スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロールバンド人生♪

ロックンロールとコレステロールが似てるって話から(汗)


7月は実はまさに、自分にとってはザ・コレクターズ強化月間(苦笑)
日曜日3つ、コレクターズを見に行きました。うん。

最終日曜は大阪。大阪心斎橋JANUSにて土曜日曜で2Days。
日曜のみの参戦でしたが楽しかった!

今回もアーバンライナーで大阪へ。快適。

1時過ぎに到着。京都と大阪の友人とおちあって、ここ最近は恒例の
インデアンカレー@クリスタ長堀。初めてレギュラー量で頼んでみたら
相当な量でしまった!と思ったけど、食べてみたらぺろり。
名古屋にあったら絶対通うな。

indiancurry20120729.jpg


JANUSのあるビルに移動して、1階のダイニングでくつろぎながら
時間をすごす。ソファー席でゆったり。ここですでにビール(笑)
いい感じの場所。

janusdining01.jpg

janus20120729004.jpg
janus20120729003.jpg
janus20120729board.jpg


4時半に開場。初めて訪れたJANUS。新しくてきれいなハコ。
横長なのね。以前の心斎橋クアトロを思い出す。
余計なものがなくて後ろからも見やすそう。
自分は2列目確保(笑)

5時10分くらいだったかな?開演。
以下セットリスト、です。


7/29(日)@心斎橋・Music Club JANUS

01. 暗闇の男
02. カメレオン・ダイナマイト
03. 空想科学旅行
04. 東京虫バグズ
05. 誰にも負けない愛の歌
06. あの娘は電気磁石
07. SO SAD ABOUT US
08. たよれる男
09. SUMMER OF LOVE
10. THE HAMMER AND SICKLE
11. 真夜中の太陽
12. 魔法のランプ
13. マネー
14. インスト
15. 青春ミラー
16. GROOVE GLOBE
17. ミリオン・クロスロード・ロック
18. タフ
19. がんばれ!G. I. Joe
アンコール
01. 恋はヒートウェーヴ
02. NICK NICK NICK
03. CHEWING GUM
04. 僕はコレクター

2012.7.29~3 (1)


スーツ姿での登場のこーさんにまず歓声。
一日目は白シャツだったらしいし、ここは意外な展開。らっきー
リーダーは熊谷と同じストライプスーツ。素敵♪
1日目はオレンジのあのスーツだったそう。

ヤードバーズだったらコータローさんがジェフ・ベックで
リーダーがキース・レルフという例え。なんでこんな話だったんだろう(汗)

オープニングの暗闇の男はやっぱいい。ここでまた聴けるとは。
始まりかたがまさにザ・コレクターズらしい、って思う。
スリリングでエキサイティングな展開の曲。ドキドキ感がたまらない。

空想科学ロケット旅行で「とても退屈な日曜 僕か何処か連れてってあげよう」
ての、やっぱいまだにぐっと来るね。
すごく短い曲だけど、なんであんなにわくわくするんだろう。名曲だよね。

Summer Of Loveの最後で一緒に指揮するの昔から。いつも参加するよ。
意外に皆やらないんだよね。

THE HAMMER AND SICKLEまた聴けてラッキー。わしは大好き。
あのハードめタイプの曲、コレさん的にはそんなにないからね。
演奏もリーダーの歌もパワフルですごくいい。

昨日の青春ミラーもきっとリーダーの寿命を3日くらい縮めたかな、
ってくらい熱かったよ。

ここ最近So Sad About Usがいつも聴けて嬉しい。うふうふ。
いつだって一緒に歌うよ。
もっと他の曲のカヴァーもまた聞きたいな。The Whoに限らずね。

マネーに行く時の感じが異様にぎこちなくなっていましたよね(笑)
こーさん苦笑全開だった。

珍しくこーさんがインストの前に小里君とQちゃん紹介。いいよね。
Qちゃんは次の日が誕生日だったのもあったからかな。

G.I.Joeのぐっちゃぐちゃ感すごかった。でも気がつくと跳びはねてたよ。
「整列!」で始まるあのセリフ部分がわしはやっぱ大好き。
あのときのちゃっちゃんはまじで格好いい。

同日2Daysで大阪ドームでGRAYのコンサートがあったらしく、そんな話題も。

でも、悪いけどこっちのほうがずっと格好いいと私は信じて疑わない。

あせもができたちゃっちゃん。暑過ぎるよね。
お着替えタイムが欲しいコータローさん。確かにスーツはアツイよね。
ライヴ中こっちもずっと汗止まらないくらい暑かったし、熱かった。
リーダーもコータローさんも汗だくでしたね。リーダーのストライプスーツの
色変わってたし、こーさんも途中ジャケット脱いだときに汗びっしょりなの
わかった。
こーさんの火野率が高い高くないの話もおかしかったね。
実は同じ誕生日なのが最高でした。

そういえば、革靴のひもがほどけた後のこーさんが
ひもを結ぶ姿がすごかった。アンプに思いっきり足のせてる(大笑)
まあ、ああなるのはわからなくはないけど、リーダーも
「どーいう格好してるのよ」って言うよねー

コータローさんの新曲へのリアクションの話も面白かった。
新曲枠空けて待ってるのにー♪ ってね。ぶふ。
でも、ちゃっちゃんが書いた曲を気に入らない時のリアクションも
わかりやすくて最高。

リーダーはあのサイクリングシャツ→パープルのCETシャツ。
コータローさんは白DTDシャツ着てたね。

リーダーの、倫敦パディントンでお店番の巻な話いいね。
倫敦じゃずっとチャルメラ食べてたこーさんの話も。
電圧が高過ぎてあっという間にお湯がわくとか。
味が塩か酢でしかない話、それは同意します(笑)

個人的にはかなりべスポジでリーダー見られて良かったです。
最後ひさびさちょこっと、触っちゃったよww

終始汗は止まらず、終わった後は風呂上がり状態でした(爆)

今回も楽し過ぎる2時間でした!

ライヴ後はJANUS近くの韓国料理屋で打ち上げ(笑)
その後帰名しました…

こんなライヴ月間そんなにないので、充実してました。はい。
満足満足。

*****************************************************************
今回の大阪JANUSは土日の2days。

一日目も参加した友人がセットリストを必死に記憶してくれていました。
ありがとうございます。
他の情報などから補てんして、こんなリストだったようでし。

01. SUMMER OF LOVE
02. ミリオン・クロスロード・ロック
03. 恋のしわざ
04. 東京虫バグズ
05. 誰にも負けない愛の歌
06. マイチェルシーブーツ
07. タフ
08. たよれる男
09. TOO MUCH ROMANTIC!
10. 25歳のヘンリエッタへ
11. 地球の歩き方
12. Stay Cool!Stay Hip!Stay Young!
13. 真夜中の太陽
14. 百億のキッスと千億の誓い
15. マネー
16. インスト
17. GROOVE GLOBE
18. NICK NICK NICK
19. Dreamin'
アンコール
01. CHEWING GUM
02. SO SAD ABOUT US
03. 僕はコレクター


ヘンリエッタだよー 聞きたかったな。これでしょ。いい曲だよ。
マイチェルシーブーツも百億も聴きたかったな。
スポンサーサイト

00年代を少し考えてみた。

先日(7月24日)も伊藤銀次さんのfacebookウォールにて、
元春レイディオショーの実況があり(笑)
00年代以降のブリティッシュロックということで、
さんざん自分も騒がせていただきました…。

ブリティシュロックにおいてやっぱ00年代って
Coldplayのディケイドだった気がしてます。
(もしくはRadioheadだったかもですが)
自分は実はColdplayはそこまで好きではないのだけど、
彼らの存在がああいうミュージックシーンを呼んだのは
間違いないのだと思う。もちろん、リバティーンズもいたし、
彼らも本当はもう少し日本でも知られていい存在だけど
(実際あっちではピート・ドハーティってものすごい存在感だし)、
Coldplay is much more popular in Japanだからね。
やっぱ歌モノであって馴染みやすいってのもあるのかな。
銀次さんがおっしゃったとおり、ちょっと全体的にまったりめ。
もう少しロックってexcitingでいいんじゃない?って
いう疑問は自分は常にありました。 ‎
00年代にはいって、さらに音楽が細分化した面もあったし、
必ずしもロックだけが刺激的ではない時代に完全に突入した、
というのもあるのでしょう。そこにはインターネットの存在も
大きくあるし、聴く側の音楽の触れかたも大きく形を変えたからね。 
自分は正直、古い考えの人間なので、いまだにDLに馴染めないし
余程じゃない限りDLで買わないし(笑)自分はシャッフルで
音楽聴かないタイプです(笑)何かのアルバム聴くなら
最初から最後まで通しで聴かないと気が済まない方(汗)
 
今は無理に合わす必要もないしね。 
でもまたアナログが復活してきてる面もあるし、音楽の楽しみ方も
人それぞれでいいよね。 新しいものを追うもよし、
例えば70年代にスティックするのもよし、だと思う。
それだけ選択肢が広がってる、と考えればいい時代なのかも。

ラジオを聞いててこのようなことを考えていました。

紹介された曲のなかに、Stereophonicsの Innocentがあったのは意外でした。



銀次さんが「佐野君が好きそうな曲だよね?」っておっしゃってて
なるほど、と思ったのですけどね(笑)



銀次さんが McAlmont and Butler好き!っておっしゃって激しく同意でした。
わしも2枚目のほうが好き。

涼しい熊谷とうちわ祭りのブルーズ。

↑ちょっとコータローさんのブログっぽいのを狙った(汗)

少し遅くなりましたが。
7月22日(日)。日本一暑い街、熊谷初上陸(笑)
リーダーの地元なのね。だからずーっと一度行ってみたかった。
地元のお祭り「うちわ祭り」にあわせてのライヴ。

taremaku.jpg
matsuri03.jpg
matsuri02.jpg


正直、行ってみて、すっごい立派なお祭りで度肝抜かれました(汗)
うちわ祭りがあれほどの規模だとは知らなかった。
もっとちゃんと早い時間から来るべきだったなと思った。
時間がまったく無かったので、ちゃんと観光できなくて残念。
お化け屋敷、時間があったら入りたかったよ(大笑)
次に行く時はもう少し計画的に攻めます~
時間がないなりにも、八木橋百貨店視察には行ってきたけど(笑)

yagihashi.jpg

今回も地下食品売り場でコータローさんのサイン入りさるかに
売ってたらしい。
わしは間に合わなかったけど(涙)

kotaropop.jpg


heavens01.jpg


もうひとつ残念だったのは、日本一暑い街のはずなのに
当日はすっごく涼しくて拍子抜け。地元の人の話でも
「こんなことはほんとうに稀」とのことでした。
ある意味レアな体験だったのかもしれませんな。

今日のリーダーは郷土愛に溢れてたよ。
話を聞けば聞くほどどれだけ自分のホームタウンを愛してるのか、
本当によくわかる。
コータローさんやQちゃんに「素直になりなさいよ」って言われてたね。
実際、素敵な街だと思ったよ。

ライヴはもちろん楽しくて素晴らしかった!
今日の熊谷はずいぶん涼しくて助かったけど(ほんとは噂の灼熱を経験したかった
のだけど)、ヘヴンズロックは熱かったよ~ 文句無いっす。


うちわ祭りにちなんで、特製うちわも全員にプレゼント。
uchiwa02.jpg
atsubeuchiwa.jpg

実はメンバーがこのうちわと同じ衣装でステージに現れるという仕掛けでした(笑)

コータローさんがまた映画に出演したという話から、
俺はつぶしがきかない的にしょぼくれるリーダーに
「バンドは曲とシンガーだよ」と
コータローさんにたしなめられるリーダーがかわいかった
のでした。もう、ただの駄々っ子やん(大笑)

ライヴ前に、コータローさんは僕の街やったら?って言ったのかも、的な
MCがあったよ(笑) 
なんで自分の街の曲を覚えてこないの?ってリーダーが言われてた(爆笑)
聞いてみたいと思ってたファンも多かったはずよ、リーダー(大笑)

以下セットリストです。

HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1 19th ANNIVERSARY
"ポップだ!ビートだ!コレクターズだ!"
7/22(日)@熊谷・HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1

01. SUMMER OF LOVE
02. カメレオン・ダイナマイト
03. 恋のしわざ
04. 東京虫バグズ
05. 誰にも負けない愛の歌
06. SO SAD ABOUT US
07. JET HOLIDAY
08. たよれる男
09. TOO MUCH ROMANTIC
10. 地球の歩き方
11. みんな気をつけろ
12. 今が最高!
13. 真夜中の太陽
14. 百億のキッスと千億の誓い
15. マネー
16. インスト
17. GROOVE GLOBE
18. NICK NICK NICK
19. がんばれG. I. Joe!
アンコール
01. CHEWING GUM
02. スィート・シンディ
03. 僕はコレクター


オープニングはSummer Of Loveでしたね。本編最後はG.I.Joe。 
So Sad About UsやToo Much Romanticは中盤に入ってきました。
7月のクアトロの曲順ベースな感じだったね。
そうそう、百億もあったよ。意外だった。 
シンディをアンコールにやった!のも驚きでした。
あと、すっごく嬉しかったのは、みんな気をつけろが聴けた!
これ、わしライヴで聴いた記憶ない。初めてだったかも。ひー
あれは熊谷スペシャルだったと思います。

正直、連日のライヴや他の事もあってか、
リーダーはちょっとお疲れモードだった気がします。
声が出切らないときもしばしばで。
でも、やっぱ地元だ!ってのもあって気合で乗りきってたかも。
友人も言ってたけど、真夜中の太陽から百億あたりの流れは相当
きつかったはず。でも歌いきってたしね。あれは格好よかったと思うよ。
ライヴの最後で、「後ろの方の人が見えないかもしれないから」と
リーダーがステージに箱を積み上げてその上に乗っかったりしたのが
なんだかね、すごく良かった。あんまりそんなことする人て
イメージじゃなかったし。コレさんは皆背高さん揃いですしね。
コータローさんや小里君にも続いて
乗っかってもらってたのがほほえましかったです。
皆ちょっと照れくさそうでね。

あと、7月のクアトロのときもやってたインスト、すごく格好よかった。
でも絶対何かの曲ベースになってるな…と思ったので
思い切ってコータローさんに直接お伺いしたら
エディ潘とオリエントエクスプレスの「オリエント・エクスプレス」
という曲のリフ部分をジャムったんだよとお返事くださいました。
ありがとコータローさん(涙)
どーりで前日の横浜のライヴの後に、それっぽいことをつぶやかれてたわけだ。
納得でした。

楽しい遠征でした。fb友ともたくさんお会いできましたし。
また行きたいな、熊谷。
次はソールドアウトかな。だといいね。続け右肩上がり。


また写真も追加しまーす

葬式から帰ってきた旦那。

↑ステージ上でネクタイをはずしてるこーさんを見て
リーダーがそう表現しました。
ええ、あれはなかなかせくすぃーです。離婚を思いとどまります(笑)
そのあとタイを頭に巻こうとしたこーさんもナイス(笑)


7月8日(日)。今日もトーキョーシティーに向かう。

ザ・コレクターズの渋谷クアトロマンスリー7月の巻。第4回。
いつもより少し早めの到着。

何故かというと。
ファンクラブのリハーサル見学に去年に引き続き
また当たったから。らっきーみー。
おそらく本人たちはずっと先に始めてると
思われるのですが、我々が入れるのは2時10分ころから
20分間。もうほぼ、その日の形が見えたくらいからだと
思います。外に居る時に聞こえたのは青春ミラー。
入ってく時にはGroove Globeで、マネーやSo Sad About Usは
ほとんどフルで聴けた。あとSummer Of LoveとかBUGSとか
ほんと確認な感じで。最後に「お別れの曲」で本編には
やらないBiff Bang Pow!が聴けました。うひひ。
タンクトップ姿のコータローさんを見て、去年見たときの姿を
思うとずっとがっちりだったので、ああ、やっぱ去年は骨折った
直後で食べられないときだったからかなと思ったり、
逆にリーダーがやっぱ痩せた?ように見えたり。
実際そうだと思うんだけど、やっぱあの奇抜スーツ着ると
がっちり見えるのはあると思うな。
ま、リハならではのラフさや、力の抜き方も見えたり
ああ、あんなやり取りをするんだな、てのがわかったりで
こっちも素人なりに面白い。楽しかったな~

今回もソールドアウトなので、早めに入場。
とりあえずPA卓前に陣取る。
でも早い時間からどんどん目の前に人が埋まる。むー。
今回もマナブさんのDJに待ち時間は飽きず。
ほぼ5時にスタート。

01. 暗闇の男
02. カメレオン・ダイナマイト
03. 空想科学ロケット旅行
04. 東京虫バグズ
05. 誰にも負けない愛の歌
06. 彼女は電気磁石
07. SO SAD ABOUT US
08. たよれる男
09. SUMMER OF LOVE
10. スターズ・オブ・バルコニー
11. 真夜中の太陽
12. 魔法のランプ
13. マネー
14. インスト
15. 青春ミラー
16. GROOVE GLOBE
17. ミリオン・クロスロード・ロック
18. タフ
19. がんばれG. I. Joe
アンコール1
01. TOO MUCH ROMANTIC
02. 恋はヒートウェーヴ
アンコール2
01. NICK NICK NICK
02. CHEWING GUM
03. 僕はコレクター

306505_246075742176277_2050875449_n.jpg

↑開演3分前の楽屋前だそうです。のれんは、渋谷クアトロからの
プレゼントだそう。

今回の驚きは、まずコータローさん。いきなりスーツ!
これが客がまずびっくり(笑)
しかもかっちりネクタイまでしてる。おほほ。
あれ、去年の25周年ネクタイだったよね?
そして、一曲目がなんと「暗闇の男」。もう本当にびっくり。
これは意表をつかれました。ほんと、いったい何年ぶりに
これライヴで聴いたんだろう...てか聴いたことあった?
すごく嬉しかったなー
リーダーは濃いオレンジ×薄いオレンジのチェック?に
濃いめのライトブルーのシャツ。それに真っ赤な靴(笑)
靴はABCマートで急遽買ったらしい。靴にこだわるのは
まあお洒落の基本と言うことで。でもABCマート(大笑)
リーダーは鮮やかな色がよくお似合い。今日もそうでした。

553883_321369064621753_1969775073_n.jpg
380609_321183314640328_863687557_n.jpg


比較的初期の曲が多かったような。
電気磁石や空想科学ロケット旅行(!)嬉しいよねー
So Sad About Usがあそこに入ったか、というタイミングだった。
自分はスターズオブバルコニーが聴けたのも超嬉しかった。
大好きな曲。そして真夜中の太陽も。名曲だ。
どっちもリーダーらしいラヴソング。
真夜中の太陽のとき、コータローさんギター持ちかえてた。
ここ最近、本編で彼がギター持ちかえるの
見たことなかったのでびっくり。でも音色で成程でしたが。
見たことない白いギターだったなあ。ストラトでもないし。
ビザール系のギターかな?
高校生の頃、彼があみ出したという「ルミちゃん奏法」が
ツボ。あとサンタナの物まねに笑う。皆、顔ああなるんだね。

今回のインストも格好よかった。あれも何かの曲ベースなのかな?
リーダーの後半のシャツも可愛かったね~

後半はライブ定番系に、最後はG.I.Joe!
リーダーが後半でセリフを言い始めるところ、いっつも以上に
格好よかった。声の入り方がすっぱーん!と本当に切り裂くように
始まった。あまりの迫力に思わずのけぞったよ。
この頃になると実はかなり前方に進んでました(笑)
本編最後のこの曲でずーっとジャンプし続けられてる自分に気がつく。
もう、完全に20歳くらいに戻ってるから(苦笑)


今日のリーダー、「どうだ!」的な感じでしたね。
いつになくどや顔多し。でも、それも凄く格好良かった。
やっぱ自分の同級生が多数やってきてたのもあるでしょうが
その感じがまた格好良かったと思います。

アンコールは今回は2回に分けてた。
Too Much Romantic!にNICK!×3。ニックがアンコールなの
すっごい久しぶり。
このときリーダーはモノトーンのサイクリングシャツで
こーさんは新DTDTシャツ着てた。

そしてもう一回出てきたときには、例のCHANGE ENERGYTシャツで
登場なリーダー。あのピンク似合うよね。
最近、最後でリーダーがガムを投げ返すようになったね(笑)

今日も大満足。というか、自分は先月より好きだった加茂。
先月もよかったけど、今月のほうが、また自分にとってより
好みに近かったかも。

MC。今日も面白かったよ。
書けない内容もあったけど(笑)

いいバンドだね。コレクターズ。今日も、見てて、
本当にこれが終わらなければいいのに、ずっとこのバンドを
こうやって見続けていられたら、本当に幸せだし最高だな、と
思わずにはいられませんでした。
自分も彼らのロックンロール人生にひょいとのっかってしまった
だけかもしれません。これが面白くて止められない。
死ぬまで付き合うくらいの愛はあるよ(笑)
これからも楽しみです。来月のファイナルも期待!
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。