旧譜にまつわるエトセトラ。vol.7

最近、完全に中断してた、お勝手再発アーカイヴシリーズ(汗)
ぼーちぼち再開していきます。


HERE TODAY(紙ジャケット仕様)HERE TODAY(紙ジャケット仕様)
(2004/08/25)
THE COLLECTORS

商品詳細を見る


残り数も少ない?と思われる再発紙ジャケシリーズ。
興味のある人はお早目に。


今回は。1997年発表の10作目。

結成10周年に盛り上がった後の年。
当時、実は前作にあまり納得の行ってなかった自分。
さて、どうなるんだろうと思いつつ
ちょっとどきどきしながら聴いた記憶が。


あ、好きだ、好きなところに着地してる、よかった。


ってのが第一印象だったのをよく覚えてる(苦笑)

オリジナルジャケはこんな感じ。
最初見たとき、これまたちょっと意表をつかれて
驚いた記憶がある。

heretoday01.jpg

この作品から、一応プロデューサーは立ててるものの、
基本は自分たちの足元をまた見直して、
また新たに一歩を踏み出すという印象だった。
これまでの彼らの持ち味をまた見直しつつ
これまでにはなかったような、バンドの新たな面が
自然と自ら吹き出し始めた、という感じだった。
どう考えても、それまでに、バンドがくぐりぬけてきたこと、
経験してきたことがなかったら
おそらく「Tough」のような楽曲をリーダーを書くことは
なかったんだろうなあと思う。

前作で、自分が感じてしまった違和感のようなものって
きっと、バンドが、誰かの用意した高速ジェットに飛び乗っちゃった
ようなところがあったからかな、と今では思う。
そうでなければ、バンドができなかったこともたくさんあったろうし
出てこなかった曲もあるのは間違いないし、
その後のリーダーのソングライティングによい影響を
もたらすこともなかったんだろうけどね。


当時、全体的に、けして派手な出来のアルバムだとは
思わなかったんだけど、クオリティ的には粒ぞろいの
楽曲が並んだ、という意味では、今でもまったく
飽きずに聞ける作品になってるのではないかと。


ザ・コレクターズの元々根っこにある、
持ってるメジャー感、がいい意味でうまく表に現れた
カタチになったんだと思います。

個人的には、Teenage Frankensteinみたいな曲が
すっごく好きだったんです。
これはすごくコレクターズっぽいって勝手に思ってた。

コータローさんヴォーカルシリーズ(汗)の中でも
自分の中で、かなりの位置で好きなのが
Elephant Rideだったりもする。

Giulietta とかGiftのような曲も、リーダー節炸裂で
ちょっと切なくてほろ苦いんだけど、ぐっとくる
泣けるポップナンバーだしね。

20世紀が終わっても、は当時ならではの曲だと
思うけど、またいつかライヴで聴きたいね。


実際、どの曲とっても、今ライヴで演奏されても全然
違和感なく聞けるものばっかですな。

そういう意味でも、彼らの作品群の中において
かなり普遍性の高いアルバムになってるような気がします。
意外にこのバンド初心者におすすめなのは、この辺
なのかもしれません。


実際、今も結構よく聴いておりますね^^
スポンサーサイト

今年2回目の。

TOEICを受けました(汗)

つーか、今年は1月に受けたっきりだったのでずいぶんと
久しぶり。や、ちょっとカンが鈍ってた(爆死)

やっぱ自分も受けてないとだめじゃんね、と思った。


それに、問題の傾向も、「はあ?」てのが
結構あったりして。

正直言って、
数年前より確実に難しくなってるとは思いますよ(苦笑)

まあ、あれだけ対策セミナーだの本だの通信講座だのあって
完全に研究されまくってるのもあってなのかもですが。

明らかに、リーディングは文字量増えてるし…
余計にスキャニングだスキミングだタテ読みだって
話になってきちゃう。
なんか、今日、イラっとした(爆)


自分も、その辺ちょっと調整してかないとだめじゃなーと
思いつつ帰ってきました。


自分はそろそろ一回SWテストを受けようと思いつつ
結局今年受けてない(汗)
来年早々受けようかな…
受験料もうちょっと安くしてほしいなあ…

訳してみた。vol.29

僕は何か話さなくたっていいし 
君は僕の考えてることなんかお見通し
君は僕が言うことを聞く必要もない

僕は君に頼んだりしなくてもいい
だって 君は僕が何を求めてるかなんて
言いあてられるだろう

君は 君が知っていることを隠す必要もない

ベイビー 僕らはひとつなんだ
お互いの視線が 欠けてるとき
ベイビー 僕らはひとつなんだ
だから 驚かなくたっていいよ
君に誓いをたてるとき
僕は君に 何をすべきかなんて 言ったことはないよね

たぶん それは僕で
たぶん それは君なのだから


僕は 下手に振る舞ったりしなくていい
だって 君は 僕が何を感じてるかわかるから

君は何かを見る必要もない
信じるために

ベイビー 僕らはひとつなんだ
僕らがお互いの空で輝くとき
ベイビー 僕らはひとつなんだ
だから 驚かなくたっていいよ
君に誓いをたてるとき
僕は君に 何をすべきかなんて 言ったことはないよね

時には それは僕で
時には それは君なのだから


ベイビー 僕らはひとつなんだ
お互いの視線が 欠けてるとき
ベイビー 僕らはひとつなんだ
だから 驚かなくたっていいよ
君に誓いをたてるとき
僕は君に 何をすべきかなんて 言ったことはないよね

たぶん それは僕で
たぶん それは君なのだから

きっと それは君なのだから


*******************************************************

Matthew Sweet / We're The Same




********************************************************

今日のこーさんの1曲だったのね。てへ。

本日の散歩。

今日は所用があり、名古屋市役所へ久々に行く。
むかーしむかし、それなりの期間、実は事務補助のアルバイトを
していたことがある。
西庁舎、本庁舎、東庁舎と、毎日右往左往してた(笑)

shiyakusyo.jpg


用事を済ませた後、とても天気がよかったので
ちょっと散歩。
ふと思い立ち、名古屋市政資料館まで行ってみた。
ここも、ほんとーに昔に一回だけ行った。

shiseisiroukan.jpg
shiryoukannaka.jpg

入場無料^^
近年は、TVなどのロケに結構使われることも多いみたい。
大正レトロモダンな建築。 その雰囲気にひたるだけでも
ちょっと楽しい。

帰りはてくてく久屋大通方面へ歩く。

hisayaohdori2011nov.jpg

金曜日の4時くらいって、こんなに全然、人がいないのかと
ちょっとびっくりした(苦笑)
ま、でも晩秋の散歩道。気持ちいい。

立ち寄ったソニプラで、ウォーカーズのショートブレッドの
クリスマスヴァージョンを発見♪
思わず一箱買っちゃった…

shortbread.jpg

訳してみた。vol.28

きっと 悪い夢なんだ
君はもう 覚めることはないと思ってる
この不思議へようこそ
その頭をもたげて 君の運を試すんだ

神様と彼の天使たちは 君をそんなに強くはしてくれないね

でも わかってるよ
君は息がつまりそう

君は 希望は消え去ったって 思ってるのに

見失わないで 自分自身を
他の誰かを見つけるまで

踏みとどまるんだ  愛は裏切らないさ

愛は 時に君を完全に 孤独に追いやるけど
その光は 君を 暖かい場所へ導いてくれるから

踏みとどまっておくれ


もし僕が 君を力づけられるのなら
たわいもない 英雄の歌で 
誰もが君をうらやむようにね

一緒に歌ってくれるかい


見失わないで 自分自身を

他の誰かを見つけるまで

踏みとどまるんだ  愛は裏切らないさ

愛は 時に君を完全に 孤独に追いやるけど
その光は 君を 暖かい場所へ導いてくれるから


見失わないで


そして もし君が諦めるのなら
もし君が諦めるのなら
もし君が 君の希望を 諦めるのなら

そして もし君が諦めるのなら
もし君が諦めるのなら
もし君が 君の希望を 諦めるのなら

諦めないで


見失わないで 自分自身を

他の誰かを見つけるまで

踏みとどまるんだ  愛は裏切らないさ

愛は 時に君を完全に 孤独に追いやるけど
その光は 君を 暖かい場所へ導いてくれるから

見失わないで


愛は 時に君を完全に 孤独に追いやるけど
その光は 君を 暖かい場所へ導いてくれるから

だから
持ちこたえておくれ

そして もし君が諦めるのなら
もし君が諦めるのなら
もし君が 君の希望を 諦めるのなら


諦めないで



**************************************
David Mead / Hold On


SNSと味噌串カツとveryについて。

適当なタイトルですみません(爆)


最近はSNSに書きこむことも多いんですが。

あれは瞬間的に物事を発信したりとか、そういうのには
やっぱり凄く有効だと思うのですが
あとから自分で「何書いたっけ?」とTLを見直すのは
かなり面倒くさい(苦笑)
ましてや、他の人のステータスなどに気になる表現が
あったとしても、それをうまく蓄えておく方法はないなと
やっぱり思うわけで。

と思うとやっぱそれなりにアーカイヴできるように
しておかないと駄目ねと思う昨今。

まあ、そんな大したこと書いてるわけじゃないが(汗)

昨日は職場で飲み。
新しい上司をまじえ。
いろいろ有った後の、驚きの人事から早1ヶ月半(苦笑)
まだまだ、業務上ばたつくことは多いのですが
やっぱ人間関係が良好なのがありがたい(大汗笑)

kushikatu.jpg
味噌串カツの上のネギのせるとうまいよね。

何故か上司が、ひとりひとつずつ、
リンゴのペーパーウェイトをくださいました。かわうい。

greenapple_01.jpg

職場の机で伝言メモを置く用に使ってほしいと
いうことでしたが(笑)

いつだって、何が正解かなんて、すぐにわからないけど。
むしろ、正解なんて無いのかもと思うことも多いけど。

こうやって迷いながら迷いながら手さぐりで歩いてくのが
人生なのかなあ、って40目の前にして思います。
四十にして迷わず、不惑なんて言うけれど
逆に余計に迷うことも多いんじゃないのかなと
実感してきてる(苦笑)




元々はもちろん越路吹雪さんで有名な曲。
リクオさんなりの解釈。

初めて聞いた時から大好きな曲だったけど。
また 歳追うごとに聞こえ方が微妙に変化してると
自分では感じます。

今日買ったとある本。

verymarried.jpg

veryってこんなふうに使えるのね、と。
シンプルだけど、なるほど。

昨日より若く。


Present-perfect-___-hand--006.jpg

本日は
ザ・コレクターズ 加藤ひさし氏の51回目のお誕生日(笑)
おめでとうございます リーダー♪

今日のバースデーライヴ@東京キネマ倶楽部は盛り上がるね。
いいな。
ぜひこれからもyounger than yesterdayでお願いしたい。




歳とるごとに、この曲も沁みるな。

愛してる 君はきっと大惨事に遭う

Sleepless SheepSleepless Sheep
(2011/11/16)
salon music

商品詳細を見る


サロンミュージック 9年ぶりの新譜。


好き過ぎる。
心地よいだけではなくて、随所に入るアクセントの効かせ方
絶妙です。歌詞もシンプルで深い。

つーか、もはや邦楽聞いてる感覚ではなくなります。
英語詞なのもあるんでしょうけど、
ちょっと飛び越えたようなセンスを感じます。

さすがは仁さん、やっぱ凄いと思う。つーかやっぱ好きな
ディレクションなんだなと思った。
これヘビロテだな。

ここ数年はプロデュース業が先行してるからとは
思いますけど、もっと頻繁に自分のことも
やっていただきたいと改めて。


本日ひとつ訂正があります。

ゴーイングアンダーグラウンドのライヴの
最後に訂正されちゃったリーダーの悲喜こもごも(笑)↑


というわけで
遅ればせながら The Collectors@大阪MUSE一日目について書きます~


ライヴ前に、念願のインデアンカレー初体験。
美味しかった! 近所にあったら通いそう…

今回がおそらく個人的は最後のコレさん。
今年は本当にたくさん見てしまった…


ライヴ前、コータローさん前3列目くらいで陣取り。
ライヴは19時35分くらい?にスタート。
最初、Qちゃんがひとりで登場して、ドラムソロから入るという
あまりないパターン。この日のQちゃん、ネクタイ姿で素敵。

その流れで魔法のランプが始まる。
もう最初からどんっとトバしておられました。
すげーカッコイイ。この曲からバグズに入っていく流れも絶妙。

リーダーはユニオンジャックのスーツで、コータローさんは
白いフレペシャツ&ジーンズでした。
リーダー後半はサイケ王子再び。あれ好き(笑)

collectors_2011Nov19osaka.jpg

セットリストはこんなの。

01. 魔法のランプ
02. 東京虫バグズ
03. 彼女はワンダーガール
04. エコロジー
05. 英雄と怪物
06. 地球の歩き方
07. CANDY MAN
08. 今が最高!
09. 恋はヒートウェーヴ
10. サマー☆ビーチ☆パラソル
11. 夢見る君と僕
12. GROOVE GLOBE
13. マネー
14. インスト
15. 青春ミラー
16. まぼろしのパレード
17. Tough
18. NICK! NICK! NICK!
19. 虚っぽの世界

アンコール
01. たよれる男
02. Wrigley's CHEWING GUM
03. 僕はコレクター


この曲後、すーっとコータローさんがリーダーのところに
近づいていくのが見えた瞬間すぐ何の曲が始まるかわかった
ので思わず絶叫(笑)>ワンダーガール
あの「Honey!」はいつもぞくぞくします。
リーダーが歌詞間違えたとき、あちゃーって顔したのが
見えたのがおかしかった。

もういったいいつ以来に、ライヴでキャンディマンを
聴いただろうと思いました。今聞くとすごく新鮮。

GROOVE GLOBEの後だったと思うのですが
「これまでで一番うまく歌えた」とリーダーがおっしゃってましたね(笑)
それを聴けて嬉しかったね。

それと、大好きな大好きな まぼろしのパレードが
これまたかなり久しぶりに聴けたので泣きそうだった(汗)

この日のMCもかなりおかしかった(笑)

一番覚えてるのは、リーダーがトシちゃんと同い歳という話から
実はこーさんがマッチと同い歳で、たのきんってことは
じゃあ小里君がヨッちゃんだ、という恐ろしい一致(笑)
何気にキャラ的にもありだし(大笑)

あと、こーさんが鍋奉行だ、って話。
で、鍋が煮えるのが待てないリーダー、っていう。
変なところでせっかちなのね~

あと、うそついて早退する時何と言ってたか、という話から
こーさんが「足が痛い」って言ってたというんだけど
(もちろん痛くない)それを聞いたリーダーが
「本当のこと言うのが一番だよねー」と言ってて
わしのまわりのお客さんが一斉に「ちゃうちゃうちゃう」て
手をぶんぶん振ってたのがおかしかった(笑)

ゴーイングアンダーグラウンドのライヴにゲスト出演した
リーダーの話も本当おかしかった(大笑)

あと、こーさんにとって、新譜は2週間らしい(大笑)
短いな~

ライヴはほぼ2時間。おそらく時間の関係だったと思うのですが
アンコールが一回だけだったのが残念。
でも、こーさんリッケンバッカーでたよれる男はあんまりないこと
だと思ったのでちょっと面白かった。
ぎゅっと濃縮された感じのライヴ。2時間が本当にあっという間。

全体的に今回も勢いのあるセットだったと思います。
演奏自体も相変わらずの安定感。リーダーの調子もよかったと思う。
自分は聴きたい曲が随所に入ってきたので
かなり楽しめました。
夢見る君と僕とかね。
でも、実は一番耳に残ったのは
英雄と怪物でした。どうしてかわからないのだけど
昨日今日と頭の中をずーっとぐるんぐるんしてるのは
この曲でありました。

虚っぽの世界も しみじみ沁みました。

今回もしっかり楽しみました!

2日目も相当よかったみたい。
自分の知ってるお姉さま方、皆前方突入で見ておられたそうです。
普通そうやって見ることないらしいのに(大笑)
思わず吸い寄せられるんでしょうね。
えーことえーこと(大笑)

来年までコレさんライヴはおそらくお預け。
次回は新譜(爆笑)ツアーかな~

雨の御堂筋。

ちょいとぱらぱらしてた程度ですが。

今日はコレ@大阪MUSE一日目に参戦。
楽しかった!
また明日ゆっくり書きます…

まぼろしのパレード、すごく久しぶりだった。
キャンディマンも!

たのきん、 まさかの一致でしたね(笑)

2011_Nov18_ticket.jpg


doutonbori.jpg

このネオンは昭和の匂いがするね。

UFOふれあい館と除染のブルーズ。

タイトル、あまり深く突っ込まないでください(汗)


今日は、名古屋市千種区文化小劇場にて
大川興業の大川総裁によるトークライヴ「お笑い安全保安委員会」
を見てきました。
テーマはもちろん、「原発問題」。

hoaniinkai_2011nov.jpg

ゲストにモーリー・ロバートソン氏。

夕方5時半開演で、8時までみっちり2時間半、両氏とも
しゃべりっぱなしでした(笑)
被災地支援に飛び回る総裁が見たもの、聞いたもの、
あらゆる記者会見場にて彼が経験したことなど(除染の現場とか)
とにかく濃い(汗)
そして、ゲスト・スピーカーのロバートソン氏も
海外メディアの話や、また日本国内以外からの視点について
いろいろ話してくださったりで面白かったですね。

特に、今はオリンパスの問題があったり
その辺ともうまくからめつつ、わかりやすくいろんな情報を
伝えてくださったと思います。

しかし、つい昨日?の福島原発の公開に36人しか記者さんが入れなかった、
というのは、もう本当に裏情報ですな。

津波被害の位牌修復ボランティア、というのがあるのを
今回初めて知りました。
http://www.higan.net/news/2011/08/save-pray-japan.html

しきりに口にされてたのは
sustainability(持続可能性)。
被災地支援にしろ、原発に対する対応にしろ、放射能汚染に
関することにしろ。とにかく持続させなくてはならないと
いうこと。

日本人も、ぼっと燃え上がりやすいんだけど
ある時点で上の部分がばんっとひっぱたかれると
その下は虫の子散らしたようにいなくなっていくところが
ある、という話。

皆がひとりひとり、長い目をもって、
動向をしっかり見つめ続けていくことが
やっぱり大事なのではないかと考えております。

その中で、自分なりにできることを継続して考えて
いかなきゃな、と思いながら家路につきました。


福島にあるという、UFOふれあい館、すごいです。
さっき、HP見てみたんですが、総裁の撮ってきた写真のほうが
真実だ(大笑)

いつだって、本当はユーモアが必要なんでしょうね。


会場で売っていた、あかつぶグッズを購入しました。

akatsubu01.jpg

あかつぶ缶バッジ。ホールボディーカウンター購入のための
寄付に充てられるとのこと。

kouiukoto_01.jpgpostcard_2011nov.jpg

ポストカード。

これらのイラストを描かれてるのは
柚木ミサトさんというイラストレーター。名古屋のかた?
http://www.mikanblog.com/
はじめて、この本の表紙を見たとき、すげショックを受けました…


こういうこと。-終わらない福島原発事故こういうこと。-終わらない福島原発事故
(2011/06/30)
広瀬 隆、たんぽぽ舎 他

商品詳細を見る

時に独白。

昨日、流行語大賞の話をニュースで見た。

予想どおり、震災がらみの言葉が相当数ノミネートされたらしい。ぽぽぽぽーん。 
でもなんだか、流行語、だといって括られるのは、あんまり気持ちよいもんではない。
たとえは、内部被爆、とか。

確かに誰もが知ってる言葉となったかもしれないけど、
「流行」というのとは明らかに違うように思う。
誰もが好んで使った言葉というわけではない。

震災から8か月。

あっという間。 

でも、時間がたつにつれて、いろんなことが置いてきぼりにされてる、と思う。 
世の中は世知辛い。 動くスピードも速い。 
でも、見過ごしていけないこともたくさんある。 
セシウム数値の話も、ちょっと軽んじられ過ぎだと思う。 


打つ手がない。むやみに不安をあおりたくない。 そんな現実もきっとある。


でも、真実から目をそらしてたところで、結局はひとつも問題解決にならないのだし、
今できることを皆が考えてひとりひとりが行動しなくちゃいけないはず。 
今でも既に、そんな簡単に手におえる問題ではないと思うけど、
先送りにすることは、結果さらに大きな罪になるような気がしてならない。


誰もが、自分の問題、って思わない限り、きっと変わらないのかもしれない。


未来に向かって これだけ視界の悪い時代もないのかも。
それに誰もが、不安、という不透明で触り心地の悪い重たい塊を抱えてる。 

でも、目の前の曇りとか淀みとか、なんとかして払いのけたりぬぐったりしながら、
前に進んでいくしかないんだなと思う今日この頃。

いつだって、正しい答えを見つけるのは簡単じゃないね。

むしろ、きっと、正しい答えが無いことのほうが多いのかもしれないけれど。

江戸前とエンガワのブルーズ。

redcloth_2011_1106_02.jpg

今日は、コータロー&ザ・ビザールメンのワンマン@新宿紅布
見てきました。
今回チケはソールドアウト。自分も紅布店頭を死守した感じ
だったんですが。
当然会場内はぱんぱん。でも、押しあいへしあいにならないのが
ビザメンの気楽なところでございます。

今回ワンマン&ソールドアウトってことで
なんとなくいつもよりもバンドが真剣に見えたんですが(笑)
コータロー・ビザールさんも酒入ってないので
いつもよりシリアスに見える(大笑)
少しテロテロのコータロー・ビザールさんもいいんですが、
緊張感のあるシャキシャキのビザールさんもいいですな。
でもよくしゃべっておられましたね~
あと、珍しくタバコをステージ上で吸われてた。
昔のライヴではよくお見かけしたんですけど
ここ数年は全然吸ってる姿見なかったので(禁煙してたはず?)
ちょっとびっくりした。
ま、これがまた様になるからねえ。

コータローさんとキタさんが横並びで横揺れでギター弾いてる
姿がやっぱり好き。

おなじみのナンバーに加えて、今日は新曲披露。
「東京湾オンリーワン」というまたすごいタイトル(汗)
魚の歌でしたねん。
コータロー・ビザールさんのヴォーカル。
譜面台が登場してました。
しかも、アンコールで再度披露(大笑)
モビくんの「あーさりー」がやたら耳に残ってるという。
しかし、エンガワという魚がいると思っていたという
ヒサシ・ビザールさん… まさかの展開だった(爆笑)

あと、ヒサシ・ビザールさんが必死で磨いたという
テスコのアンプががっつり輝いておりました。
カビだらけの話がうそのよう。でも、近くにいると
カビ臭いらしいんだけど(苦笑)それによく鳴ってました
よな。 あと、アンコールで登場したブラウンのベースも
なかなかカッコ良かった。テスコグランドビザールで
Twiggyちゃんに貸したテスコベース?だったかと。

個人的には久々に聞いた蒼き風のカヴァーや
クレイジードライヴがかなり良かったでし。
でも、以前よりもバンドがパワーアップしてたりも
するんちゃうの?とちょっと思ったりして。
モビくんのドラムはやっぱファンキーだね。
キタさんも幸せになってほしいね(笑)

こーさんのミック・ジャガーやクラプトンのミニ物まねやら
急に飛び出すオフコースの曲とか(笑)
なんかおかしかったなー

たっぷり一時間半ほどのライヴ。今回も熱かった。


枚数限定で販売されてた今年の八木橋デパートライヴの
DVDもげっとしましたー。きんちゃく付。ふふ。

teisco01.jpg

redcloth_2011_1106.jpg

ライヴ後のステージ。暗いですが…

不思議な人。

11月3日(祝)に名古屋得三にて、リクオさん&ウルフルケイスケさんの
Magical Chain Caravan Tour 見てきました…

298240_219346688132313_205502572850058_541349_1897018177_n.jpg

サポートに寺岡信芳さん(B)、ドラムに小宮山純平さんを迎えての
完全バンドスタイル。
初日とは思えないほどのまとまりぶり(汗)
とにかく何がいいって、もう完全にバンドなんだもん。

リクオさんとケイスケさんは、お互いがお互いの魅力をうまく
引き出しあえるような、そんな関係だと思います。
3月に見た、お二人だけのステージも素敵でしたが、
今回、リズム隊がいることによって、そこにふたりともが
上手く乗っかって、ただ引き立てあうだけじゃない、
もっと遠慮なしの白熱した演奏ができてるように思えました。
正直、これは別物だな、と思いました。
まあ、みんなカッコイイことこの上なし。
ケイスケさんはかなり跳びまくっておられました。
(「跳び方忘れてた」っておっしゃってましたね^^)
お互いの曲を演奏しあう+今回のバンド編成のために
新曲ができてたり。(しかもこれまでにないよな曲)
リクオさんは、バンドとして音を出すことで、かなりの
インスピレーションを得られているようでした。
バンドのために作ったという新曲が「不思議な人」という
タイトル。ちょっと意外な曲調でしたよ。でも
今リクオさんこれ出てきた?!という感じで
すごく興味深かった。ありあり。

ひっさびさに「片目のギャンブラー」を聴いたけど、
もうめちゃくちゃ格好良かった。
グルーヴしなけりゃ意味はねえ、ってひさびさにぐっときた。
これはやっぱり寺さんがいいわあ(涙)

行くよー!とお客さんを煽るケイスケさんも
とにかく明るくて楽しそう。
テレキャスでギターソロをめいっぱい弾かれる姿は、
やっぱバンドスタイルならではに思いますた。
これがまたすっごい格好ええやん。そんでまたあの
ショットガンスマイルですからね。

新曲では、寺さんがなんとピック弾き!(笑)
10何年ぶりくらいにピックで弾いたって。
リクオさんがそれ見て「ああ元アナーキーの人やあって思った」
って(大笑)

本当にいいグルーヴのある4人。
たぶんいろんな意味で全員の波長がかみあってるんだと思う。
今回だけではもったいないよー(涙)
本当に楽しかった。
とりあえず、今回は来週の東京公演で一旦解散らしいんだけど、
また再集結あると願いたい(笑)


NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク