来年3月 MODSの行軍。

先週土曜日の日比谷野音。
素晴らしかったようです。

仕事中 ちらちら TLを覗いてたりして

13043207_1030080167058489_8621546938281793536_n.jpg


こーさんがあれだけ懸念してたお天気も
結果 ちゃんと持って

リーダーの声が 最初 
だめだったらしいのだけど

深海魚で 出るようになってたって
 
やっぱりどんだけ凄いんだあの曲

百億 野音で聴きたかった

本編最後はやっぱり Tシャツレボリューションだったのが
すごい嬉しかった
やっぱり彼らは それを選んだ

予測は多くの人がしていたはず

エピソード2は あの場所

その お知らせのしかたがあまりにも
彼ららしかったのかもしれません

それがちゃんとTシャツレボリューションに
つながってた

前々からあっためてたらしくて


わしが 野音行けないんです
と書いたら
超残念 って 某氏が返してくださった理由が
これだったか! てのがわかって。


13007381_1031350840264755_5351969453810147965_n.jpg


某女史が そのとき こーさんが着てた
Tシャツをお土産だよ と 次の日にくださいました。
ライヴ後に販売だったやつ。 多謝。


ライヴ後に 自分のTLが
武道館のことで埋め尽くされてて

なんだか 嘘みたいだけど 嬉しかったな。
わしはもちろん ただのファンのひとりでしかないけど
ただ 嬉しいと思った。

彼らのスタートは新宿JAMで

そこで行われてた MARCH OF THE MODSに
出るのが目標で

そして今 それを 今回 タイトルに据えたのも
なんだか ちょっと涙ぐんじゃう(汗)

3月1日は水曜日。
本当なら 平日は狙ってなかったはず。

でも 彼らはやることにした。
その思いは 充分にわかるんだよ。
今のあの武道館でやりたかったはずだから。

まだ肌寒い3月の始まりに
MODSの公軍。

正直 自分は参加できるかわかりません。
95%無いかなあ とほほ。
本当に行きたいし ダメ元でいろいろ
言ってみるけれど。

13043252_1031087710291068_4596469153440875440_n.jpg

ありがとうございました。

野音の空気吸ったガムいただきましたw
とても嬉しかったです。
これを 渡そうと思ってくださっただけでも
わしは 本当に嬉しかったです。

たまたま この包み紙作ってた方が知り合いで
見た瞬間 思わず あーっ!でしたけど(笑)
そのことを彼に知らせると 喜んでくださってました。

おそらく 今回もあの光景は絶景だったと思います。

武道館は ガム許してくれるかなあ(笑)

どんなことになるか 本当に観たい。

そして 目指せソールドアウト。

じっくり売ってく気満々。
きっと その日はたくさんの人で埋め尽くされるように
わしも できることできたらな。
当日は たくさんの愛で
埋め尽くされるようにね。

スポンサーサイト

3という場所で3人が3周年お祝いの夜の巻。

名古屋を出る時点では 台風かと思うような
風と雨(爆)
お昼に東京に着いた際も 同じような感じで
あらら… 最悪と思っていたのだけれど

夕方が近づくにつれ天候好転。
三軒茶屋の某所にて昼食後
友人と下北沢までお散歩するにはちょうど良い
穏やかなお天気になっていて良かった。


今回は
黒水伸一TRIOさんの結成3周年
記念のワンマンライヴに。
1周年、2周年は来られずだったので
わしにとっては
やっと念願のワンマン。

いつもより早いスタート。
コレ時間(笑)
でもちょっと不思議な気分。

はじめてのスリー。
こんな雰囲気なのねーこういう作り
なのねー と。
後ろで見るのはちょっと見にくい…
開演直前に下のフロアーに。
たくさんのお客さんでいっぱい。
わしが来たことのあるTRIOのライヴ
の中でいちばん多くお客さんの居る
感じだった(笑) 

5時開演のところ、実際は20分押しくらいで
スタートだったかな。

始まった瞬間から
なんだかいつもとは違う そんな雰囲気
って思ったんだけど
いや そんなこと無いか
結局はいつものあの TRIOらしさが
全開の あのライヴ

13010675_1031092893623883_2272081656949586430_n.jpg


ほとばしる兄さん
前に来なよと煽る兄さん
いっぱい何かが吹き出してる兄さん

それがやっぱり格好良い兄さん
そしてそれを支える
Bさまもしーさまも
いつもどおりに頼もしく 力強く

11219026_1031109990288840_4602613335646374007_n.jpg


兄さんが30周年と 3周年と と口に
したけれど

わしは勝手にあのバンドのことを思ったけど(笑)

はっきりと 共通項なのは

どちらのバンドも

明らかに今が ちゃんと輝いてることだと思う。

紡いできた歴史に
ただ すがることもなく

今できる 自分たちの表現を
とても大切にしてることだと思う。

今のTRIOさんが 躍動する姿を
そのステージの上で 観ることができた。

そんな2時間あまり だったと思うんだ。
そういう バンドの姿勢が はっきりと受け取れた。
今彼らが持っている熱をちゃんと
放出できてたんじゃないかな。

だから あの場に居たお客さん皆
ココロ射抜かれてたとも思う。
わしは 見たいなあ と思ってた
そんなTRIOのワンマンライヴが見られた

そう思ったよ。

ワンマンだけど
なんとなくいつもより コンパクト。
でも とてもいいセットリストだったんじゃないかな。
わしは満足度高かった。

あれくらいの長さは わしにとっては心地いい。
本編がもう少しあってもいいかな、と思ったけど
あの長さは 観る側として個人的には理想的です。
良い感じで余韻も残るよ。
もうちょっと観たかったで 終わるしねw

実際 あの曲もあの曲も聴きたかったな
ってのもあるけど(笑)
でも 新曲がいくつか入っていたり

しーの曲を入れ込んできたり
(Graceだったねー)

兄さんがストラト弾いてるのが
ひたすら新鮮だったり
ひとりぼっちで
ひとりぼっちのパレード も
とても良かったし

201641704.jpg

しーさまとふたりで
雨のブラックサンドビーチ
なんてのもこれまた。


新曲好きだったな
ブギーなのだったり ポップなのだったりでね
まだまだ 新しい曲 出てくるね

いつだって
飾らないのに 輝くあの感じは
貴重なのです

わしにとっては TRIOはまだまだ
新鮮さの損なわれることのない存在です。
そして
黒水伸一という人の
変わらなさは きっとほんとに貴重だよね。
変わらないのに 新鮮ってね
凄いことだと思うんだよ

誰もが出来ることではないからね。

ここまできたら
死ぬまで保ってちょーだい
そう願います。

2回のアンコール。

光をあつめて はアンコールで。

やっぱりこの曲は いつも特別。

最後はGloriaだったのもなんだか
良かったかも。



ライヴ後も たくさんの人が残ってて

新しく出たCDに
3人全員にサインをもらうのも一苦労。

皆 CD買ってたもんねー



新幹線の時間があったので
在る程度で退散。

心地よい余韻を味わいながらの帰途でした。


来年も 無事4周年記念ができますように。


またそれも わし 行けたらいいな。


おまけ。

自分で写真を撮れなかったので
しーさまがあげてくださってたのを流用(笑)

13087563_1034103939989445_2364573739970739936_n.jpg

ほんとはその場で
ぽーんと やってるのを見たかったのですがw

お楽しみいただければ幸い。

I don't need anything now I don't have

熊本地震の被害をTVで見つつ
いろいろ思う休日。

夜は名古屋市内 吹上まで出かける。
イベントなどが無いと行かないエリア。
今池のすぐ近くなんですけどね。
ひさびさだなー

13015386_1029644917102014_5165719489859414456_n.jpg

2年前に出来てたイベントスペース&カフェ
ちょっとKDハポンの匂いがします。
初めて来たけどなかなか素敵な場所。
2階席があるのがいいねー
ここで しーさまとか NOWHEREとか
見られたら面白いかな
そんなことも思ったりして

http://tataraba-live.com/


12987032_1029645337101972_8040145261804373420_n.jpg

グレン・フィリップス再来名。2年ぶりのジャパンツアー。
前は空色曲玉でライヴだったね。
彼には熱烈なサポーターが日本に居て
彼らの招聘にて
定期的に来日公演を行ってくれます。
その中にはあの中川五郎さんも
いらっしゃったりして。
(前回のツアーのときは名古屋にも
お越しになられてましたが、今回はご自身の
ツアー日程とあわなかったようですね)

13041096_1029696083763564_4153982371227445765_o.jpg

がっつり髭面w
お顔のしわもちょっと増えちゃったかな。
でも あの笑顔と
あの歌声とギターはそのまんま。
ひたすら真っすぐで澄んでて
飾り気がない。それが魅力。
ト―ド・ザ・ウェット・スプロケットの曲も
結構やってくれたよ。
途中でカポの調子が悪くなっちゃって
んもー ってなってたけど(笑)
MCは少なめ。淡々と進んでいくけど
途中で
静かだよねー 
亜米利加だったらないよー
今度向こうでレコーダーで録音して
持ってきて流そうかな
なんて言ってたな(笑)

日本には2日前には入られてて
昨日は松山だったんだけど
全然眠れていないって言ってた
昨日もライヴ後 夕食を食べに行く皆と
別れて自分は ホテルのベッドに
横になったんだけど
一晩中寝付けなかったと
どうしてかわからないけど って

さすがに今日はもう寝られると思うよ
日本のど真ん中では ぐっすり寝られるよって
書くよ なんて

ポール・サイモンの曲や
ジェイムズ・ブレイクの曲もやってくれたな。


本編最後の曲で

I don't need anything now I don't have

と歌うあの曲。

まさに彼らしい そんな曲だなあ。
じんわり 沁みてきました。

会場の雰囲気の良さとあいまって
素敵な空間でした。
良いライヴだった。
お客さんもまずまずの入り。
名古屋で40から50入ったら
おーるらいとだと思う。

明日は東京 明後日は鎌倉
その後ももう少しあるのかな?

佳き時間でありますように。

株主総会だからね。

↑ 確かにそういう側面もありーのw

12985533_1026476574085515_159972298536926649_n.jpg



今日はこちらへ。
ザ・コレクターズのファンミーティング
@下北沢GARDENでした。

まずはリーダーとこーさん二人で
アコギを抱えて登場。
今日はThe Qやらないよー もう飽きちゃった
なんておっしゃってましたがw
ふだんはなかなか見られない
おふたりでのアコースティックデュオ。
3~4曲やってくれたかな。
夢見る君と僕などはやはりよろしい。
つーか このふたりでこの形で
ちゃんとライヴでやるのもありだよね。

そのあとはいつものコレクターズライヴ
の格好。

1月のアウトストアは本当にショートヴァージョン
だったし
久しぶりに彼らのライヴをしっかり見た感じ。
言うなれば六本木以来。

株主向け(爆笑)の曲以外は
やはり今度の野音を意識した
ものだったかしらーと
言ったところでした。

個人的には
やはり 深海魚が圧倒的な存在感。
一気に空気が変わるのだ。
野音でやるのー?やるのー?
聴きたーい!
と思いながら。

ちょうど夕暮れ時にかかると
ものすごく素敵だろうなあ
そんなことをぼんやり考えながら
聞いておりました。

演奏された曲の多くがおそらく
今週末の野音でも披露されるのでは、と。
慣らし運転、と言っては言葉は悪いけど
最近ワンマンをやってないし
そういう部分でのファンミ利用だった
気がします。
けして悪い印象ではないのですが。

どんなセトリになるんだろうなあ、
観に行けない分さらに妄想が…
一曲め何だろう?
本編最後はやっぱこの曲がいいな
とか
大定番祭りにするのか ちょっと
仕掛けてくるのか とか

こーさんのことなので
またとびきりの 30周年野音にふさわしい
セットリストを仕込んでくださってると
想うのであります。

ファンミだからいいでしょ?と
ちょっとおしゃべりも多めw

リーダーの こーさんと仲良しアピールは
いったい何w 相変わらず乙女。
あるヒサシストから
「あんまりいぢめないでください!」と
こーさんは言われたらしい(大爆笑)

楽しいライヴはあっという間。2時間存分に
楽しめました。


ライヴ終了後。
いつものお見送り握手会のとき
今回はいつもと違って
リーダー→Qちゃん→ジェフさん→こーさん

こーさんが最後。
リーダーの手はやっぱりふかふかで
気持ちがいいw
そして最後に 「こーさん  晴れます!」 と
ぎゅっと握手しながら注入wして
退場してきました。
彼のニコニコ笑った表情が
目に焼きついたよーん うへへ←思い出し笑い


今回の野音に行けないのが
重ね重ね 残念すぎる...
でも 必ず良いライヴになるね
そう思う時間でした。

四月になれば彼女は。

実は2月くらいから仕事が忙しい(汗)
まあ、いいことではあるんだけれども
毎日いろいろ起こります。
やることばっかりでてんてこ舞い。

某I原Sとみさんの広告効果なのか

新しい人々が増え続けてて
もー 名前が覚えられなーいと
日々嘆く。

面白いことも起こるけどねー

4月は新年度で
キッズのクラスが毎度のごとく
担当が一新するのですが

3月まで 前の担当が手を焼いてた
3歳女児。
3歳まではお母さんがクラスに入って
一緒にやってるんだけど。
とにかく超絶シャイで 我々は
彼女が話してる声すら聞いたことがなく
とにかくママにべったり。

4月からはママ無し。
そして自分が担当。
今日がその初回。

たまたま その子のみのクラスなのもあって

今日は ひとりで教室に入ることができたら
上出来と思ってたのだけど。


凄いな と思ったのは。
その子なりに もう ママ無しで
頑張らないといけないてのが
わかってたことだった。
もしそうだとしても これまでにも
泣き叫ぶ子なんてざらに居て
おそらく
今回もそうなるだろうと思ってたんだけど

なんの抵抗もなく
ママとバイバイして
ドアを閉めても泣きだすことがなかった。
口はぎゅーっと への字だったけどね。

最初の10分は 無反応だし無発話。
さあ 45分これはきついな…とも思ってたのだけど

ちょっとしたことで 氷は解ける。
自分も どうしたらいいかってのは
少しは 見えてたのもあったけど。

最終的には 大騒ぎだ 走りまわりまくりだ
ボール投げまくりの 笑顔いっぱいだ で
はー 疲れた で終了。
要は一緒に遊びまくりだったw
思った以上に発話ができて
正直びっくりだった。
なんだよー あなた ちゃーんと
いっぱい言えるじゃん!って。

正直 先月までの彼女のあの様子からは
想像できない感じで

たった一か月 されど一か月
子どもの成長は 冗談抜きであなどれぬ

後でたづ助。せんせがうまくやってくれた 
と言われたけど
いや わしがではなく どう考えても
彼女自身の成長があってこそのこと。
ママも上手く 彼女に伝えてくれていた
のだと思う。

女の子はこの辺 成長が早い
きっと 男の子だったら こうはいかなかった
もー ほんとーに 甘えんぼだからねー


とりあえず第一関門突破。
さあ 一年どうなるかねえ。

桜咲く場所にて。

雨予報の日曜日。
なんとか曇りで持ちこたえてたので
外出ついでに いつもの近所の公園へ
お花見散歩。

20160403sakura02.jpg


20160403sakura04.jpg


20160403sakura01.jpg

ほぼ満開に近い状態だけど
8分咲きほどの木も 結構あったかも。

シートしいてお花見してる人々多数。
でも全然混んではいない。
名古屋の中で いわゆる名所と言われるところ
ではないのだけれど
某鶴舞公園とか某名古屋城とか
(確かにどっちも桜は素晴らしいのですよ)
あの混み具合を考えたら あまりにも平和で
花を充分愛でられる余裕もありーので
個人的にはひじょうにおすすめなのです。

お天気がもーちょっとよかったらねー

でも 桜はとてもきれいでした。



20160402sakura.jpg


これは昨日の帰り路の
また違う公園にて。
小さな公園なのだけど桜がいっぱい。
近所の人たち?が
バーベキュー大会してたりして。


あったかくなってきたね。
さすがにもう 冬のコートは着られないかな。



目論見のこと。

とある目論見。
前もそーだったが 決めるまでが結構
悩みまくりで まくりすぎて
毎夜毎夜 あーだこーだで
気がつくと一週間以上決められないという
しょーもない状態(汗)
あまりにも いろいろ比較してると
ほんとーに何が何だかわからなくなって
くるので 真夜中に
うきゃきゃきゃー! となって ばたりと
寝る感じの連続(爆)

やっと決着。 ふー

無事完了しますよーに。

エイプリルフールにおいて。

最初から これは嘘です と
明らかにわかる嘘をつくのも

センスがあるのは許すけど
ただ しらじらしくなるのは 格好悪い

どうせなら 堂々と世間を騙す
それくらいの嘘がつけるほうがいい

*********************************

ばれるような嘘なら
最初から つかないほうがいい

はじめから正直でいるほうが
ずっと 楽

もし自分が騙されるなら
ずっと騙されたままがいい

それくらい 騙しきって欲しい


自分は嘘をつくのが苦手なので

嘘をついてもいいよと 言われても

いつもこの日は
なんだか少しもどかしいのです



最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク