大器晩成。

Long Player Late BloomerLong Player Late Bloomer
(2011/03/01)
Ron Sexsmith

商品詳細を見る


わ、彼も実は既に20年のキャリアだった…
今作は彼の11枚目のアルバム。
持ち味の美しく穏やかで染み込むようなメロディも健在。
今回のアルバムは全体的にとにかくbright and clear。
これほど、彼のアルバムで、気持ちが前に向かってる、という
印象を受けたことは、わしはなかったです。
音そのものも、とても自信に満ち溢れていて、
ここにきてまったく「ぶれてない」という強さ、確かさを
感じさせてくれる好盤でございます。
このアルバムタイトルも秀逸(・∀・)

数年前に来日公演を観に行ったのですが
本当に素晴らしいライヴだったのを思い出します。
終演後にサインをしてもらえる機会があったのですが
すごく素敵な方でそこでも感動してたな~
なんか、彼の音楽から伝わってくるとおりの方だったので。
ここ数年はなかなか来日公演を見るチャンスに恵まれて
いないのが残念。





このアルバムの制作過程を追ったドキュメンタリーフィルムが
制作されていて、先日のSXSWで公開されていたようです。
ぜひ、日本でも公開希望っす。
スポンサーサイト

輝く青空。



今日TVで江利チエミさんをお見かけしたので
ひさびさに聴きたくなって。
そういえば、お正月に早起きして墓参りドライヴ中に
AMラジオでかかってたのはこの曲ですた。



これも好きだな~

あと、春が近づいてくると何故か聴きたくなるのは
渡さん。



大好きな曲はたくさんあるけど
今日はこれで。

あ、無意識にカヴァー特集になってるがな゚∀゚)

三月はライオンのようにやって来て。

三月のライオン(トールサイズ廉価版) [DVD]三月のライオン [DVD]
(2005/03/25)

商品詳細を見る


March comes in like a lion and goes out like a lamb.

三月はライオンのようにやって来て、子羊のように去っていく

というイングランドの諺を知るきっかけの映画ですた。

三月になると思いだすわけです。
検索かけると、同タイトルの漫画がとても人気があるようで
そっちばっかヒットしますが、わしは漫画のほうは
見たことないんですよね。

いまだに自分の好きな日本映画上位の座譲らんとです。


あり得ないストーリー、切なく乾いた音楽、
不思議な透明感のある映像、止まらない想い


に溢れた映画です。


夜が明けたばかりの街を、アイスがひとり歩くシーンが
とても好きです。
真っ赤なハイヒールが記憶に残ります。



紹介記事にはずばり「近親相姦を扱った映画」とか
書かれてることがほとんどですけど
そこにフォーカスしすぎると、この映画の良さは
伝わらないような気がします。

自分が初めて見たのは、それこそ公開当時の
名古屋シネマスコーレ、ですた。1992年か。
どうして気になって観に行ったのか、まったく記憶には
残っていませんが、見た後に
とにかくひどく感銘を受けて映画館を出たのは確か。
そのとき買ったポスターは、いまだに宝物だったりします。


主演の趙方豪さんが亡くなったときはショックだった。
若かったんですよ。1997年に41歳で亡くなられてる。
その直前にたまたまTVドラマに出演されてるのを見た
んだけど、異様に顔色が悪く見えて、「大丈夫か?」と
思ったことを覚えてたので、ああそうだったのかとも
思いましたが。

三月のライオン、の諺は
本来は天候を表す話なのですが
今年においては、まるで今の日本を状態を表すように
なっているかも、しれんかなとも思います。

未来のカタチ。

原発に戦車投入。

本気!? いやいや本気も本気。

そういうのもありなんだよねえ(苦笑)



今日も仕事ですた。
5歳の男の子と、はしゃぐ。いや、はしゃぐといえば
語弊があるが(汗)
でも彼の透明でまっすぐな視線を真に受けてると
こっちも本気全開モードで行かないと
とてもじゃないけどエンタアテインなどできません。
開始3分で汗だくだよ。
でも、あの笑顔見ると、もっとやってやる!と思える。
しかし百発百中の必殺WalkingWalkingも
自分がすぐに息切れしててはあきまへん(爆死)

でも、ふと思う。
この子たちの未来はどんなんなの?
とか。


明日のことすら、誰にもわからないけどさ。


自分もこれまで
とかく迷うことも多いわけで
今、自分がやってることでも
これでいいのか?と確信が持てないこともたくさん
あったりするんだけど

わしにも、きっとやるべき役目があるんだと

そう信じて
一日一日大事に過ごしていかないと
いけないなと思っておる今日この頃。

今、ここに生きている以上
誰もが死に向かって生きてるわけで。

『死に向かう』という言い回しはよい表現では
ないとわかっているけれど。
地上の誰もがその矢印に歯向かうことなど
できないのは疑いのない現実で。

この瞬間、生きている人間が精一杯のことしなかったら
駄目だよな、と。

どうしたってそんなことを
考える日々だったりもします。





大好きなコレさんの曲。
なんだか今になっても、さらに妙に響く。


どんなふうに生きてみたって
未来は意地悪に
カタチを変えていくよ

君は僕の闇を照らしだす 心のランプ

君がそばにいれば 迷わないさ
未来がどんなカタチでも

地球上のちっぽけな生き物だけど。

もう一週間たってしまいました。
でも、事態はなかなか好転せず、実際に被災された人の
現状や、原発事故の凄まじさや、その他もろもろ
厳しい現実ばかりが押し寄せてきています。

今、自分が出来ることなど限られているけれど
まずは少しでも早く、良い状況になってくれることや
物資が行きわたることや、肉体的にも精神的にも
休まる日が一秒でも早く訪れることを
祈るばかりです。

今日はバンバンバザール主催の
「勝手にNXNE!」のUSTREAM配信を堪能。
素晴らしい空間でした。
できることをしよう。やるべきことをやろう。
映像はアーカイヴで観られるそうなので、
見逃した方はぜひ。

台湾のTVでは長時間のチャリティー番組が組まれてて
最終的に日本円で21億円!というすごい金額になってました。
ありがたいというか、台湾も大震災を経験してるからも
あるんだと思うのですが、その心にぐっときます。
これで日本人がへこたれてたら駄目だと思わされます。

大好きなThe Whoのピート・タウンゼントも自身のブログで
日本へのメッセージを発していました。。゚(゚´Д`゚)゜。
http://www.thewho.com/index.php?module=blog&archive_id=201103
わしには、上っつらのメッセージではなく、
本当の彼の日本に対する気持ちであると思いました。
彼も、連絡が取れない日本の友人がいると…
早く連絡が取れることを祈りつつ。

心配するな オレも不安だ

大航海大航海
(2007/07/25)
TOMOVSKY

商品詳細を見る


先月見たBorn In The '60sのおかげでハマっちゃった
トモフさんですけど。

もっと早く書きたかったんですけど。
このアルバム、キテるわ。

好みは人によりけりですけど。
自分には彼の言葉は今、異様に突き刺さります。

オープニングを飾る
『無計画とゆう名の壮大な計画』
正直、こっからちょっと
凄まじいんですけど

今まさに我々は

こんな船の上にのっかってるんではないかと


本気で思うんですよ


でも

心配するな オレも不安だ と


寄り切られることの、この潔さ(苦笑)


本当はこういうの、必要じゃね?と。



迷わなくなったのは
迷えなくなったから
ものすごいスピードで
選択肢は消えた (『不惑』)


不惑前にして
こんなこと言われると
本気でリアルすぎて(苦笑)


北海道の山中さわお君(笑)が
10回聴いたら10回泣くという


気まずい空気を
吸い続ける努力が
報われた歴史を
僕は知らない   (『SKIP』)


他も名曲揃いです。


光をあつめて
もいちど世界を照らして
ゼロから照らして
さあ そろそろ行こうか
さあ どこまで行こうか   (『光をあつめて』)


ついこないだライヴあったですよ@名古屋。
観に行きたかったな。行けない日だったから
泣く泣くあきらめたけど。
バンドトモフ観たい。

近いうちにぜひ。

2度と騙されないさ。

キッズ・アー・オールライト(数量生産限定) [DVD]The Kids Are Alright [DVD]
(2010/09/22)
The Who

商品詳細を見る


ひさびさに、見たくなって見てました。

途中、ピートが言う

"I'm a desperate old fart now, not boring though."

が好きです。

かくありたい。

今日そして明日。

引き続き。

次第に明らかになるさまざまな現実に
打ちのめされるような時間が続いています。


でもこんなときだからこそ
何かできることはないのか?
と自問自答。


今日は、さきほど、募金をしました。ちっぽけだけど。


必要なものが本当に必要な人のところに
届くように、と。役に立ちますように、と。
願かけながら。


明日からまたいつものように仕事
なんとも複雑な思いもあるけれど


普通の生活をして普通の経済活動を行うことも
結果的には被害を受けている地域を支える力に
なると信じて。




余談。

震災以降。
連日あれほど阿呆のように届いていた迷惑メールが
ほとんど届かなくなりました。毎日50~60通くらい着てたのが
今日は2通とか。
まあ、人間の良心つーか なんつーか ですけど。
皆さまのところもそうですか?

3月11日(金)。

昨日の午後2時46分ごろには、
わしは名古屋栄付近の某商業施設内で買物中でした。
いろいろ物を手に取って眺めていると、
急に目の前がぐらぐら揺れ「え、なんで急に眩暈?」と
思うとすぐに足もがくがくし出して。
でも、実はそのときまさか地震だとはまったく気がついて
いませんでした。 その上気分も悪くなってきたので
これはまずいと思いビルの外へ。
するとまったく平気なので、「なんだったんだ?」と
自分で不思議に思っていると、その後、施設のアナウンスで
大規模地震が発生した、ということを知りました。
なんだかただ事ではない、という嫌な勘が働き
家の親に電話すると「とんでもない地震が起きたよ」と。
名古屋は震度4でしたが、職場で働いてる最中だった同僚は
「本当に恐ろしかった」と、それでもビルが相当揺れたことを
教えてくれました。

報道を見るにつれ、どんどん知らされる信じられないほどの
被害の深刻さに、もうただ言葉を失うのみ。

ただ、こうしてTV見ているしかないのか、と。

今日は仕事。
いつもどおり出勤。
名古屋は平常と変わらない。なのに
拡大していく被害状況を知るにつれ
職場で仕事をしてても「こんなことしてていいのか」と
いう気分になってきてしまったり…
ただ、なんともいえぬ無力さを思い知らされるというか。

先ほどもニュースを見ていましたが
今もまだこの被害の全容が把握できている模様でもなく。

とにかくも、被災された方々にはもう心からお見舞い申し上げる
という気持ちのみです。
少しでも早く、余震がストップしてくれることや
一日でも一秒でも早く、誰もが平穏無事な生活を取り戻せることを
強く強く祈っております。

また、多くの方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


twitterも昨日からはずっと地震情報に関するもので
それ以外のツィートは無意識のうちに自粛ムード。
少しでもサーバに余裕を持たせるべきという配慮の力が
働いてるのはえらいと思いました。
それでも情報が錯綜してたり、RTなどのルールが混乱したり。
本当に必要な情報が必要な人に届くのか、という意味では
やはりいろいろ問題も発生してるようです。
こういう非常時に対するネット上のルール、マナーの構築も
議論されていきますよう希望。

さまざまなイベントなども中止されているようですが
明日のTOEICも全国で中止とのこと。
状況を考えれば当然。
わしは今回申し込んでなかったけど、今回の申し込み分を
どうするのかTOEIC側もまだ決められてないようです。
3月って例年受験者数が一番多い月じゃないかと思うんで
正直どう対応すべきか判断できないかもですね。

あなたが去るという真実。


久々に華流話で(汗)
飛輪海さん、ま、いろいろありーので複雑な状況?な今日この頃。
そんな中、亞綸ソロです。まあ、こーいうの出すならこの人だったのね。
ジャケ、この前に流出してたほうのがさらにカッコ良かったのが
もったいないですね。とりあえず内容に期待したい三寒四温な日々。


旅に行きたくなる。


この見出し、本屋で見かけて手にとっちゃいました(汗)
BRUTUSは時々買ってしまうな…

僕はまるであの人のよう。



わしはほんとについさっき、このEPの存在知りましてん゚∀゚)・∵.
去年の秋にリリースされてたようですが、たまたまネットラジオで
ぶつかりました。
サー・ポールの息子さん、ミュージシャンなのは知ってましたが
実は写真とか観たことなかった(爆)
なるほど血は争えぬというか、親譲りな感じではあります。
音、わしは結構好きですた。なんかやっぱポップで爽やかっすねえ。
よくよく見りゃ、プロデュースの名前に父ちゃんありやんΣ(・ω・ノ)ノ
これって大きく取り上げられてましたかね?全然知らんかったな。

ちょっと探ってみましたが、CDフォーマットでリリース無いぽいですね。
ENGINE COMPANY RECORDS
わしもamazonでDL買いしてみますた。DL、正直慣れないんですけど
安いし手軽という意味では、悪くない。ただし、好きな曲だけ選んで
買えるというのは、わしはあまり使わないだろうなと。
アルバム作ってる側の意図伝わらないのは嫌だなと。
全体通して聴いてナンボと思うのは、おそらく既におーるどふぁっしょんどな
考えなのかもしれませんが。

今回の作品はEPつーことで、5曲のみってのが物足りない感じ。
Neil YoungOld Manのカヴァーもやってるし。うは。
意味深ゆーか、まんまとゆーか。
ぜひちゃんとフルアルバムも聴いてみたい(´∪`*)
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク