スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トミー、聞こえるかい?

今日は、Roger Daltrey 見に行って、本当に正解でした。

そもそも、今回は見送るつもりだったのです。
でも、東京公演を見た人の感想が、あまりにも良さそうだったので。

Rogerが名古屋に来てくれる! 実はそれだけでも
相当貴重なことかもしれない。しかも会場は自分が大好きな
名古屋市公会堂。考えを改めました。

rogerticket02.jpg


自分が、かのバンド好きなのかを改めて思い知った。
なんでこんなに好きなんだ?そもそも、どんなきっかけで聴き始めた
んだっけ、とそんなことを考えつつ、会場に向かいました。

覚えてる。中学校の頃だ。ある人がこのバンド名を口にして
それで聴いたのがきっかけ。


会場に行くと、なんと3階席は2階席に振替!( ;´Д`)
よ喜んでいいのか、わ悪いのか...
いかにも名古屋な事象ですわ… 

rogerticket.jpg

でも、すごく見やすい席でラッキー。
右横も真後ろも人が居ない。ので、結構がんがんアクション取れた。


オープニングから感動的。TOMMYの再現が、今また
ここまで胸を打つとは思いませんでした。
It's A Boyで既に泣いてました(苦笑)
換えてもらった2階席。周りは大人ばかりで大人しく見てる人
ばっかだったけど、自分は思い切りはしゃいでました…(汗)
TOMMYの素晴らしいエンディング後も、たくさんいい曲が
聴けました。Behind Blue Eyes とか Young Man Bluesとか
The Kids Are Alright とか I Can See For Miles とか。
もう全部歌えるがな。歌うがな。
Baba O'Riley はやっぱDon't Cry と歌いながら泣くよね(苦笑)

RogerのTOMMYへの思い、The Whoへの思い、
それを支える周りの思い、そして、
その音楽を愛してやまない人々が集う、そんな場に居られて
自分は確かに幸福であり幸運だ、と思わずにはいられない、
そんな夜でした。
Rogerも、僕はとても運がいいんだ、そしてこれからも
僕はラッキーだよ、って 言ってました。

Peteの弟であるSimon Townshendはお兄ちゃんの役を相当頑張って
こなしてました。
自身もシンガーソングライター。なかなか光は当たらないけど
素敵な曲をうたってくれました。チェックします。



素晴らしい2時間20分。Rogerはほとんど休まず。
素敵な夜でした。
また日本に戻って来てくれることを願わずにはいられません。
次は、もう一回、ぜひ、あのバンドで。
スポンサーサイト

お金かかるんだよ。

quattrotengoku01.jpg

4月15日(日)はクアトロ天国初日。天国だったな。


今年も無事、The Collectors@渋谷クアトロマンスリー 幕開けでした。
今年で10回目。記念すべき初回はソールドアウト。最高やね。

とことこ今回も上京。
去年ですっかり通い慣れてしまった渋谷クラブクアトロ。
今回は整理Noよかったんで、思いっきり前に詰めてみました(汗)

5時少しすぎに、名物店長高橋さんが野音に引き続き登場(笑)
相変わらず愛のある前説。素敵。

そして、呼びこまれたメンバーはなんとなんと、
「誰にも負けない愛の歌」のあのコスチュームで登場!

20120415quattro03.jpg

もしかしたら、的なフリがリーダーのfbであったけど
本当の本当だったとは。
正直、ジャケットで見るよりPVで見るより、生で、しかも
ステージ上で見るのが一番映えて見えました。本当にすっごく
ステージ映えするの。あれは予想よりずっと格好良かった。
全員格好よすぎ。よく見ると細かい部分とかすごくきれいに
作ってあった。さすがだなと。
リーダーは、わざと(だと確信できるが)あの汚れたスニーカーを
ちゃんと履いてきてた。
そしてオープニングは当然新曲でスタート。盛り上がる盛り上がる。
のっけから大合唱ですよ。
しかもその流れで虹色サーカス団! やってくれます。
さらにはそのつながりでAny Dream Will Do!
リーダーがタンバリンを両手に持って叩くパフォーマンスが
ちょっとあり得ないくらい格好良い。ひとつはあのターゲットタンバリン
でしたが、これが激しい。でもそれがびっくりするくらい良かった。

そのあとくらいかな?衣装がかなり暑かったみたいで、リーダー以外は
脱ぐ脱ぐ(苦笑) サテンですから通気性ないでしょうからね~
でもリーダーは前を開けた状態で脱がず(笑)
でもあの衣装似合ってたので、長く見られてよかったかと(笑)


525882_272251116200215_100002459859658_587513_653396766_n.jpg

201204150004.jpg

リーダーがやっぱ一番似合ってたかな。素敵でした。


で、セットリストはこんなんでした。


01. 誰にも負けない愛の歌
02. 虹色サーカス団
03. Any Dream Will Do
04. 東京虫バグズ
05. クルーソー
06. 恋のイナキュレーション
07. ミステイク
08. 地球の歩き方
09. たよれる男
10. 今が最高!
11. 扉をたたいて
12. ライ麦畑の迷路の中で
13. マネー
14. インスト
15. GROOVE GLOBE
16. タフ
17. NICK NICK NICK
18. スィート・シンディ

アンコール1
01. マナーモード
02. CHEWING GUM
03. 僕はコレクター
アンコール2
01. 恋はヒートウェーヴ


前半の選曲がかなり意外な感じで、でも
もうあり得ないような流れでした。
ちょっと熱心なファン向けなセットじゃなかったか?と。

個人的には。
まさかまさかまさかで。
恋のイナキュレーションが聴けたよー 
とうとう聴けたよー(号泣)
ホント、リーダーが歌い出した瞬間ぶわーって震えが
きたんだよ。 
こーたろさんとの後半の掛け合いも間近で見られて涙。

リーダーがThe Bikeでイーストウェストに出たとき
この曲で出たんだってね。凄いわ凄すぎ。
でも、その時通ってなかったから今のコレがある。

その流れでミステイクにつながっていくのもすごく
良かったな~

扉をたたいて、 これも嬉しかったな。
今回は なんだかこれまでにないツボをぐいぐい
攻められる感じのセットだった。
自分は大好きだった。
つーか前半好き過ぎ。そこまでで「今日来てよかったー」って
何度心の中で叫んだことか。


後半は比較的定番の流れだったかな。でも
すごくよかったな。
あ! 今回は青春ミラーがなかった!
でもこれはこれでよかったね。

終始、バンドは攻めの態勢だったと思う。
そこがまた素晴らしかった。
ライヴが途切れてないので、バンドの演奏の状態も
良かったかと。ただ時々音があれ?ってときがあって
これは自分が居た位置の関係だったかも。

武道館をやりたい、というリーダーに対してけっこうつれない
こーさん(笑) 「金かかるんだよねー」と(苦笑)
チケット代1万円までなら出そう!というリーダーやファンに
対して「そんなに出させらんないよー」というこーさん。
本当に実現できたらいいなあ、って思うけどね。

あと、今年歳男だというこーさん。
次は無い、と言い切る(苦笑)
60歳まで生きる気がしないらしい。結構洒落になってない(汗)
あり得そうで嫌だから言わないで、だね(大笑)

あと、何気に来年年明けのツアーが決まりつつあるらし。
そんなことをぽろりと漏らしてくれた。
それが、今回よりハードになるらしく、リーダーが
「まぢで!」と驚いていた。ははは(汗)
今回の地球の歩き方ツアーの反応がかなりよかったからなんで
しょうな。いいことです。

本編ラストのシンディも格好よかったなー。聴いてて気持ちよかった。

アンコール。

マナーモード好きだな。でもここに持ってくるとは。


投げられて床に散らばったガムをしゃがんで拾いながら
客席に投げ返すリーダーは初めて見たよ。これは驚いた。

gum20120415.jpg

こんなん投げてみたよ。


コレクターが終わって一回メンバーが退場していく間に
会場でかかった「愛の歌」に客全員が反応して大合唱。
当然メンバー再登場でしたね。最後は熱波。

あっついライヴでした。暑かった…
終わった後、頭の上から水かぶったみたいになってた…


速攻退場して某所で着替え。
fbでお知り合いになった人々との交流会に(笑)
参加してきました。
もう、面白い面白い面白過ぎる(大笑)
ライヴ後も最高でした。


残り4回も全部ソールドアウトになるといいね!
はー また次回!

君に借りたアビーロード。


誰にも負けない愛の歌(DVD付)誰にも負けない愛の歌(DVD付)
(2012/04/11)
ザ・コレクターズ

商品詳細を見る


というわけで、手に入れました。
イベント参加券の関係で某女史にお手数かけさせました…(汗)
ありがとうございました。

で、さっそく視聴。
やっとフルコーラスで聴けました。
確か、年初にシングル発売が急に決まって急いで曲の製作が
あったという話。
個人的な本音を言えば、もう少し曲をあっためる時間があったら
もっと良くなったんじゃないかな?という気もするのですが。
どっちも好きなんですけどね。

A面(笑)のキラキラカラフルで、はじけた感じとは 
対照的なしんみりトーンのB面も 自分はとても好きっす。

A面の「レコード」は、地球の歩き方から引き継がれたような
スケールの大きなレコードの話なのだけど。

B面の「レコード」の大きさは、自分の腕の中にある大きさで
なんだかきゅっと沁みる。自転車のカゴの中で跳ねるレコード、
っていう映像、自分にも記憶があるよ(笑)
そうか、ビートルズはそうつながっていってたんだ、と。
あと、何気に、大好きなあの曲のアンサーソングのように
聞こえるのが自分にはかなりぐっと来てます。

ここに留まる理由はない、っていうフレーズ、
ちょっと、どきっとしたりして。

ジャケットは、軍曹フィーリング。
ピンクのキリンの謎、わしは感づいてしまった?ようなのですが
もし本当にそうならちょっとわかりにくいやろ、とも思った(苦笑)

DVDも新曲のPVと今年のブリッツのGROOVE GLOBEは新出でしたが
クアトロの映像は既出だったのがちょっと残念ではありましたが。
他の映像も出してくれたら嬉しかったなーと思いつつ、
ここ最近相当なハイペースでDVD出してること考えると
キビシイかとも(汗)
でも、あの百億は神だから、売っていいか(笑)

サクラサクラ。

今日は午前中に近所の某公園に行き、
午後からは友人らの花見に合流。桜三昧な一日でした。

shiratori01.jpg  shiratori02.jpg  shiratori03.jpg  shiratori05.jpg

上がまずS公園の様子。まだ8分咲きだった。もう少し楽しめそう♪

tsurumaipark20120408.jpg  tsurumai03.jpg

鶴舞公園はほぼ満開。きれいでした。
しかし、恐ろしい人手。混み混みでトイレは長蛇の列でした…

光を探して。


ホーボー・コネクション VOL.1(DVD付)ホーボー・コネクション VOL.1(DVD付)
(2012/04/10)
リクオ、梅津和時 他

商品詳細を見る


昨日は仕事が終わってから(定時には終われなかったけど)得三まで猛ダッシュ。
リクオさんプレゼンツのHOBO CONNECTION 2012というライヴを見に行きました。

リクオ、山口洋、そして中川敬という個人的には御三家な(笑)三つ巴。
これを名古屋でなんて、なかなか見られない。

自分が会場にたどりついたのは9時少し前。
会場は相当な入りで、重いドアを開けて、すぐ前に立つしか
なかった(苦笑)自分がその日最後にやってきた観客だった。
まわりは背の高い男性ばかりなので、隙間から垣間見える
3人をちょろちょろと。
自分の入ったタイミングはちょうど曲間で、
巨匠がどーの、という話でした。
パラノイアボヘミアンブルーズ、荒れ地にて、ミラクルマン、くらいで
本編終了でした(苦笑)
でも、あの3人で歌う荒れ地にて や 満月の夕を聴けたのは
嬉しかったな。短い時間だったけど堪能。
実際はおそらく3時間弱の長さだったと思います。
3人ともが笑顔。すごく楽しんで演奏されましたね。

ライヴ後、会場を見渡せば知ってる顔だらけ!
まさかの顔がそろってしばし盛り上がりました。

ライヴ後、CD+DVD購入。またゆっくり楽しみます。
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。