語の授業で彼のスピーチを聴いて、
すげー感動したクチなんですが(汗) おそらく誰もが一度は
英語の授業なり世界史なりで触れることがあるかと思っておったので
全滅はさすがにショックだったのです。
まあ、英語をこれから使おうとしてる人であればアメリカ人と話す
機会もあるだろうから、知っておいて損はない人物のひとりだと
思われるのですが・・・
スポンサーサイト

5連勝。

CS、ドラ気持ちよく勝たせてもらいましたね(笑)
正直、シーズン終盤は勢い落ちてたし、どうだろうなあと
思っていたのですが。
セ・リーグ覇者ではないゆえ、ビールかけも無い?と
聞きました。最低限の礼儀かもですな。

今日は8回裏がよかったですね。
イ・スンヨプに死球与えた時はさすがに「こりゃあかんとちゃうか」
と思いましたが、ピッチャー代えず。その直後の二岡に対する
ピッチングは相当シビれたよ>中田+谷繁
全部逆玉に行ってたのに、最後の最後にあそこに投げた&
投げさせたのはちょっと恐れ入った。
TVの解説陣も言葉失ってたやん(大笑)

落合監督のインタビュー途中で中継打ち切る日テレは
確かに大人気ないとも思ふ(苦笑)

試してみました。

DSCF0007.jpg


というわけで。
↓に書いたテルミンを製作してみました。
ちょっと感想を。購入ご検討中の方々のご参考になれば(笑)


製作にはかなり小さなネジを使うので、対応できるドライバーが
必要であること(JIS規格の#1のプラスのドライバー)と、
単3電池4本は付属してないので前もって用意しておくと良いかと(笑)
(電池もアルカリもしくはマンガンで、という注意点もあります)
プラモデルを作る感覚で誰でも組み立てられるような仕様ですが、
わしは少し手こずりました(汗)
大きさは片手に乗る程度。まさにトイ楽器といった感じ。

スイッチを入れてみると、
みゅーんみゅーんぢりぢりばりばりももーんっ、と
音が出ました(汗笑)
例えるなら、ラジオをチューニングするときのあの音です。
解説どおりチューニングをしてみましたが、
思ったより調節は難しいです。ある程度慣れないと
ダメかな。とりあえず音階を出す練習をしてみましたが
手の動かし方や位置などを研究しないといけません。
なかなか思い通りに操ることはできそうにありませんが
やってると結構夢中になっていたりして。
ヴォリュームは二段階。意外に大きな音が出ます。
(音を小さくするアイデアなども掲載されてるので
特に心配はないと思います)

本体の冊子にはデコレーションする案なども載ってたので
自分でペイントしたり、シールを貼ったりなんてのもアリ。
またアンプにつなぐという方法なども解説されてたり。
や、意外に遊べるかもです。
もし万一飽きてしまったとしても、インテリアで飾っておくのも
可愛いかもしれません。

しかし、こんなので遊んでると、本当のテルミンを触ってみたく
なりますね・・・・


最初の電子楽器。

大人の科学マガジンVol.17 テルミン (Gakken Mook) 大人の科学マガジンVol.17 テルミン (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部 (2007/12/25)
学習研究社

この商品の詳細を見る

こんなん買っちまいました(汗)
amazon表示は発売日がえらく先になってるけど、本屋さんでは
もう売ってるぞ。
まさかと思ったら、やっぱり小山田君が・・・・(苦笑)
モノはまだ試していませんが、近いうちに。

見るとつい。

ムゲンプチプチ ホワイト ムゲンプチプチ ホワイト
(2007/09/22)
バンダイ
この商品の詳細を見る


さっき、何気にAmazon見てて、こんな商品があるのに気がつきました・・
ムゲン、ってことは、ずーっとあの感触を楽しめるということ
なのでしょうか(笑)
どーやら人気商品?らしいですね。

10月から。

実は、某英会話スクールの「全日制専科」というのに
通い始めました。
月曜から金曜まで一日平均4時間の授業を受けております。
まだ、慣れてないので戸惑ってばかりで
ありますが、とりあえず半年、そんな生活を送ることに
なっております。
某所
にて学習記録?をつけておりますので、
よければのぞいてやってくださいまし。



無料blog



最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。