今年を振り返って。

今年もあと残り4時間半ほどしかありませんね。
今年は最後の最後でちょいと風邪をひいてしまいましたが(爆)
あとは平穏に過ぎ去っていきそうです。

今年は春に仕事をやめるという、
自分にとっては大きな出来事がありました。
それが正しい決断だったかどうかはまだ自分では
わかりませんが、とりあえず後悔はしてないので(笑) 

本当はもう少し変化をするつもりでしたが、まだなかなかその
準備が整わなかったなあ、というところです。
また来年、いろんなことができたらなあと考えてはおります。
ブログもぼちぼち更新していきますので、またお立ち寄り
いただければ幸いでございます。
今年もいろいろお世話になりました(ぺこり)。
来年も是非よろしくお願い申し上げまーす。
スポンサーサイト

2007年たづ助。的ベストアルバムその5。

オン・ザ・レイラインOn The Leyline
(2007/06/16)
Ocean Colour Scene

商品詳細を見る

大晦日ですね~
そろそろこの企画も締めくくらないと・・・ということで最後には
これにしました。オーシャンカラーシーンです~
これもよく聞いた一枚でした。彼らも既に中堅バンドで、コンスタントに作品を
発表をし続けてるものの、日本ではなかなか注目されることも少なくなって
きましたが、近年の彼らの作品の中では大変に良い出来だったと思います。
以前に書いたレヴューはコチラから。

また来年もたくさん良い音楽が聞けますように。

2007年たづ助。的ベストアルバムその4。

Memory Almost FullMemory Almost Full
(2007/06/04)
Paul McCartney

商品詳細を見る


この企画もそろそろ佳境かもしれませんが(笑)

今年は大物の新作やら再結成やらで結構盛り上がってた?という
印象もあり。
そんな中で選ぶならこれか~ということでサー・ポールなど。
最初聴いたとき、正直これもそんなにぴんと来なかったのですが
何度か聞いてるうちに愛聴盤になってた一枚かなと。
前作もすごく好きだったのですが、それとはうって変わって
飛び跳ねるような彼の姿が見えるような元気な(笑)仕上がりで。
離婚騒動の後だったのもあってその反動ってわけでもないんで
しょうけどね。若干カラ元気?のように思える部分がないわけでは
ありませんが。余計なお世話ですね。
何にせよ、まさにポップメイカーとしての彼の本領が出た
作品になってると思うのです。

2007年たづ助。的ベストアルバムその3。

Back to BlackBack to Black
(2007/03/13)
Amy Winehouse

商品詳細を見る


個人的には今年最も「うわわっ」と思った声だったので、
エイミー・ワインハウスを。
絶対黒人女性だと思っていたら、なんと白人女性だったので
さらに驚いた記憶が(爆)
しかもあたしゃリハブにゃ行かねーよとか歌われちゃった日にゃね~

女ピート・ドハーティとかジャニス再来かとかそういうジャンキーな
ゴシップもどうしても付きまとう彼女ですが、あの若さでこの
歌声ならばそれは出来れば出来るだけ長く聞くことができたらなと
願うわけです。
アルバムの内容じたいもいかにも60年代モータウン意識しまくりの
内容で、このプロデュースの巧みさにあざとさすら感じないわけでは
ありませんが、普通に聞いてる分にはあまりによく出来たポップス
アルバムでこれはこれでアリだなと。本国イギリスでは今年は
ずーっとチャートインし続けてるのも納得できますし。
わしは肯定派です(笑)

2007年たづ助。的ベストアルバムその2。

R.E.M. LiveR.E.M. Live
(2007/10/16)
R.E.M.

商品詳細を見る


そんなわけで引き続き(笑)

11月になってこんなアルバムを手に出来ました。
R.E.M.の正式なライヴアルバムってこれが初ってのがちょっと
意外な気もしつつ確かにそうだなあと。
2年前の春に自分も見た来日公演の、直前のアイルランド・ダブリンでの
公演を収めた2枚組&DVDという仕様。これは即買いでした(汗)
なので、その音は自分が生で聴いた見たあのライヴと同じ
感触なものでありました。
演奏のグレードの高さもともかく、オーディエンスの雰囲気が
とにかく素晴らしいのです。
Everybody HurtsやThe One I Loveや、Losing My Religionの
大合唱とか聞くと「ああ自分もそこに居たい~」という衝動に
襲われてしまいます(苦笑)
ああ、また見たいなあ・・・と思わせられる内容でした。

2007年たづ助。的ベストアルバムその1。

年末なので、ぼちぼちそんなことを考えつつも、
実は今年は威張って言うほど新譜を聞いていなかったり
します(汗)年々減ってるかもな~・・・

ま、とりあえず大晦日までこの企画でぼちぼち引っ張って
見ようかというつもりで(爆)

Sky Blue SkySky Blue Sky
(2007/05/15)
Wilco

商品詳細を見る


今年の中では、最もよく聞いたアルバムかもしれません。ウィルコっす。
近年のジム・オルークとのコラボに関しては、実はわしはさほど
ぴんと来なかった人で。音響派的アプローチももちろんアリだとは
思うし彼等の音楽の幅を広げたということは否定しませんが、
やはり今回のような初期に近いシンプルな感覚のほうが
自分にはしっくり馴染むような音でした。原点回帰?というほどの
大げさなものではないかもしれませんが、今またこういったシンプルな
音を出したときに、既にこれだけの風格と佇まいを感じさせるバンドに
なったんだと気づかせられた一枚でした。

忘年会ラスト。

今日は「食べ隊」活動にて、丸の内の「勝運丸本店」で
牡蠣たらふくコース♪をいただいてきました。
カメラを持って行かなかったので、写真がとれず残念・・・
ひっさびさに美味しい生牡蠣をいただき幸せでした♪
新鮮なお刺身も牡蠣鍋も美味しかった・・・
2007年を〆るにふさわしい美味しい楽しいお食事でした。

押し迫って。

うーむ。気がつけば既に年末でして(汗)
12月もあまり更新できずじまいでした・・・・
来年こそは。ぜひ。

秋から通ってる学校も今日でとりあえず年内は終了。
年明けは8日からっす。
休み中に怠けないようにしたいと思います。

久々に長い年末年始休みを取る気がします。
去年まではまだ全然働いてたからな・・・

あ、年賀状書いてない(爆)
早く出さないとね~

忘年会もぼちぼち。

昨日は金山で英会話スクールの友人等と飲み会。
とはいっても、わし以外は皆辞めた&辞めるヒト
ばかり。さみしいのう。
芋蔵」というお店に行きました。
店内にずらりと並べられた焼酎の瓶は壮観でした。
お料理もいろいろ頼みましたが、どれも美味しくて
特にさつま揚げはよろしかったです。
焼酎も数え切れないほどあって、好きな人には
たまらない感じでしたね。
女ばっかでいろいろ盛り上がりました。

本日の買い物。

ぜんまいざむらいの必笑だんご剣 ぜんまいざむらいの必笑だんご剣
(2006/11/30)
キューブ

この商品の詳細を見る

この前東急ハンズで見かけて以来、どうしようか迷ってた
アイテムでございます(大笑)
姪っ子が「ぜんまいざむらい」好きなので、これはきっと
喜ぶんじゃないかと思い、クリスマス用に購入しました。
でもきっとそれなりにすぐ飽きちゃうんだろうなあとは
思うのですが・・・でもふっかふかで可愛いのですよ。

そこはかとなく12月。

何故か今週頭の栗コーダーを引っ張りつつ(汗)
気がつけば12月。早すぎる~

1185983427.jpg

そんな栗コーダー繋がりで欲しくなったもの。この間のライヴでも
栗原さんが使用しまくってて「なんだあれは気になるよあれは」と
思ってた楽器です。その名もアンデス25と言って、ピアニカと
リコーダーが一緒になったような不思議な音色の楽器なのです。
1985年に製造されてあっという間に生産中止されたそうなのですが
このたびめでたく復刻なんだとな。品名もアンデス25Fとなったと。
いやー、これすっごい欲しい・・・・ (爆)
値段も14000円。むう。ピアニカと思うと高いけど、でもこの
可愛らしさはちょっとヤバイ・・・・
製造メーカーのスズキのホームページ
詳細が見られますので興味のあるかたは是非。
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク