伝えたい気持ち。

とあるサイトの記事を読んで思った事。

http://benesse.jp/news/kyouiku/trend/20121019170014.html

英語の苦手な日本の中学生は伝えたい気持ちが低い。

あくまで私見なのですが。
実は逆な気がしています。
しかも中学生に限らない。大人でも同じです。

伝えたい気持ちが低ければ英語はうまくはなりません。
そういう気持ちがなかったら、スキルを向上させることは
できないでしょう。

しかも英語に限らないと思います。日本語でもいっしょ。
そもそも言語は、相手とコミュニケーションをはかるための
道具なのだから。

何かを相手に伝えたいという気持ちが強くなければ、
話すのも文を書くのもうまくはならないのだと思います。
それに、そもそもが
相手に伝えたいこと、聞いてほしいことがあるかどうか。
そこも大きなポイントです。
伝えたいこともないのに、話せ、書け、なんて
母国語であったって難しい。
とくにアウトプットは言語習得の最終段階。
自分がすらっと自然に出せるものは
自分の中で消化できて、使えるものまでに
高まってるものです。

話すのって、本当はほんとうに難しい。
だって、一度にいろんな能力を同時にしかも即時に
フル回転させない限り、話せません。

あと、特に、話す、という面に関しては
自分が一方的に自分のことを伝えるだけではやはり駄目。
その相手のことも考えて、ちゃんとインタラクティヴな
やりとりが出来ることが実はすごく重要。
聞く力、質問する力も大切です。相手のことを考えて話す。

そういう意味で、元々人とコミュニケーションを取るのが
うまい人のほうが、絶対に語学は上達が早い、と
私は思っています。

言いたいことあるのに、うまくならない!っていうなら
アウトプットの機会が乏しいのが一番の原因です。
正直、とにかく外に出す練習をするしかないと思います。
100回言えたものは、まず忘れなくなります。
I love youを知らない日本人はほとんど居ないでしょう。
死ぬほど聞いたり見たり、もしくは言ったり(笑)してるからです。

日本人は英語が苦手。知識ばっかり詰め込んで
使い方を学ばないからです。
そのくせ都合のいい I love youとかだけ知ってる。
しかも使えるじゃん(笑)

英語はもともと欧米文化の中で発達したもの。
その文化を理解しようとしない人、興味の無い人も
基本的に不利だと思います。その時点でビハインド。
言葉のみを操れるようになろうなんてムシが良い、と
私は思ったりもしております。


とまあ、夜中に長文失礼(爆)
スポンサーサイト

デモを聴く。

PeteTownshendも5月19日がHappy Birthday! でした。

facebookを見てると、その日誕生日のミュージシャンの
動画があがりまくる、なんてのはよくあって。
ふとTLにあがってたDemoを再生。

ミュージシャンにとって、
こういったデモヴァージョンが世に出るというのは
いったいどんな気分なのかな、と
時々思うことがあります。
きっといわゆる下書きのような、ラフなもので、
まだ不完全な形。

ただ、聴き手としては結構好きなものも
あったりします。
これもそのひとつ。かな。
完成形を思うとかなり軽い(笑)けど
でも、もともとはあそこまで壮大な感じに
するつもりじゃなかったのかも、って
思えたりして。



タタッタタタッタタ何回やってんだよ!

↑もー爆笑ですた… コーヂくんぐっじょぶ。


5月10日(金)は再び上京。

Change Energy ?電気を作ろう!
再生可能エネルギー推進
チャリティーライヴVol.2@新宿紅布
に参戦。

これが本当に楽しかったです( ´ ▽ ` )ノ
伊藤銀次さんのライヴを見られたのも
嬉しかったし、
Change Energy'sの
セットリストは最高すぎました。

ライヴは東日本大震災の被災者支援への
チャリティー+再生可能エネルギー推進への
アピールを兼ねた感じ。
反原発集会、というよりはあくまでも
他の発電方法にシフトして行こうよ、というのが
Change Energyの基本姿勢だと思う。

19時10分くらいにスタート。
最初は加藤ひさし氏とatomic cafe fes代表と
しての森内さんが登場してオープニングスピーチ。
世田谷区の取り組みなどのお話。
話題の世田谷電力の話。自分たちで電力を
選ぶ時代、はなるべく早くやってきて欲しい。

売れてやるよ、って言ったリーダーの気持ち
格好よかったね。

オープニングスピーチが終わると、
「もうこっからは楽しく行くよ!」と。


そしてバンドの出演は

CHANGE ENERGY'S
Vo : 加藤ひさし
Bass : Jeff(オレンジズ)
Drs : コーヂ(浅田信一バンド)
Gtr:キタビザール(ビザールメン)
Keyboard : Pat(qp's)

伊藤銀次バンド
Vo&Gtr : 伊藤銀次
Bass : 小野田清文(ex-佐野元春with The Heartland)
Drs : 熊倉隆(ex-フェビアン)
Keyboard : 小泉信彦(杉真理 & The Dreamers)

ですた。わーいわーい。

changeenergy130510.jpg

まずは銀次さんから。
登場のときに、リーダーが
「こんな政治集会みたいなのに呼んじゃってすみません」と言うと
銀次さんは「こんなの、誰もがご飯食べるのと同じレベルで
考えなきゃいけないんじゃないの?」とおっしゃったのが
格好よかったな。

銀次さんバンドのセットリスト。

01) Love In the Air
02) Dream Time
03) 僕は恐竜
04) Raintwon 2099
05) Beat City
06) Baby Blue

聴きたい曲がたくさん聴けました。
僕は恐竜、嬉しいご披露。
リーダーと銀次さんの裏話なんかもお話して
くださいました。
Baby Blueが聴けたのも良かった。

その後セットチェンジで一旦シャッターがクローズ。

CHANGE ENERGY'Sが始まるとき、登場したリーダーは後ろ姿。
白ジャケットの背中にプリントされた
CHANGE ENERGYのマークが輝いておりましたww

今回はとにかく、コレクターズではやらない曲や
リーダーが他の人たちに提供してきた曲のカヴァーを
たくさんやるよ、と予告してて。
まさにそんな神リスト。
ヒサシストなら皆号泣レベル。面白かった!

Hush
僕はひどいパラノイア
Boys be Stylish! (BOYSTYLE)
シャンデリアラブ(及川 光博)
真冬のひまわり(Itsco)
ロックンロールバイブル(矢沢永吉)
Waterloo Sunset
Dancing In The Moonlight
SHE IS VERY NICE
マンダム~男の世界~

In My Life
青春オンザロード (メロン記念日)

もー、最初のHushからかなり格好良かったです。
今回はキタ君がギター。SG弾きまくっててカッコ良かったよ。
リーダーより前に出ると怒られてた(爆笑)

真冬のひまわり良かったなあ。
がっつり歌いきってた。

あと、とうとうリーダーが
Waterloo Sunset歌ってるの聴けて感激だった(涙)
Dancing In The Moonlightも嬉しかった。
そしてリーダーが初めて作った曲の
SHE IS VERY NICEもほほえましくてよかったし
そしてなんでかブロンソンズVerの男の世界の
カヴァーがハイライト(爆笑)
しかもコーヂくんが絶妙なタイミングでやらかしました…

アンコールでIn My Life。
これを歌うリーダーが見られたのもラッキー。

終始なごやかでリラックスムードなライヴ。
やってる側もすごく楽しそうでした。
「お仕事じゃないからだね」なんておっしゃって
ましたね(笑)

(チャリティーなのでもちろん皆さんノーギャラ)

しかし、いちばん心に残ったのが
ザ・ブロンソンズなのは
あかんだろ(爆)


ginjiandhisashi.jpg



Hushが一曲目でがっつりつかんでた♪
パラノイア、結構、ここってとこで演奏されるイメージ。



問題のタタッタタタッタタはここ↑で見られます(笑)




真冬のひまわり。リーダーがバラードを歌いきるときの
あの声が聴ける。

撮影編集はマリオさんだったようです(笑)


その場に居る皆がライヴの持つ意味をしっかり感じとれる、
でもリラックスした素晴らしい空間だったと思います。

出演者として参加する人々も、オーディエンスとして参加する側も
本当に意義があってしかもひたすら楽しい時間を過ごすことができた、のでは。
また早くも次回のChange Energyに期待です。

そうそう、ライヴ後、会場の後方に目をやると、なんとQちゃんが
お客さんでいらっしゃってました。
ちゃんと当日券買って入って見てたそうな。おーT^T
Qちゃんつぶやきでリーダーのことすげ良く書いてた^^
彼も意識は高い人だからね… タイジさんとかともやってるし。

poster_cn130510.jpg

ライヴ後に、リーダーから
ポスターにメッセージを書いていって下さい、との
呼びかけ。
自分もひとこと書いてきました。


changeenergypostcard.jpg

ライヴの記念にと来場者に配布された
ポストカードとスティッカー。
デザイナーの方のご厚意のはず。イキな計らい。
スティッカーはもったいなくて使えましぇん。

だからシャンパンはステージに持ち込んじゃ駄目って!

信一さんは言ってたのよね(爆笑)
でもコータローさんは くーぴくぴ飲んでおられました。

ゴールデンウィークもそろそろ佳境。

今回は東京まで行ったのが一番の遠出(汗)

analog13050312.jpg

analog130503.jpg


5月3日(金)に代々木まで足を伸ばして
念願のアナログ・モンキーズ!見てきました。
古市コータロー(The Collectors)×
浅田信一(ex. Smile)の組み合わせ。
2年前くらいからやり始めたんだっけ。
私はいっつも日にちが合わなかったり、チケットが
取れなかったりで、なかなか行けなかった。
今回、やっと。

コンセプトは、二人のギタリストが
アコギ抱えて、皆が知ってるロックの名曲、
ヒット曲などを歌うと言う、
かなりお気楽ムード満載なユニットなのです。

代々木のザーザズーに行くのも私は初めて。
中の感じが何故か渋谷のEgg-Manを思い出した。
前方にはぎっちり椅子が置いてあり、
大半のお客さんは座って見られるようになってた。
私は座れなかったんだけど(汗)
でも、いい立ち位置をキープできたので
とても見やすかった。
コータローさんの笑顔をいっぱい食らって
ラッキーでした(大笑)

ステージにはテーブルをはさんで
椅子が二脚。
はじまる寸前に、テーブルにボトルクーラーや
グラスが運ばれてきて、おいおい(笑)

わかっちゃいたけど、ふたりとも
飲みながら、のステージ。ぶはは。
こーさんは、シャンパンボトル持ってきて
結構くいくい飲んじゃってる(苦笑)
信一さんはビールやら普通のジュースっぽいのやら
最後にはシングルモルトが出てきてた。


というわけで、かなりのリラックスムードでスタート。

analogkyodai01.jpg

ライヴ前のご様子。すでに飲んでるしね。

この日、Twitterでふたりが
「今日はボーダーシャツとメガネで行くぜ!」
と書いてて、
こーさんは白黒のボーダー、信一さんは
紺赤のバスクシャツ。

上を向いて歩こう (S)
そして僕は途方に暮れる (S)
ラヴ・イズ・オーヴァー (K)
人生は気まぐれ(ゴールデンカップス)(K)
機関車 (小坂忠) (S)
春なのに (S)
春のうた (浅田信一) (S)
安奈  (K)
カントリーロード (S)
(曲名不明~ でも聞いたことある曲)(K)
Sweet Memories (S)
ドライブ (これも信一さんの曲かな?)(S)
時には娼婦のように (K)
彼女は彼のもの(キャロル)(K)
翼をください  (S)
酒と泪と男と女 (K)
もしも明日が (S)
スローなブギにしてくれ(K)
Two Punks (The Mods) (S)
Not Satisfied (アナーキー)(S)
(曲名不明) (K)
横須賀Baby (横浜銀蠅)(K)
カナダからの手紙 (S&K)
ハイスクール・ララバイ(S)

北酒場 (K)
トランジスタ・ラジオ(S)

ブルージーンズ・メモリー (K)

(S)は信一さんヴォーカル
(K)はコータローさんヴォーカルで。

曲名不明はごめんなさい~(汗)

アンコール2回!
一緒にうたえる曲がいーっぱい。楽しかった!

曲に関するヨタ話も結構な展開っぷり。
とにかくこーさんはよくしゃべる(笑)
若干暴走ぎみなこーさんを、なんとか
一生懸命おさめようとする信一さん。
機関車のときに、こーさんは
トイレに行っちゃうしねw
今のNHKの連続ドラマ「あまちゃん」の
テーマをやりたいと思ってたこーさん。
信一さんが見てなくて、できなかった(笑)
やはりシャンパンが効いたのか、
こーさんが曲順がめちゃくちゃに(爆汗)
それじゃないでしょ!的な感じで
信一さんがあせりまくってたけど
もーいいよいいよ的なノリですべてが
過ぎて行く~
この辺はふたり&アコースティックの
気楽なところなんでしょうね。

でも、だからステージでシャンパンはよしなさい
って言ったでしょ!と
お小言モードの信一さんでした(爆笑)

こーさんに関して言えば、やはり
すごくリラックス。コレクターズのときには
いかに気を張ってるか、というか
いかに格好つけまくってるか、ってのが
よくわかりますね(笑)
暴走するリーダーのMCもおさめなきゃ
いけないしね~
こーさんは信一さんにすごく甘えてるね。
この辺はいかに信頼関係あるか、ってのが
よくわかります。

後半のハイライトはTwo Punksと
Not Satisfied でしたねー 超カッコ良かった!

ハイスクール・ララバイで、iPhoneでリズムボックスを
再生してたのはいいんだけど
途中でスリープモードに入っちゃってストップ(爆笑)

信ちゃんバンドの達也くんがステージ袖でずっと見てて
それも飲みながら見てるもんだから
途中でうしろちょろちょろ出てくるのも
おかしくて仕方なかった。

最後のブルージーンズメモリーの
「さよならなんて、言えないよ、ばっかやろー!」
もちゃんと叫んでくれたこーさん。
なんだあの人(爆笑)格好良すぎるのよ。

最後はすっごい盛り上がりで終了。
2時間半たっぷり。堪能。

立ちっぱなしの後方の我々を
ちゃんと気遣ってくれるコータローさんが
嬉しかったです。そーゆーとこ外さないのよね。
ふたりともとても格好良かったです♪


analogkamaboko.jpg

アナモン蒲鉾(笑) 

秋にはプチツアーあり。
大阪、札幌、仙台は決定みたい。
東京もあるかな?って感じみたいですよ。
また見られるといいなー( ´ ▽ ` )ノ


あ、そうそう、ライヴ前に 原宿のCA4LAにDONUT展
見に行ってきました~

DONUT01.jpg


けして大きなスペースではなかったけど
あれで知ってくれる若者が多いといいね。

初2デイズ。(名古屋&大阪)

というわけで、
4月13日(土)と14日(日)の
ザ・コレクターズのライヴの感想♪

なにげに、連夜コレのライヴを見るのは初めてだった
気が。ナイスな週末でした。

まず。
ザ・コレクターズ@名古屋が
最高過ぎてなんだか
その日の夜は目がらんらん(汗)

自分は当日、仕事が6時まであり
(普段なら考えられないが、この日はうまいこと
他の人に自分の仕事を頼めて抜けられた)
会場は名古屋クラブクアトロだったので
ダッシュで30分遅れで会場にイン。
ちょうど、この曲からは見られたらな、と思ってた
僕は恐竜から見られました。

バーカウンター前あたりの
少し後方から観戦。
遅れた分取り戻そうと
結構大騒ぎしてたので
周りで静かに見てた
お兄さんお姉さんたちごめんなさいwww

ダブルアンコールで
なんと「誰にも負けない愛の歌」がきた。
すごく良かった。最後だけ前方突入したっす。
あの曲は、今回のセットに入って良かったと思う
曲だったので、ここで聴けて良かった。
すごく盛り上がったし、
本当に雰囲気の良いライヴだったと思う。
リーダーもコータローさんもご機嫌な様子。
リーダーはマオカラーユニオンジャックで
コータローさんはもちろんスーツ♪

ライヴ後、Pさん数人たちと一緒に打ち上げて
その中のお一人が「コレクターズのライヴには
Loveがある」とおっしゃって
思わずハグりそうになりましたw
同時に皆、怒髪天ファンで、来年の武道館に
行きましょうよー勧誘が(大笑)

やっぱ名古屋でコレクターズを
見られるの超嬉しい。
年に一回か二回だからね。
もっと来て欲しい!と改めて。

そういえばライヴ後、さっちゃんパパの写真も
撮りまくりました。CD買えなくてごめんねパパ(笑)

そして大阪。
インデアンカレーにも行ったよw
お店からBIG CATに向かう途中、クリスタ長堀で
さっちゃんパパとすれ違って、思わず声かけそうに
なりました(汗)

自分は結局今回のツアー、6公演見たのですが
さすがに、この二日のライヴはファイナルに向けて
カウントダウンが始まってると言った感じで
バンドの確信に満ちた、力強い演奏が素晴らしかったと
思います。
ほんと、新木場コーストに行けないのが残念でしかたない…
曲が進んで終わりが近づくにつれ悲しくなってきた(苦笑)
でも最後まではしゃぎまくり。楽しかった!


そして自分は行けなかった新木場コーストのファイナル。
参戦者の皆さまのお話では、すごく良かったとのこと。
うん、見たかった(涙)
でも、DVDで発売されるとのことなので
楽しみに待ちたいと思います。

今回のMOD TONE TOURのセットリストを掲載~

01. NICK NICK NICK
02. 喜びの惑星
03. プロポーズソング
04. ミリオン・クロスロード・ロック
05. GIFT
06. プ・ラ・モ・デ・ル
07. 恋のカレイドスコープ
08. 僕は恐竜
09. 電気を作ろう!
10. 99匹目のサル
11. たよれる男
12. ごめんよリサ
13. オスカーは誰だ!
14. インスト (今回はリーヴィング・ヒアでしたね)
15. 未来地図
16. TOUGH
17. GROOVE GLOBE
18. 世界を止めて

アンコールは会場によって変更。

名古屋はヒートウェイヴ・チューインガム・コレクターで
2回目は誰にも負けない愛の歌。

大阪は Too Much Romantic!・ガム・コレクターの
2回目に誰にも負けない愛の歌、だったと思う。

このバンドと一緒にいられる時間を多く持てることに
あらためて感謝しています。
次はクアトロマンスリーかな?待ちきれない。

そして黄金週間。

なかなかブログ更新せず放置状態ですが(汗)

書きたいことは山ほどあるのに
なかなか追いつかないです(爆)

コレクターズ大阪・ナゴヤ編も書いてないやん(汗汗)

DVDのこともねー。

映画も見たから映画のこともねー。

昨日行った初アナログモンキーズもねー(汗)



GW中にぼちぼち更新します。きっと。


NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク