スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビザールギター放談。

コータロー&ザ・ビザールメンアルバム発売記念?
ビザールギターコレクターのあしゅら紅丸さんと
ヒサシ・ビザールのビザールギター対談。
濃い(笑)

スポンサーサイト

降りそそぐ雨の中で。

今夜は、大阪からS女史来名。

自分の結構な地元なのに、
まったく行ったことのなかったミュージックバー。
ここで彼女の愛してやまないあの人が20数年ぶりに
名古屋でライブ。私も当時彼らの存在を知っていたのに
ライヴを見る機会のなかった方。
ちょっとどきどきしながら行ってきました。

yozorabarsign.jpg

地下鉄名港線築地口駅の地上すぐ。
夜空に星のあるように、というお店でした。

livesign1026.jpg

黒水伸一さんと
信夫正彦さん&伴慶充さん という組み合わせ。

shinobuban.jpg

まずは信夫くんと伴さんの2人で。
信夫くんの歌は初めて聴きましたが、シンプルで
結構好きで心地よかった。
ギターにキーボードにベース。マルチに活躍でしたね。
伴さんを見るのは、たぶん10数年ぶり。
熱波のサポートをされてたときに見て以来。
お元気そうでなにより。

kuromizu003.jpg

黒水さんは私が15、6の頃、
名古屋ローカルで深夜ラジオ番組のDJをされていました。
彼のバンドの名前はThe Shakes。
彼のかける洋楽が好きで、ちょくちょく聞いてたのです。
当時、かのバンドにはそこまでぴんと来てなかったので
曲もラジオでかかるものしか聞いたことがありませんでした。

でも、彼が急にそのラジオのオープニングコールを始めた
時はぶわーって鳥肌がたちました。

「黒水伸一のSF ROCK STATION Wednesday Night!
今日の一曲目はThe WhoのI Can't Explain!」 

と言われてその演奏が急に始まった時の格好良さったらなかったす。
あれ、当時彼らのファンだった人だったらぶっ倒れる
格好良さだったはず。
うわ!本物!(<馬鹿)って思った。

一気に当時ラジオを聴いてたときの記憶がよみがえって
気持ちもその頃に引き戻されました。

ライヴはシンプルでど直球勝負。
最初少し緊張されてたかもしれない。20数年ぶりの名古屋で。
でもエンジンかかってきたら一気にトップギアでした。

しばらく音楽から遠ざかってた時期があったそうですが
勝手なことを言わせてもらえば、彼は音楽なかったら
きっと本当に駄目なんじゃないのかな、って私でも思うほど
それくらい音楽への愛情が全身からほとばしって
おられました。
黒水さんもいったいどれだけ音楽好きだよ、
てのが溢れていらっしゃいます。
それを奪われたら生きて行けない、
と言われても何にも不思議じゃないくらい。

Standing In The Rainは覚えてた。一緒に歌えた。
素敵な時間を過ごすことができましたよ♪

20121026kuromizu.jpg


サポートは、
かつてのバンドメンバーだった伴さんと
自らも歌うたいの信夫くん。いいセッションでした。

「約束はできないんだけど」と前置きして。
「また、ここでやってもいい?」って。
なんだかとてもうれしかったよ。
本人さんもなんだかとても楽しかったのか、
「もっとやっていい?やっていい?」って
予定外の曲を数曲やってくださったようです。

S女史はやっぱりどろんどろんだったみたい(笑)
本当に彼のファンなんだなあ、と改めて。
旦那さんにも、彼のこと言えないそうです。
今でも好き過ぎて。凄いね(大笑)

なんかね、いろんな話とか自分の記憶とかそういうのが
全部ごっちゃになってすごく不思議な気分でライヴを見てました。
 
でも、S女史や某女史(笑)がかのバンドを
どうしてそう愛してたのかが、
すごくよくわかった気がしました。


「16の頃ラジオを聴いてた」と言ったら
「歳がばれるよw」なんて
言われちゃったけど(笑) いいのさ。
もっと早くにライヴ見に行ってないといけなかったね(笑)

そーいえばNOWHERE号でやってきてたそう。
「あのふたりは旅慣れてるんだよね」と
黒水さんおっしゃってた。
ふだんは東京のみでしかライヴやってないそう
だからね。これを機会に、また少しずつ
外に出てくれたらいいのに。

S女史に誘われなければ、行くことはなかったライヴ。
こんな素敵な空間に誘ってくれた彼女に感謝。


また見に行くよ。来てね。

青い瞳の奥には。


Who's NextWho's Next
(2006/01/31)
The Who

商品詳細を見る

今夜はWho's Nextを聴いてます。

10月9日はJohn Lennonだけじゃなくて
John Entwistleも誕生日だったんだよ。なーんて。
The Oxは4つ下なのだね。
もうどちらもこの世にはいないけど。

どっちもほんとうに大好きなJohnだよ。

Who's Next もう何度聴いたかわからない。
ここにある世界が好きだとしか言えない。

2004年にウドーストックでBaba O'Rileyのイントロが
始まった瞬間、全身の毛がよだったのを思い出す。
PeteといっしょにIt's Only Teenage Wasteland-♪と
歌ってるのがほんとに信じられなかった。

The Song Is OverのNicky Hopkinsのピアノが好き過ぎ。
名演だと思ってる。
続くGetting In Tuneも彼のピアノ。
彼のセッションプレイヤーとしての魅力全開です。
曲とちゃんと溶けあっててでしゃばって無いのに、
ピアノのフレーズはちゃんと耳に残るだけの主張がある。
ただのSession Manじゃない。

Behind Blue Eyesは今年見たRogerの来日公演でも
披露されて、ものすごく良かった。
一緒に歌ってて泣いてた一曲。

もう2度と騙されないよ、という曲で終わる
このアルバム。
リリースされて41年たった今でも
あり得ない説得力をもって存在してると思ってます。

これからも聴き続けます。

もう騙されやしないさ。

真夜中のThe Who。 


Kids Are Alright - O.S.T.Kids Are Alright - O.S.T.
(2001/04/17)
The Who

商品詳細を見る


たぶん、自分がはじめて買った
The Whoのアルバムはこれ。16歳くらい。
まず、単によくわかってなかったのと、
とにかくこのジャケットが恐ろしく好きだったのが理由。

サントラだけど実質ベスト盤な内容。
映画見る前にこっち聴いちゃったんで、冒頭の
あの、人を食ったよーなやりとりは当時はなんとなくしか
わからなかった。My Generationの最後になんで
爆発音が入ってるのかも全く理解してなかった(苦笑)

でもこれ、いったい何回聴いたかわかんない。
訳も分からず、とにかく好きだった。
どの曲も大好きだった。当時は歌詞カードは見ない派(汗)
だったのでぜーんぶカタカナで記憶してた。

あとから、もっと最初からちゃんと見とけばよかったと
思ったりはしたけど(苦笑) 

大好きなThe Whoが詰まってます。

新譜やら新刊やらもーほんとにいろいろ。

コレクターズを取り巻くところで、いろいろあるので
まとめてレビューしよーと思ってて、なかなか出来てません(汗)

10月1日(月)は下北沢Queでワンマンだったけど
行けなくて残念。友人らの話をいろいろ聞いてうほほーと
いった感じ(汗)なんと、ワンマンライヴで本当にひさしぶりに
ガム無しだったそうね。至近距離すぎて皆痛かったんだろか(汗)
珍しい曲もやったと聞きました。

実はガムをやらない時期があったよね。
わしも何度かそんなライヴを見たことがある。

今回はそんな深い意味は無い気がしますが。

11月21日にシングルが出るので、それの披露はあるのか?と
期待しましたが、今回はまだ無しだったようですね。


未来地図(DVD付)未来地図(DVD付)
(2012/11/21)
THE COLLECTORS

商品詳細を見る


今日PVの撮影だったそうですので、それにともなって
ジャケ撮影もあったかもですね。 楽しみです。

池袋交差点24時の本も、順調に売れてるようです。よかったね。
初版は残りそうにないね(笑)

池袋交差点24時(P-Vine Books)池袋交差点24時(P-Vine Books)
(2012/09/07)
加藤ひさし、古市コータロー 他

商品詳細を見る


ビザメンで先月上京したさいに池袋に足を伸ばしました。
そのときの写真。
junkudoikebukuro.jpg

ジュンク堂でのイベントに行った友人らの話では
実際は一時間のトーク。
これまでに話したことのあるネタも飛びだしてた
ようだけど、会場は常に大爆笑だったようです。
池袋のジュンク堂、実際にコータローさんのテリトリーって感じ
ですものね。リラックスした雰囲気で良かったようです。

ikebukuroohhashi.jpg
chimn.jpg

実はこの下の真っ白な建造物が気になって気になって
てくてく近づいて行ってみたのです。
そしたら完全に無意識に池袋大橋にたどりついていました(爆)
そ、本の表紙を撮影されてる、その場所でした。

実はこの逆向きの感じで撮影されてるのが
ビザメンのアー写だったりするのね(笑)

そしてほんとうはちゃんと書きたいビザメンレヴュー。もう少し。
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。