これ2リットルだから(500mlのボトルで)。

リーダーのその 無駄に大きいアピールに笑うw

これまたのこのこ上京の巻。
今回は ザ・コレクターズさん武道館への道壮行会
@渋谷クラブクアトロ その3にまず参加。
16831998_1297200930346410_7775686767420476037_n.jpg


2月はウィークリークアトロな感じで対バンシリーズ。
怒髪天、ピロウズときて 最後はフラワーカンパ二ーズ。
わしはこの日だけ参加だったのだけど。
友人の厚意にて まさかのチケットトレードで
2番げっとん。 迷わず最前。
つーか まさかまたこんな早くに最前で見るとは。

オンタイムでスタート。
何気に初めて フラカンを生でみる。
こんなバンドだったっけ?という面と
ああ きっとこういうのが彼ららしいよねというのと。
わしはマエカワさんのほぼ正面だったんだけど
すごく面白かったなー
わしは彼らがずっと名古屋でやってたときの
イメージしかなくて それがこんなに全国区で
やり続けられてる理由が 今回わかった
マエカワさんのユニオンジャックオーヴァーオールは
ほんとに武道館に着て来てくれるのかなー
圭介さんのニセモッズコートも笑えたー
テクニックで勝負するイメージは無いバンドだったけど
実はすごく底力があるんだなってのが
すぐに見て取れたなあ。ライヴバンドだって言いきってる
その意味がわかる。
個人的には 竹安さんのギターがめっちゃ好きだった。
飛び道具っぽさと確かさが同居することの
バランスを見たというか(笑)

そしてザ・コレクターズ。
コータローさんが シャツにスラックスに革靴。
おお もう 片足つっこんでるコーディネート。

もう 確実に武道館を見据えた 確認も兼ねてるような
セットであったことには間違いないです。
そこに プロペラとか ヒートウェイヴをぶっ込んでくるとは
思ってませんでしたが(笑)
でも全体を通して 彼らにとってはおそらく
あの大きな場所でやってるイメージで演奏されてたんだと思う
こーさんのアクションが 確実に大きくなっていたし
リーダーもあえて 動きかたをすごく意識してた と思う
いつもならもっと無駄な動きが多い(爆笑)
それが一切無し

青春ミラーのときの クライマックスの
コーヂが ほんと なにかに取り憑かれたかのような
迫力
やっぱ彼はこういうの叩くのが真骨頂かも と
あらためて思うのでした

いつもより時間がないのもあったろうけど
MCも短め
こーさんはどっちかというと無口め
リーダーは 無菌室だの毒バリだの言ってて
まあ 相変わらず と思わせつつも
いつもよりも そう言う意味では少し緊張感のある
そういう印象もあったりして

アンコールでは 世界を止めてを 
圭介さんと竹安さんを迎えて。
これがよかっただねー
圭介さんにしても 世界を止めてのあのキーが
きつそうで でも いい感じでも歌ってて
そしてこーちゃんと竹安さんのギターバトルが
すっごい良かった。竹安さんがリード弾いてるときも
めちゃくちゃいいの。こーさんが後ろに下がるのもね。
正直 この曲はギターふたり居たらこんなにまた
豊かになるんだね と思ったよ。有りだった。
リーダーと圭介さんのサイズ感があきらかにちがうのを
目の当たりにしましたw


アンコール最後 おそらく予定外で始まった時間機械。
相当押されましたが(苦笑)
後ろで見てた友人が 大変なことになってたよーと後で
教えてくれましたw

怒髪天の応援ソング聴いて退場。
すみやかに退出。
前川さんが入口横でほんとにチケット手売りしてて
売れるたびに拍手なのに参加しつつ(笑)

そのまま渋谷駅にダッシュ。

井の頭線に飛び乗って吉祥寺へ。

16831824_1297202220346281_5563148846115083386_n.jpg


ブラックアンドブルーに ジミースターダストを観に行く。
8:10予定と聞いてて まあぎりぎりだろうなあって思ってたら
入った時がちょうど一曲目でよかった。
個人的には なんだか心がこもるいい演奏だったなと
思ったんだよね。
そこにたどり着くまでに見てたものとは
また全然違ってて 
それはそれで 心穏やかに見られて居たりして
今回でしーさまは サポート卒業だったけど
皆がいい感じで絡んでるように聴こえてたよ
ジミーさんの曲が ちゃんとひとつひとつ
丁寧に伝わってくるように聴こえてた。
ジミーさんまで毒バリMC(笑)
まっちゃさんはどこまで極悪扱いなのだろう(大笑)

またいつか一緒に演奏したらいいじゃない
それがまた見られたら嬉しいね

こんなんで 濃い夜。




スポンサーサイト

東京観光らしい観光。

今回の上京は 大阪の友人とともに。
彼女が一緒にディズニーランドに行かないかという
お誘いを受けて、というのがあったのが
一番の理由。

初日はホテル近くの築地市場へ。
おいしいお寿司が食べたいというはずが
結果は海鮮丼で満足。
kaisendon2017210.jpg

初日はその後はライヴ堪能で。

二日目。
ほどほどに起きて外出。
自分がTDRに最後に行ったのはもうおそらく
18年前。
まだディズニーシーはなかったのです。
自分が行ったことがなかったのと
ダッフィーグッズが欲しいという友人の意見で
結果ディズニーシーに。

嘘のような快晴。
あまり寒くもなく穏やかな日で助かった。

DisneySea001.jpg

DisneySea002.jpg

シーは15周年。

この日はなんと入場制限がかかってた。
友人の持ってたチケットはそれでも入れるやつでよかったー

個人的には マジックランプシアターの 
「お願いだからもっと参加してくださーい」と
登場人物が客席に訴えかけてきたのが
相当にツボでした(笑)
USJではあり得ることでしたが
まさかのディズニーでこれとはw

待ち時間がどれも長いのは覚悟してましたが
その割にはわりと楽しくいろいろ見られてよかった。

DisneySea00.jpg


DisneuSea003.jpg


夕方の光景がなかなか美しかったのでした

日中にひとつだけファストパスを取得したのが
インディ・ジョーンズ・アドベンチャー。

fastpass004.jpg

時間が19:45からと かなり待つ感じだったけど
あちこちうろうろしたりお買いものしてるうちに
いい時間になりました。

IndianaJone5.jpg

最後にこれで正解だったw
めっちゃ楽しくて面白かったー
インディ好きなら これは好きよねー

最後に疲れたからって エレクトリックレールウェイに乗ったら
なんとタイミング良く車窓から花火も見られた。
絶妙なタイミング。さんくすごっど。
もしかしたら早く帰るかななんて言ってたけど
結局まあまあな時間まで滞在。
楽しかったー

英語のアナウンスがすっごい流れてくるなあって
今回初めて気がついた(笑)
前もそうだったかもだけど全然気にしてなかったからなー
そもそも英語できませんでしたから。
あえてちゃんと聴いてるとちょっと面白かった。

3日目。
これまた快晴。
まずは東京駅に荷物預けて浅草へ。
べたべたな東京観光w
おひさしぶりの浅草寺。
sensouji2017212.jpg

仲見世をあるいたりで盛り上がる。
その後スカイツリーまでてくてく散歩。
この日もとにかく天気がよくて最高。
TKOSKYTREE2017212.jpg
遠くから見る方がきれいかもねー なんて。

mashita2017212.jpg
真下。

展望台には行かずソラマチぶらり。
お土産を買ってしまいつつ、月島へ移動。
友人から教えてもらったもんじゃのお店
「もんじゃ太郎」へ。

monja20170212.jpg

焼いてもらったけどおいしかったー
お店の人もとても感じがよく 楽しかった。
結構お腹いっぱい。

そして東京駅へ。
ここでもお土産の誘惑に翻弄されつつ
夕方早めに新幹線。

いつもはライヴメインで観光らしい観光なんて
本当にひさしぶりでした。
こういうのも改めて楽しい~と
思う3日間。
またこういうのでも行こうと思いましたw

うつろいゆく風の色に 名前はない

20170210GB.jpg

2月はまさかの三連休。
いろいろ絡めての上京あげいん。

そしてNOWHERE。
年末のライヴのときから どうなってきてるだろう
という期待を胸に

バンドで
つかちゃんがセンターに立って歌うなんてのは
もうずいぶんとひさしぶりのことだったそうで
でも特に違和感もなく
横で跳びはねている塔子さんがかわいい(笑)

個人的感想をいえば
バンドはまだまだ 実験段階の様子であったり
いろいろ探ってる感じはあるなあ だったので
いま此処では いろいろ判断できかねるかな と
ここからなにを目指すのか 
このメンバーで 見られる風景は何なのか
わしには まだはっきりとは
わからなかったのだけど

だから今の段階では 
聴き手としてはまだまだ 満足とか不満足ではなく
バンドの行く過程を見つめていたい そんな気分

塔子さんのあの持ち味がもっといい具合に
バンドのカラーとして出せるといいのになあとか
塔子さんがいるからとて
つかちゃんが もっとギター弾いてるのは
やっぱり見たいし聴きたいし とか
わしにとってのNOWHEREの魅力って
一番は やっぱりつかちゃんの書く
あの楽曲たちの良さだし
だから それがちゃんと伝えられるバンドで
あるべき とか
この4人での新曲も早く聴きたいなー とか
しゃべる人決めておいてもいいかもよー とか

いろいろと 望むものは多いのですよ うへへ

これまでにないNOWHEREのかたちが
浮かんできてるように思うので
それが いい流れではっきりしてくると
いいなあと思っています。
この4人ならではの そんなバンドが
育ってきて欲しいなあ なーんて
やっぱりそういうものが見たいし
早く4人そろって 免許取得してほしいし(笑)

ライヴは楽しかったし面白かったです。
あっという間の時間だった。
見られて良かった。

可能性は まだまだ未知数。

また わくわく どきどきするような
ライヴを見せてもらえることを 楽しみにしております。
らぶ。
NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク