即日完売と その所在のブルーズ。

コレ野音 思惑通りの即日売切。
5年前 半年以上かけてぎりぎり売り切ったのが
嘘みたいだね。
つーか なんで皆 野音だと買うのよ(笑)

5年前のあの野音を ふと思い出していた。
とにかく 快晴。 最高の天候。
あの高揚感は 得難いのものだったなあ。
あの場に居られて 本当に幸せだと思った。

今回もチケットはすでに押さえてますが
どう考えても行けない。
でも わしの席が欲しくて申し込んじゃった。

こーさんの 胃が痛くなるのは
お天気のこと。
大丈夫 きっと 晴れるに決まってるよ。


エピソード2は  九段下のあの場所なのかしら。

土曜日は もー ほんとやめて(涙)
日曜日であることを願っていますが。
4時開演でもいいと思う。そしたらほんとーに
全国各地から集まるさ。



12644912_979973972069109_7501717118480462668_n.jpg


テデスキ・トラックス・バンドの新作が届いた。

BDK見に行こうかなーと いまだ迷い中。
ほんとは 名古屋公演観たいんだ(滝涙) 
でも どー考えても無理っぽい…

ブルーズが無いとね。

最近のポッドキャストでも ふと
こーさんが 言った言葉。

わしが 日本の新しいバンドに惹かれないのは

きっとここなんだろーなって

いっつも思う。

それがいいとか 悪いとかって話ではない。
その要素がないものに 自分が魅力を感じないだけ。

わし自身は そこまでブルーズどっぷりな人間じゃない
はずなんだけど。
自分が好きな音楽は どっかブルーズのフィルターを
通ったものなんだろうな ということが多い。

テデスキさんたちみたいなバンドは
日本人には なかなかできないのかなあ
根っこの違いもあるんだろうけど
こういうのができるのに そのまま憧れてるのも
きっとあるんだろうなあ なーんて。

もう2月やん。 時間の速さに追いつけなくなるばかり。
スポンサーサイト

ただ 食べてるんじゃない。 正餐なんだよ。

先週の金曜日、 
前から行ってみたかったところに
行ってきた。

Peanuts好きなら一度はおいで。

PEANUTS Cafe


peanutscafe01.jpg


peanutscafe02.jpg


そんな感じのカフェ。
東京は中目黒に こんな場所ができていました。

peanutscafe03.jpg


好きな人なら 絶対に事前予約で2階に行くべき。
小さな空間だけど なんだかわくわく 嬉しい場所でした。
好きな人にとっては ツボ抑えられまくりの応酬。

peanutscafe04.jpg

peanutscafe05.jpg

peanutscafe08.jpg


peanutscafe09.jpg


冷たい飲物を頼んだら
コースターを選ばせてくださるのも 嬉しいサービス。
チャーリーブラウンと迷って結局ライナス。

peanutscafe06.jpg


peanutscafe07.jpg

おすすめの ザ・グースエッグス・スライダーを注文。
多いかなと思いつつも ひとりで食べきれるサイズ。
わしは クリームチーズ&ブルーベリーなのが
美味しかったな。
ペパーミントパティのジェノベーゼも気になった。
また次に来た時はこっちだな。
ほんとは ビーグルスカウトスモアも食べたかった。

制限時間ぎりぎりまでねばって堪能w
また来たいなーと思った。

となりに居たカップルが 谷川俊太郎先生の
話をしてた。 盗み聞きしたわけではないけど
おいおい 君ら と ちょっと説教しようかと
思う感じの話だった(苦笑)
わしにとっては 小さい頃からすごく憧れた詩人
さんだったんだな。 それが ピーナッツと
つながってるのは もうちょっと後で知って。


わしはなんで ピーナッツが好きなんだろ。
たぶん 親が最初に買ってくれたぬいぐるみが
何故かスヌーピーだったのです。
いっつも 持ち歩いてた。
おべんとばこも 水筒もピーナッツ柄だったの覚えてる。
わしが好きだったのか 母が好きだったのか
どっちかなんだけど。 わしは確かに好きだったな。

その頃はただ キャラクターとして好きだっただけ。

いつからあのコミックストリップを読むようになったか
覚えていないのだけれど
あの なんともいえない魅力の面白みを感じるように
なったのは 在る程度歳くってからな気がします。

しかも 自分が 原文で読めるようになってからの
ほうが やっぱり 余計に面白くなった。

また ちゃんと予約して行こうと思いますw
時間制限がなければなー
でも充分楽しめますよ。

買って追っかけて 追っかけて買って。

↑今年は コレファンはこんな感じになる?
ようなことをリーダーが言ってたっす

寒風吹きすさぶ大阪。
アーバンライナーでにんにきにきにき。
奈良の辺りは積雪してた。
いつもより早めの到着。

12512569_975892279143945_3929889211518832774_n.jpg

集合が12:10って意味ある?という疑念のもと
ちゃんと集合時間に向かい
結局寒風のなか30分以上待たされた(苦笑) おい。

invitation201601.jpg

今日はコレクターズの新譜発売記念の
アウトストアライヴ@大阪。
こういった無料イベントへの参加はひさしぶり。

わしは整理番号がほぼ最後だったので
まあ、後ろでなんとか見られたらいいなーと
思ってましたが
実際、柱の角度の関係で
こーさんはほぼ見られず。
でもリーダーちゃんと見えてたからいいや♪
1時きっかりにスタート。
8~9曲くらいだったかな。
いつもの半分といった感じ。
あけましておめでとうございました。
通常のライヴに比べると心なしか
リラックスした雰囲気。
リーダーの表情に余裕が有りました(大笑)
短いながらも、いつもの楽しい時間。

VOXの音がやっぱ好きかも、と今日も思う。
小さいライヴハウスだから、余計にあれくらいの
感じがいいんだろな。わしは後ろで見てたけど
音のバランスがいい位置だったようで
見えないながらも、聴きやすかった。
こーさんのギターの音に気をもってかれてたな。
コレクターズも基本 音は大きくないバンド。
やってる音楽によりけり、もあるだろうけど
今わしの好きなバンドで音が ばかでかいの
居ないなあって やっぱり思う(笑)

野音は即日ソールドアウトする、と
強気のこーさん。
確かに残り枚数の話を聞くと
その感じになってきた。
JAMに戻らずに済みそうだね。
1999年の野音はなんであんなに
寂しかったんだろうと昔話。

ま 勢いよく売り切ってもらって
早く次のアナウンスをしてほしいという
個人的な希望もありw

今年もよろしくちゃん。

ところで今日は 旅に出ることにしたんだ。

12508841_975676355832204_5335949898142382466_n.jpg

週末は天気大荒れなんて さんざん目にしてたのもあって。

もともとは泊まりの予定を
日帰りに変更した。
次の日仕事じゃなかったらなあ(涙)

この日は見たい 
NOWHEREが先の出番 ? との情報。
吉祥寺から品川まで思ったより近くて
なんとか 名古屋行き最終の新幹線には
間に合うだろうという計算のもと。

NOWHEREをGBで見るのは
じつは初めてで ちょっとどきどき

2016年モデルのNOWHEREさん。初ライヴ。

この前の広島で見たときの印象からすると

あそこまでは弾けてる様子はなかったにせよ
(やっぱ あのツアーは特別な雰囲気だったかもね)


バンドとしての確かさが 出てきてる感じ、
て言ったらいいのかな。
言葉としてふさわしいのかはわからないけど
良い意味での安定感を感じられた。
3人がお互いどうしたらいいか っていう
最大公約数は もう見えているのかなって。
同じ絵を描くうえでの呼吸とか
それぞれの入って行き方 みたいなの
もう 見えてるんだろうなって。

個人的には 充分楽しかったし
良い演奏を聴けたと思う。
ちょっぴり無理して行った甲斐もある
そんな時間を過ごせました。

けど ほーんの少しの物足りなさも
実はあったかなw
この前の広島が 良い意味で
演奏も白熱してて 自分にとっても
スリリングすぎたんだと思うけど(笑)
あの感じから考えると
なんだかちょっぴり 優等生?なところも
あるようなNOWHEREさんだったかも。
ああいうクールな感じになるのは
会場の雰囲気だったり、見てる方の
反応のしかただったりも
影響してるのかもしれないけれど。
東京は
もしかすると どうしてもああいう感じに
なりがちなのかもですね。

もっと豪快にはみ出すようなところが
見られても
それはそれでまた魅力だろうな

なーんてね

まとまって来て 3人なりのうねりも
見えてきてるだけに
もっと大胆なところも見てみたいとも思ったり。
良くなっているだろう という分
見る側の欲求というか期待も
どうしても膨らまざるを得ないのです。
きっと そういう緩急も もっと
つけられる3人のような気もする。


新曲 と つかちゃんが言って演奏された
曲が なにげにとても印象に残った
シンプルで ポップな感じで
意外にこういう曲 なかったのかなという。
とてもいい曲だと思ったし好きだけど
もうひと押し 何がが欲しいような。
でも 新しい曲だし
これからどんどん育つことを期待。

そしてつかちゃんが 
あんだけ ギターを弾きまくる
あの感じがすごく好き。
ステージ中央で 仁王立ちで リードギターを
ぐいぐい弾いてる姿ってのは 
4人のときのNOWHEREで
見た記憶はわしは無い気がしたんだ。

トリオ編成だから 当然のことだけれど
彼は ギタリストだなあって
改めて思わせられる瞬間が多い。
つかちゃんのアンプも VOXだけど
あの音が好きなのもあるのかもな
実はすごく 彼の弾くギターが好きだなあと
改めて思いながら 聴いていました。
彼自身が書く曲には 歌詞だけではなく
音そのものにもストーリーがあって 
ドラマティックであったり 冷ややかであったり
暖かかったり 激しかったりというのを あの編成で
描き出すうえでのギターでもあると
思うのですが それがまた素敵だと思ってて。

やっぱ ハートビートが好きだな
この世界 の あの疾走感みたいなのも好きだし
不感症 もあのせめぎ合いみたいなのが
恰好良い

今回は一曲目が グッバイトゥモローで
最後が 君はみつめている

この2曲はやっぱこういう役割 というか
そういうことになってるんだね
わしはこれがとてもいいと思ってる。

今回は涙どうどう と泣くことはなかったけど
その バンドの確かな歩みを感じられたような
そんな気がしました。

また 次に見られるときには
さらに 研ぎ澄まされてて
さらに 上の段階にいる
NOWHEREさんを見られたらいいなと
思います。

一時間弱のステージ。
MCもほとんどなし。あっという間に終わっちゃった。

GONDA BANDも2曲だけ見られた。
むーん カッコ良かったな。ちゃんと見たかった。
9時がリミットだったのでギリギリまで。
また見る機会がありますように。

吉祥寺から速やかに移動で
最終には余裕で間に合いました。ふー
やっぱ家に帰れると楽だなー(苦笑)


アルバム聴きたいなー
新しい曲を聴くたび いつもそう思います。
どんどん曲書いてるってのは 
そういうことなのだと。期待。
やっぱり 地方の人間としても
ちゃんといつでも聴ける音源が欲しい。
ライヴは次はいつ わしは見られるかな。

また そんな日を楽しみに待つことにします。
ほんとーは待ちきれないような気分だけど。

きみはまだ ここらに居るのに。

12549010_973836352682871_7098596969649620308_n.jpg


洋楽を熱心に聴き始めた頃が
ちょうど CDが出てきた頃。
1985年ごろだね。

何故か うちの家はビデオを買う前に
CDプレイヤーを買いました。
つーか わしがものすごく欲しいって
親にねだったのもあった。

ちょうど安価なプレイヤーも出回り始めた
ときで、それを買ってもらって
すごく嬉しかったのを覚えています。

自分で初めて買ったCDはこれ。
結局 30年経っても
ずっと聴いてる1枚。

なんでまずこれを選んだろう。

でも そのときすごく
これが聴いてみたかった。
もちろん完全に後追いでしたが。

たぶん まだ当時はラジオなどでも
イーグルスはしょっちゅうかかってて
それをよく聴いていて
曲がどれも好きだったからだと思う。
TVCMにも使われてたね。

このバンドに関しても
いろんな見方があると思いますが
わしは 素直に曲たちがとても好きでした。

グレン・フライが亡くなった知らせは
じわじわと 悲しいんだ。RIP



この曲は凄く好きだった
グレン・フライの声も好きだった
そっか オルガンはジョー・ウォルシュだね

歌詞の意味を知った時
なんでこんな
切ない曲書くんだって思ったの
覚えてる
あとから だんだん
この曲の意味も本当に
わかるようになったかな という
気はしているけれど どうかな
一説には ホール&オーツがモデル?って
聞いたような

でも いろんなことにもあてはまるよね
結構普遍的なテーマだったりして
Johnny-come-lately なんて
表現はこの曲で覚えてた(笑)

また ゆっくり イーグルスも聴き直そ。

新年女史会@京都2016.

1927669_970361886363651_3662779280446661842_n.jpg

京都の女史と大阪の女史と 
去年の暮れに 忘年会ができなかったので
じゃあ 新年会やりましょーよーと

軽く話してたのが 簡単に実現(笑)

ひさしぶりに京都までバスでお出かけ。
2時間半くらい。
三連休の月曜日。思った以上に名神が
すいててびっくり。こんなもんなのかー
あまりにも順調に京都駅着。

その三人で京都観光。
駅から祇園へバスで移動して
八坂さんや えべっさんへと お参りしつつ
本当は今日来るはずだった某女史への
お土産なども買いつつの

途中 祇園会館横の
お蕎麦屋さんで きつねそばを
いただく。うまーい。
12507441_970129033053603_222424419703199562_n.jpg

そして夕方からは呑む、というw
お店に入ったのが16時前。
その後すぐに デイヴィッド・ボウイの訃報が
ネットに流れ始めて
そんな話をしていたり。

ま しょうもない話も 音楽の話も
昔話も皆ひっくるめて
面白い面白いで過ぎていく

気がつけば 21時。
5時間おりました。 あー よく喋った(笑)

近くに住んでればねー
普段から呑みに行けるのに
そんなことも改めて思いつつの

また 今年も宜しくお願いしますなのでした。

駅前で 京都タワーを背景に
三人で写真を撮ろうとしたら
これが思いのほか難しい
セルフィーに慣れていない世代でございます
自撮りマスターな某B様のイメージで
なんとか撮影w

まあ こんなのも楽しいことよ

わしはその後 いつものガラ空きの
こだまで帰名。

来年は名古屋開催だねー なんて
そんな話もすでに出ております(笑)
来年まで 皆それぞれ 生き延びられますように。

この夜のいちばん 深いところで。

12523180_968139446585895_8615847416993985235_n.jpg

今年初なライヴは夜空にて。

クロキユウタさん観に行ってきた。


前に見たのは1年ちょっと前。
その時、すごくよかった印象が残ってて
また機会があれば見たいなあと思ってた
SSWさん。
初めての名古屋、だったそう。
(普段は地元の静岡で活動されてるかたで
時々東京には行くけれど 西のほうには
来る機会はなかった と)

12439064_968187273247779_1562560554284182944_n.jpg


以前に見たときより なんだかまた
違う貫禄と言うのか 
さらなる深みというのか
芯の確かさを感じるような
そんな歌と曲とギター。
棘のある面と 透明な面と
陰の面とがいろいろ入り混ざった
彼なりの世界観が広がってて
わしにはすごく面白い。
不思議な温度のある人でもあるように
思います。
ひんやりさと 暖かさ
両方が交互にやってくる。

渋い部分もありつつ
彼のルーツな面も見え隠れしてた。
わしは彼のあの独特の声質がすっごく好きで
しかもあの若さであの安定感というか
ちょっとずうずうしいくらい
腰の据わった感じ
(に わしには見えるのです 彼自身は
きっとそう思っておられないだろうけど)
が わしには好きだったりして。

夜空の雰囲気は 
彼の音楽に合っているなあ。
いい雰囲気のステージでした。
あっという間の時間。
アンコールで
ニール・ヤングの曲に自分の歌詞を載せた
曲をご披露。
ああ こういうことやる人なんだ
そらー 嫌いなはずがない(笑)
と思いました。

今年は 地元の静岡以外にも
いろいろな処に行ってみたい といった
こともおっしゃってました。
また 名古屋にも来てくださいね
と 直接伝えて帰ってきました。


残念だったのは えーと
お客さんが 少な過ぎた(苦笑)
出演者のほうが多かった... むむむ
完全に純粋な客は自分だけだった?
正直 おいおいおい でしたが(滝汗)
いやー なんでこの人来た?くらいの
雰囲気だったのはちょっとねぇ

まあ 楽しかったからいいんですが。

いいハコだと思うし
わしは好きな場所なので
ハコで呼べるお客さんももっと
増えるといいね。


選ぶべきもの。

ある連絡。

彼と最後に会ったの いつ?
少なくとも16年以上前。

共通の友人をつたって わしのとこに
たどりついたと。
名前見つけて あーっ!って
思って 連絡してくれたって。

某SNSは ほんとこういうとき 凄いと思う。
わしの名前を覚えてくれてただけでも
嬉しいことでした。


わしの人生において
まさかそんなに 大きなものになるなんて
ほんとーに思わなかったな
そんなバンドは あれだけなのかも

ただ その音楽を愛するだけではなく
横のつながりが
異常なまでに増えたのは
そのバンドがまず最初だった


当時はまだインターネットはなかった
なんであんなに
驚くほどに つながったのだろう

今思い返せば
ちょっぴり不思議なくらいだけど

もとはといえば自分が 自ら起こしたアクションが
あったからだった

そういうのに 参加しないか?という
サジェスチョンがあったからこそだけれど
(それは自分だけに向けられたわけではなく
あくまでも不特定多数に対してのものだった
のだけれど)
←怪しいものではありません


あそこで はい!と
思い切って手をあげていなかったら

わしは いったいどれだけの
自分にとって大切な人たちと
出会えていなかったのだろう
本当にそう思う

それがいまだに なにかで
つながってくる 


正しかったのか 間違ってたのか
わしにはわからないけれど

自分が選んでることは
自分は 自分にとっては

それを選ぶべきであったものを
選べている気がする

後悔のない人生ではないけれど

特別に突出したものでもないけれど

正直 あまりにも平凡すぎる人生かも
しれないけれど


自分はなにかに 対してだけは
運が有る
恵まれてもいる
お金じゃないことだけは確かだけど(笑)


悪くはないんだよ きっとね
ほんとにそう思う

いつの日にだって 解き放たれるんだ。

20160101001.jpg

去年末から ある言葉が頭をぐるぐる

ふと この曲のことを思っていた


この詩集
23年前に 友人たちが買ってくれたもの。
誕生日に何が欲しい?と言われ
これが欲しいとお願いした。

彼女たちの誰一人と
ボブ・ディランに興味のある人はいなかったけどね。


いまだに大事に 持ってるひとつ。
原詞と 日本語訳が別冊になって収録
されてて なかなかのボリューム。
彼の初期の作品たち。
新しい朝 までが入っています。

ずいぶんと 茶けて来ちゃったけど
ときどき ふと 開く。

その頃はまさか 英語の事を仕事にしてるなんて
思わなかったな




解放されるんだ




わたしたちはきっと ずっと死ぬまで
いつのまにか

何かにとらわれて しばられて
生きてるんだろうな 

そうわかってるから


いつの日だって
ぼくは 解き放たれるんだ


そう歌うこの曲にずーっと惹かれ続けるのかもな

そんなことを 思っていました


2016年元旦のご挨拶。

10398541_964059936993846_8997110688311717349_n.jpg

あけましておめでとうございます。
年はあっけなく明けちゃいましたね。

今年もいろいろありそうだけど
どうぞ皆様 宜しくお願いいたします。

今年は またもーちょっとたくさん
お勉強します(苦笑)
新しく始まるいろんなものに
しっかり対応できるように
頑張ります。
と 真面目に書いてみるw

やりたいことはたくさん。
時間をもっと上手に使えるように
したい...

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク