歌詞に迫る。

だから「ソングアプローチ」てことですかね。

NHK ソングアプローチ

4月7日からスタート。
NHK-FMでリーダーレギュラー出演です♪
ソング・アプローチ、そうきたか、でした。
歌詞を掘り下げ過ぎずほどほどに、と
言った感じ。
あのあおい洋一郎さんと近藤サトさんの
朗読はわざとだとは思いますが
思いっきり狙ってるんですよね(汗)

個人的には、リーダーがJ-POPの歌詞のことを
語るってのはほぼ無いことなので面白い反面、
彼のほんとうの得意分野ではないところで
ザ・コレクターズの加藤ひさしさんと
しての魅力がどこまで出せるのか
今日の第一回だけだとまだ未知数。
イメージとしては、やはり洋楽のことを
少しマニアックに語らせると面白いような
印象が強いし、そういうDJをやらせるほうが
きっと彼には合うことなんだろうと思うの
ですが。

何はともあれ始まったからね(笑)
今後内容がどうなっていくのか楽しみ。
まあ、歌詞をネタにのトーク番組という
捉え方のほうがいいかもしれませんね。

さて、どれほど続くかこの番組。
楽しみにしたいと思います(笑)
ほんとはもっとリーダーの良さが出るプログラムに
なるといいなあ、と願ってやみませんが。
スポンサーサイト

僕の街。

3月31日(日)は、朝早起きして一路埼玉県・熊谷へ。

午前中から、facebookでつながった地元の方のご厚意で
熊谷マジカルミステリーツアーに参加。
リーダーの加藤ひさし氏の地元が熊谷。
ポッドキャストでもたびたびお話が出てきます。
地元の方が案内してくださるからこその
コレファン的にはたまらないスポットの
目白押し(笑)なによりも、熊谷愛に溢れてる
方々のご案内。ありがたや。多謝。
まずは八木橋百貨店へ。
ここもすでにPの聖地(笑)

yagihashiokujyo.jpg

八木橋百貨店での電車フェアもなにげに
結構気になりましたw
仕掛け人はかの宮Gさんだそうです。
少しご挨拶もさせていただきました。

testudoufair.jpg


katoreahall.jpg

ビザメンでおなじみ(笑) あのカトレアホール!

sarukaniyagihashi.jpg

さるかにもPOP付きで売ってた♪

郷土の本コーナーにあったPOP(笑)
kyoudonohoshi.jpg

shiminhall.jpg
熊谷市民ホールは、あのThe Bikeでコンサートをやった会場。
今は老朽化してきてて、来年?取り壊しなんだって。
なんだか切ないね。でも壊される前に見られてよかったな。

michinoekimenuma.jpg
道の駅めぬま、にも。

tororooinari.jpg

特産の大和芋のとろろうどんと、あのお稲荷さんのセット♪
おいなりさん美味しかったな。

negirai.jpg

ねぎ+ライチ、で「ねぎらい」という名のジェラート!

huraiyakisoba_20130402030325.jpg

あの「フライ」も売ってたよ!
食べてみたかった。


妻沼エリアのディープな散策。

clubdo.jpg

クラブ堂は、リーダーの同級生のおうちだったっけ。
お母さんに「加藤君は5歳のころから変わらない」って言われた
あれじゃないかな。

そして妻沼聖天様♪

syoudensama.jpg

国宝、きれいだったよー。お天気がよかったら
きっともっとキラキラだったね。
迫力がありました。
結構サイケな感じの色彩でした。
もしかすると、リーダーのあの衣装の原点は
ここか?とか思えるくらい(笑)

menumahigasichu.jpg

驚くことに母校にまで案内されちゃった(笑)
なんだか不思議な気分。
ほんと、ミステリーツアーでした。


そのほかにもいくつかのスポット。

思わず「おおお」と声をあげてしまうこと
多し。ほんと楽しかった♪


tobnegawadore.png

そして最後のほうで訪れたこの場所が
実は今日もっとも印象に残りました。
もっと天気がよかったら
きっともっともっときれいだったろうな。
そんな風景でした。
春だから、土手に無数に花が咲き誇ってて
しかもそれがずーっと遠くに続いてて
本当にきれいでした。

きっとリーダーも見てたはずの風景。

この場所に、
今日のコレクターズのライヴ@熊谷を
見る前に行くことができて
なんだかすごく良かったです。
勝手なファンの思い込みとしては。
ここに来られてよかった、というか。
なんだか自分の中で
すとん、と腑に落ちることがあった。


今日ならではの特別。
「僕の街」を聴いてるとき、
昼間に見たこの風景が
頭の中にぶわーっと広がってました。


もしも。自分も10代の頃、
もしココに居たのであれば。
リーダーみたいに
「何もない」って思っていたのかな。

そうなのかもしれないね。

自分の10代のころを思い出すと
「ここではない何処か」へ行きたいって
やっぱり思っていたもの。


でも今の自分からしてみれば
ここには
確実に素敵なものがある
そんなふうに思える羨ましい場所でした。


嫌いになんかなれなかったよ。


誰でもきっとそう思うんじゃないのかな。

そんな言い回しが余計に愛しさを増幅させる
そんな気がしました。

だからこそ今日のあの曲はぎゅっと沁みました。

日中に、あんなふうにツアーしてた我々のために
歌ってもらえたんじゃないかと思っちゃうくらい
あの曲を聴くためにその日の前半はあったなあと。

コレファンなら熊谷散策はするべき。
なんだか、見えてくるものがあるよ。

今日のコレクターズの熊谷のライヴは
本当にすごく楽しかったし、なによりも
愛に溢れてた。たくさんの愛。
またそんな思いを共有させてもらうことができて
とても嬉しかったです。

ライヴは熊谷初のソールドアウト!
ものすごい熱気と盛り上がりでした。
やはり、ライヴはどんどんよくなってきて
それこそファイナルの新木場コーストへ向けて、
ツアーのセットが仕上がって来てる、と。
私が前回見た広島のときよりもやはり
ライヴそのものが進化してる、と思った。
流れもどんどんスムーズになるし、新曲の馴染み
具合も全然違うからね。アレンジも微妙に変えてるところが
出てきてた。いいね。カッコ良くなってる。

さんざん、リーダーのご当地ってことで
盛り上げてきてとうとうそこまで入った、ってのは
リーダーがやっぱりとても嬉しそうだった。
THE BIKEのころから考えて、やっと今
熊谷にこうやって人を集められてる、ってのは
ものすごく達成感があったのかもしれないね。

だから、とにかくリーダーがもうご機嫌さんで
いつもよりさらに気合入ってて良かったと思うし
客がそれ以上に盛り上がってたようにも思う。
皆歌いまくってるしね。

あの曲で「おおっおー」のとこで
「俺はほんとはここを一緒に歌ってほしいんだよ」と
リーダーは客に要求。でもちょっと練習したら
これがすごくいい感じになった。
こーさんも少してれくさそーに見えたが良かった。
曲の最後に「ごめんねっ♪」てちゃっかり
言ってるのがすごい可愛かったです(笑)

コータローさんは大宮が好きだったんだそうです。
リーダーのお父さん、クニオさんがライヴ
見に来た時、照明のところで見せろってダダこねて
見せた記憶があるとか。
果物屋さんのおばちゃんの話とか(笑)
リーダーはいつも必ず何か買わないといけないとか。

ヘヴンズロックの名前が覚えられないリーダー。
コータローさんはヘヴンズロックのマークが
ほっともっとのマークに見えるとか(笑)
必ずコータローさんに「氷室さんね」と
たしなめられるリーダーとか(笑)
TOSHI-LOW君ばりに身を乗り出してみるリーダーとか(笑)

なんかおもしろかったなー


僕の街、の後かな。
リーダーが話した言葉が感動的で。

大学の時にModsになって、ベスパを買って
そのお店に中学生の同級生がメカニックで居て
故障続きのべスパがちゃんと乗れて
ずっとModsができた。
その頃は、もうこんな田舎に居るのは嫌だし
同級生の友達のようにはなりたくないって
否定してて、こんなロックンロールを目指した。
今日は来てくれて、嬉しい!

こんな感じ。
これだけの人が今日ここに集まってくれて
ソールドアウト出来て嬉しい、ってことだよね。

結構感極まってたような気がした。
リーダー泣きかけてたのかもしれないけど
コータローさんがぐいっと引き戻してた(笑)
と思う。
実はこの曲のとき、私はふたりの姿が全然見えなくて(苦笑)
(座ってたからかな)
たぶんリーダーはいつものアコギで
コータローさんは友人の話ではブルーのリッケン
だったんだそうな。見たかった。


アンコール、曲が変わってた。
いつものあれが無かった。これは意外だった。

でもダブルアンコールで
最後のあれではもうぐっちゃぐちゃ(笑)
楽しかった!

あ、衣装のことも。
リーダーはユニオンジャックのマオカラージャケで
こーさんはやはりスーツで白地に大きめの黒ドットのシャツ!
お着替え後はリーダーはサイクリングシャツ→CETシャツだった。

とにかく、大満足な一日、でした。
最後はあわただしく帰って来てしまったので
お世話になった人々にちゃんと挨拶できなかったんだけど。
また必ずや熊谷再訪問したいと思います。
行けない場所もあったので(笑)

ツアーも佳境。
ファイナルを見られないのが残念ですが、
あとは2回ほど(笑) 
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク