初めての眼鏡。

わしにとっては初めての加古川セシル。
青春18きっぷで のこのこやって来てみましたw
ほほう こんな感じの会場なのかーと。

14089032_1119508434782328_1204459407182650242_n.jpg

少し早めの開場&開演。
遠方チームのわしとしてはありがたい♪

つかちゃんの 機材の調子がよくない?
最初からちょっと気になる感じ

ま そのおかげで 思わぬアドリブな兄さんを
見られてラッキーだったのかも

お兄さんのソロ
前はどっちかっていうと
むき出しな部分とか 尖った部分とか
激しかったり暑苦しかったりw
そういうのが先行して聞こえてる感じ
だったのだけど
実は初夏のあの近藤くんとの ツアーのときから
少し印象が変わった

なんでって言われると困るのだけど

それまでにわしが感じることのなかった
柔らかい部分を 強く感じられるように
なってきた
穏やか って言葉が当てはまるのか
わからないけれど
熟してる面っていうか
懐の深い部分というか

あまり感じてなかったところを
感じることが増えてきたのでした
そこがまた ちょっと人間くさかったり
そのおかげで魅力がましてたり
だったと思う

つかちゃんは
音のトラブルはあったものの
演奏自体は
なんだかとても落ち着いて見えてたよ
歌も 最初から とてものびのびして
聴こえていました
自分は聴いてて 心の中の入れ物が
確実に満たされてく
そんな時間だったのです

お互いのヴァイブレーションが 良い感じで
増幅し合ってるような
そんな瞬間がたくさんありました
お互いのリスペクトも 競うような部分も
プライドも 愛情も
きっと どれも良い方向に
作用していたような時間でした

Goin' Nowhereは
わしは兄さんひとりで歌うのが好きだな
そういう曲ね
もちろんバンドでもいいんだけど

夜空では はしゃぎモードの
お兄さんがつかちゃんを
ふりまわしーの
セシルでは 実はつかちゃんペース
だったりの
(機材の調子が悪いのもあったけど)
彼らの力の均衡っぷりも面白かった


セシルでの第一部が終了するときに
コンタクトの調子が悪い と言って
途中から 眼鏡で登場のお兄さん
なんと 眼鏡をかけてのライヴは
初めてのことだったって
もー 恥ずかしくて仕方ないって様子
でも ぜーんぜん おかしくなかったし
ふつーにかっこいいし(元がいいからねーげへげへ)
むしろたまには 新鮮でいいじゃない
と思いました

またやってほしいな このツアー
ふたりであーだこーだ喧嘩しながら来てほしい(笑)

そしてまた お互いがお互いのバンドに
なにかもたらせるような
そんな時間になっていたらいいな

そう 祈らずにはいられない時間 でした
スポンサーサイト

夏の終わりの静寂の中 あのふたりが往く

黒水伸一×塚本晃 な ツアー
こんなのが見られるなんてね 
ちょっと
信じられないような気分だったんだな。

初日の名古屋。

14141747_1117666318299873_3586513904115626633_n.jpg


兄さんと つかちゃんの思い

ひかりはちゃんとここにあるな

ほんとにそう思う瞬間

名古屋は初日
いつもの あのスロースターターな
つかちゃんは居らず
まさか最初から 二人で登場とは思わず

彼ら二人の声の重なり方や
響き方もとても好き
当たり前だけど
ひとりでやるときと バンドでやるときと
また違ってて新鮮な感触
5:26pmを ふたりでしかもアコギで は
大胆だったなあ

初日なりに まだ 多少のずれ的なものもあったにせよ
でも 全然問題ない感じだったな

はしゃぎモードのお兄さんを
少々持てあます感のつかちゃんが印象的(爆笑)

でも このふたり 
面白い
また これまでに見たことのない それぞれの顔が
ちゃんとを出ていたような気がします

わしは今回ステージ真横の席だったんだけど
おふたりの横顔が 重なって見える風景は
これまた何気に 素敵で
とてもいい感じでした

あっという間の2時間半。

現実×虚構。

14095962_1113431928723312_7058317123262365110_n.jpg

友人らのhighly recommend ぷりから
やっぱり見に行こうと言うことで今日
見てきたよー シン・ゴジラ。

うん、面白かった。
内容はなるほど。すごくシンプルな話。
怪獣娯楽映画ではなく、実はリアルな
政治家、閣僚たちなどの人間描写のほうがメインだった。
わしにとっては
感動するとかそういうのではなかったのだけど
上手いこと皮肉りまくってるのが 印象的。
随所随所に ぷ と 吹くような場面が。
大杉漣さんがすげー下手に見えるのあれわざと?(爆笑)
ものすごく豪華な役者さんたちのラインナップ。
端役のひとたちもほんと豪華。見てて面白かった。
わしは市川実日子さんが良かったなー 
もともと好きな人だけど
いいとこ持ってく役だった。
大好きな國村隼さんは自衛隊似合いすぎだし(苦笑)
一番の豪華さはまちがいなく
あの役者さんだけど。
東宝、やっぱゴジラなだけあって 金惜しんでないねー
それはなんとなく嬉しかったりもしたりして。

日本人が日本人のために作った 
ゴジラ だと思った。
ゴジラを 取り戻した というふうにも見えたの。

地震の話 原発の話 におきかえられるという視点
それも確かに だけど


ゴジラは 人間が作り出したんだ


そのセリフがすべてじゃないのかな。


いろんないろんなことを含めて。


ゴジラは 悪者なのかな。


それは我々自身じゃないのか って。


ゴジラは ただ歩いてるだけじゃねーか。
ほんとだよ。
なんかほんとーに悪いことしてるの?
こっちがなにもしなきゃ ほんとは
彼にしてみたら なんも関係ないんだ。
いろんなものを踏みつぶしてたとしても
そこに人間が勝手にそれを作ってただけの
ことで。

身勝手だよね。
あんな進化物はほんとうに生まれるのかも。


Godzilla じゃないね。 ゴジラ。
あの漢字覚えていないけれど。


えーと あの人のこの単語の発音は 
ちょっと気持ち悪かったんですよ 思わず おいおいおい と内心
ごめんなさいほんとに(苦笑)


序盤の進化前のゴジラが気持ち悪くて嫌でした(苦笑)
再上陸のゴジラが あのゴジラで安心した


エヴァンゲリオンを見てる人は
これはエヴァだね と思うんだってね?
わしはエヴァをまったく知らないのだけれど。

そら作ってる人が庵野氏だからあたりまえかもだけど
狙ってる感があるのかしら。

CGが相当にリアル(汗) ほんとにこんなことが起きたら
と思わせるね。ゴジラまぢでこえーよ とか(汗汗)
鎌倉から上陸しないでー とか 思っちゃったりさ


なんで こっちにくるんだよ

そりゃー その方が盛り上がるからだろ

という予定調和の配分も いい感じだったんじゃないかな


わしはね ゴジラは 虚構ではないと思った
ちゃんと そこにある現実だと思うべきである と。

なぜ ゴジラ という存在が生まれたか


向き合うべきときなのかもね。

第二回女史会開催@名古屋。

ひょんなことから ちょうど皆タイミングがいいってんで

大阪の女史と
京都の女史と
わしで 名古屋に集合~

磯丸水産というお店にて
女史会開催。

焼いて焼いて焼く。

13932862_1107956042604234_3389395021703342204_n.jpg

13912429_1107956049270900_110304364025591348_n.jpg

13934863_1107956045937567_6183488332239832071_n.jpg

初めて行ったけど リーズナブルで美味かった♪
ホタテ めっちゃ大きくてやわらかくてうまかったー
お昼間から行ったから お酒もハッピーアワーで安かった(爆笑)

いつものごとく
あんなことやこんなこと いろいろ話しつつも
いちばん盛り上がったのは シン・ゴジラ話www
わしはまだ見てないんだけど
ふたりの超リコメンドっぷりがすさまじく(笑)
近いうちに見ないと駄目な気にさせられました。
2時半くらいから 7時までいたっけ

おふたりとも
わざわざお越しいただきありがとうございましたw
楽しい夏休みの一日。

パンチブラザーズを聴く。

真夏の夜の
パンチブラザーズ。

13891903_1105561186177053_1986752973872014723_n.jpg

前から ジャケットが
えらく気にかかってたのだけど

最近の来日公演の評判っぷりから
やっぱ聴いてみたw

言われてるところの
ブルーグラスって括り いるのか?
というのが 正直な感想

とうにそんなジャンルは飛び越えてる感じ。
シンプルで超絶かつユニークで
冷ややかさと 情熱のほとばしる
モノクロームとカラーが絶妙に
同居するような世界。
アメリカンオルタナティブ云々の
そっちの流れが好きな方には
おすすめかな?


プロデュースはTボーンバネット。
なるほどです。おいらは好きです。


サイダーが好きなお話。

最近はほんとーに 栄を歩かなくなりました。
だから 知らないお店ばっかになってて吃驚する(苦笑)

ふと目にとまったパブ。
アイリッシュパブができてたんだなーと思いつつ
チェックしてみると どうやら ドラフトサイダーが
呑めると。

13892022_1106357822764056_2426987335783483164_n.jpg


(cider とは 本当はリンゴ酒のことを指します。
三ツ矢サイダーとはもちろん 異なるものですwww)

懐かしい というか 何気に思い出の味です。
銘柄はこれではなかったかもですが。

えげれす旅行したとき いっぱい呑んでたなー
そんだけ毎日 パブばっか行ってたってことかなー(大笑)

でも 日本では 樽生で呑めるところって本当に限られていて
(瓶でよければ それなりに見つかるのですが それも多くは無い)

これまでに東京で一か所、大阪で一か所、
自分は遭遇しただけかも?と思います。

久々に呑んだけど うまいなー
呑むと いろんなことを思い出します

ときに シードルというのを見るわけですが
日本で売ってるシードルは 基本甘い

サイダーは甘くないです
甘くは無いのが やっぱ好きです
他のお酒のチェイサー的に
呑んでたりって そんな感じだったりで


もーいっかい行きたいなあ
ふと思うのでした
ホントは愛蘭にも行きたいのもあるけどね
行けるといいな お金貯めなきゃ…

13932789_1106357339430771_9191584469662202503_n.jpg


これまた久しぶりにいただいたコテージパイが美味しゅうございました。

13902559_1106357592764079_7799882481221288232_n.jpg

べたべただけど
Toucanはずっとかわいい

13938444_1106358036097368_2471804432456372389_n.jpg

レプラコーンのお通りだい♪
こーゆーの ほんと好きねー


夏の風にのる。

13895076_1103683406364831_8687337919235283875_n.jpg

今日も日中暑すぎだけど。
場面場面で  夏の色を思う。

ブクロでハシゴ。

前から
ゆっくり飲みに行きたいねーと言ってたのもあって
仲良しのひさしガールなN女史と
池袋で 呑む。

予想していたんだけど
白タンクトップ&短パンの刑事が 
やっぱり 案の定張ってたので
(わしは それなりに遭遇率高いのねん
その時間に行くからだけどww)
某T屋はあとにして
K屋さんというおでん屋さんから。

静岡おでん的な感じで美味しかったねー
お値段はどれもこれもリーズナブルで
ついつい いろいろ頼んじゃう。

N女史とは コレ話 山話(←彼女が山ガール)
チェッカーズの話など(爆笑)

時間を見てT屋に逆もどり。
刑事は順調に撤収済みでしたw

13956852_1103108463088992_363230399_n.jpg


おっさん盛り盛りのおでん屋&やきとん屋のハシゴ
気がついたら5時間以上呑んでて
結構食べたのに
計3000円払ってないwwww ということに 気がつく

いーけど ともかく
この先も良い曲書いてほしいのよね

そんなことをしみじみと話しあう(笑)

安定は 名曲の敵なのかしら

なーんてことも こそこそ話しつつww


コーヂくんに関してはほぼ同意見だったのが
安心しました

むずかしーのー
でも彼があの曲叩くの見たいっての
一杯あるんだよね
ただ あのあたりの調節はなんとか
できないかなあ って

ロマンティックなところねー

そこがクリアできたら そんなに不満はないかも
Nさんは「前はもっとしゅっとしてたから もー少し
痩せてほしい」と言ってたが
見たくれに不備をわしは全く感じないんだけどww


Q&ジェフより、コージくんのほうがジェフさんと
相性はいいかもねー と。

個性の活かせるバンドであってほしい
でも 柔軟性も求めたくなるのは
ファンの身勝手だね


いい歳して 好きなバンドの話だけで
これだけ呑んでられる 
幸せなほうだと思いますw

愉快で楽しい夜でございました。

だいえっとにしっぱいしました。

じみーさん痩せすぎです(汗)

13939598_1102370926496079_8350831772463029966_n.jpg

お盆連休のはじまりの日。
18きっぷでえっちらおっちら 上京するの巻。

13872734_1102520709814434_3288619079273053435_n.jpg

またジミーさん見に来ちゃった(笑)

東京組と大阪組が ほぼその日のぶっつけで
やってる感じは ほんと凄いと思うけどw


ジミーさんあんまりしゃべんなかったね。
きっとそのほうがいいのよ(笑)

たとえるならば きんぐおぶぽっぷすな しー
たとえるならは ろっくんろーるのならずものの B (←じみーさん 噛んだ)
たとえるならば もりのくまさんの まっちゃさん

あれ けっこうしゃべってるじゃん じみーさん(苦笑)

なんだかんだでいつもの ジミースターダスト
自分はずっと楽しんで見ていました。

個人的には 東京組がもっとがっつり関わる
感じになるのも面白いのかなー って思ってた
いつもライヴのときにしか 音合わせてなくてあれなら
ほんとは もう少し時間が許されるなら
もっと より良くなるところもあるんだろーなーって

そーんなこと。楽しい時間はあっという間でした



ジミーさんはね そこまでへりくだんなくていい
いっつもそう思うのよ

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク