スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂を売らなくていいんだ 彼は既に僕の中に居る

17951515_1359732790759890_4709720816459534823_n.jpg

去年6月の来日公演のリターンマッチ。

待望のザ・ストーンローゼズ@武道館。
いやー 金曜日で良かった。もうホントに嬉しかった。

中に入れば満員の武道館。
我々のような 一応リアルタイムであの
80年代マッドチェスターに
恋い焦がれ 憧れたものたちにしてみたら
数年前に まさかの再結成が行われて
あのオリジナルメンバーの4人で
ちゃんと単独で見られることが
なにより大事なことだったなあと思う。
そういう人たちで溢れかえってる会場
なんとも言えない熱気に包まれてました

前に自分が見たローゼズは95年で、
セカンド・カミング期だったし
既にレニが抜けたあとだったので
正直に言えば全然感触が違っていたし
あれは わしのローゼズではなかったのです
とはいえ 思わぬ幸運な出来事を得たので
わしには とても特別なライヴにもなったのですが
コチラに書いております)

今回は 
わしの憧れた あのローゼズが目の前にいる
というだけで 本当に貴重なことだったのです

一曲目が
I Wanna Be Adored で
I Am The Resurrection で終わる

完璧です これだけで完璧なのです

これだけで完結してたといっても過言ではない
(ん?:笑)

と思えるセットリスト

I Wanna Be Adored
Elephant Stone
Sally Cinnamon
Mersey Paradise
(Song for My) Sugar Spun Sister
Bye Bye Badman
Shoot You Down
Begging You
Waterfall
Don’t Stop
Elizabeth My Dear
Fools Gold
All for One
Love Spreads
Made of Stone
She Bangs the Drums
Breaking into Heaven
This Is the One
I Am the Resurrection

オープニング
マニのベースが聴こえてきた瞬間
もう全身の毛穴が閉まりましたよ(汗)
そして 思わず涙
あー 本当だ 幻じゃないや って

会場皆 歌う歌うのしんがろんぐ大会
歌えますよ 歌えますとも 歌うし踊るよ

Sally Cinnamon やってくれたの嬉しかったなー
Waterfallが始まった時も 死ぬかと思った
Made Of Stoneも 泣ける泣ける

演奏じたいがベストだったとは
わしは正直 思わなかったけれど
でも やっぱローゼズらしい その在り方だったとも
思えたなあ
レニが意外に けっこうはみ出しまくりで
でも 予想よりパワフルだったのは良かった
マニが 相変わらず上手かったのでは
彼が やっぱかじ取り役って感じがした

18056926_1422028031186720_7542556990039931669_n.jpg

そしてジョンの見たくれとギターの格好良さが
半端なくて萌えまくりでした
スカジャン長髪髭って何!←阿呆
22年前のそのライヴでも実はジョンに
釘付けでした 復帰してくれてやっぱ嬉しい
そしてイアンはやっぱり いつだって
my greatest monkey ever!
愛すべき存在です

18010814_1422027984520058_4137430041021735849_n.jpg


アンコールはなかったのだけど
これで充分
そういう潔さと クリアさがあった
1時間半強くらい?
短く感じたけど でも
密度の高い時間でした
最後に4人がステージで 手を取り合って
挨拶した姿も 我々には 感動的でした

素直に楽しかったなあ 行けて良かった

ライヴ後 某M氏が
わしの真後ろで見てたよーって 連絡
気づいてたら声かけてよ!って 言ったわ(苦笑)
だって 真後ろだから プレッシャーかけても
いけないでしょーって言われたが
居るって知ってても 踊りまくってたし
歌いまくってたから 大丈夫だったのに♡って
返してやったわい ちっ
スポンサーサイト

どこまでも遠い空 さよならまたいつか

なんだか毎日忙しい最中
でもやっぱり行こうと思って出かけてたよ


17952757_1356009687798867_4816915691317176349_n.jpg

ライヴ前に
とてもお天気が良かったので
随分とひさしぶりに井の頭公園まで足を伸ばした
ここんとこひんぱんに吉祥寺に来てたのに
改めて ぐるりと歩いたのは何年ぶりだったのだろう
まだ 残る桜を愛でるのに 充分なお天気で
ぼんやりと 明るくて少し遠い空を見上げながら 
適当に腰掛けて ビール飲んでました
きっと自分と同じ考えの人が 
皆思い思いに 楽しまれてる感じで
思いのほか混雑な公園内(笑)
スワンボートもなんだか渋滞してたし(大笑)


久しぶりに いせやさんの前を通った
きれいに改装されたね
大好きな渡さんは きっと やっぱり
今も来てるかなあって ちょっと覗きこみたくなる(笑)
そこのカウンターに座ってない?て
遠くから眺めながら
なんだか ブラザー軒そのままじゃんって
思いつつねw
次来る時には入りたいな

17991197_1355017751231394_4583497023891490824_n.jpg





17951624_1355003307899505_84304337022789614_n.jpg

そしてGB。
もちろんNOWHEREさん目当ての夜。

オリエンタルバウンズは わしが見る時はなぜかいつも
アコースティックだなー
楽しめましたけど 一度バンドヴァージョンみたいのにね
なかなかご縁がないですの

そしてあっという間にお目当てのNOWHERE

始まった瞬間からわかるくらいだった
あれ これまでと違うって

四の五の言わないっす


この4人になって 今日が間違いなく最高
というか 2月から比べて ここまで変わる?!って
正直もう かなりびっくり
なにがここまで 変えてしまったの?と
一曲目から 驚きながら見てた

4人が同じヴァイブレーションの中で
演奏が出来てたんじゃないかしら
正直2月まではまだ ばらばらだったと思うの
その違和感が一気に払拭されてたね
一気に バンド! っていうまとまりが出来てた
というか。
柔軟さと 緊張感が共存してて
わしにとっては NOWHEREはこうあってほしい
という姿でもあったりで

最初から最後まで 聴いててずっと心地よかった
すごく自然に聴こえてたし 見せ所というか聞かせどころも
ちゃんとメリハリが有ったと思うし

塔子さんの役割
このバンドの中での立ち位置が
今やっと有る程度定まったかな?って

確か前回は つかちゃんがセンターに立つのが
久しぶりでって話だったけど
やっぱりそれで良いと思う 
前回は ぎこちなさがあったけど
今回は全く感じなかった

前にも書いたけど
わしは つかちゃんの書く 
あの曲たちの良さが
こちらに 伝わってこなければ意味はないって
思ってた そのための表現手段のひとつが
今 この4人での形なのだろうけど

それが今回は どストライク
聴いてて思わず笑っちゃうほど
伝わり過ぎるほど その想いとか
願いとか なんかそういうの 全部
一気に吹き出してたような気がするよ

それがあの客席の反応でもあったと思うし

そんなNOWHEREが 
わしはやっぱりとても好きだった  
不器用なくらい まっすぐでね

この先の風景も 見えてきていたらいいな
そう思いました

今回は終電で帰れそうだったので
最後のスランキーサイドさんは一曲だけ見て
泣く泣くすみやかに退場。
でも、NOWHEREが本当によかったので
大満足。出かけた甲斐のある時間でした。
帰りの新幹線のチューハイが美味しかったw

次はいつ見られるかな
全然わからないけど 

また あれだけ届くライヴが見られたら嬉しい
そう思うよ
その場にいられて よかった

モッドの父と言われること。

彼は本当にはどう思っていたのかな。
90年代に、そうやって あの彼らが彼へのリスペクトを
示したことによって 彼は返り咲く面もあったろうし
そう言う人が居る人のことも受け入れてたろうけど

自分は 彼がそれを素直に受け入れてたのかな それは
疑問だって 思ってたりもするんだけど

今日 さらば青春の光なスクーターにまたがる彼の
動画をふと見たときに
やっぱりすごく格好良いので吃驚した(苦笑)

まだ子供も生まれるもんね 若いの

17800182_1345594285507074_6354068921506291433_n.jpg


定期再生w
わしは The Jamから入ったクチで
その時点で後追い
(当時はスタカン時)
スタカンよりジャムが好きで
アルバム聴きまくってた
それからもう少ししてから出た
このExtrasが どストライクで
結果いまでも再生頻度の高い一枚です

わしの中でのThe Jamは
この中にものの見事に収まってる
気がします
何が 彼らを 他のネオモッズバンドと
隔てたのかが 明らかだし
(パンク/ニューウェイヴのそれとも
当然画してるし)
ここにある 愛情と情熱と 体温は
いまだに聴いてて ひどくリアルで
掻き立てられるよう

そして その後のスタカンの感触もたっぷりで

特にカヴァーが秀逸揃い
彼らの売りでもあったのですよね
実は David Wattsはわしはジャムが最初で
本家より好きとかw そういうのあったり
書き始めたらキリの無い思いも
あったりして

でも何でそんなに反応してたんだろ
それは自分でもよくわからないけど
彼らの持っているポップさと 
この実直さと ちょっと不器用な感じが
自分自身にはフィットしたのかな

Get Yourself Together とか
So Sad About Usは
彼らが わしを導いてくれる曲でした
ジャムで聞いてなかったら
ちゃんと聴こうとしてなかったと思うの

でも最後は The Eton Rifles で
ジャムな曲で〆られてて

むかーし自分が作ってたHPに
好きなアルバムのレヴューをたくさん書いてて
これのことも書いてたはずだなーと
ふと思う
そんときはどう書いてたんだったろう
たぶん今とあまり変わらないことを書いてたはずだけど

ドイツなんてあり得ないし 日本も 遠い





この曲が 
FacebookのTLに流れてきたので ぼんやり見てる
Wilcoの魅力って この曲みたいな曲な
気がするなあ 自分も大好きな曲
彼らは6人編成なんだけど 
そのわりに何気に 隙間が有って
全然くどい感じがなくって
(言い換えれば それはとても繊細な
やりとりが 繰り広げられていて)
それが静かに静かに 息づかいが高まって
温度が上がり続けて
ギター三人がせめぎ合っていく感じ
彼らの作り出す穏やかさの中でしか 
表現できないような
そんなスリリングさを持ち合わせていて
これがすごく素敵だなといつも思う
んで
ここのドラマーさんがわしはとても好きですw

彼らも まるでキャンバスに絵を描くように
音を重ねて 色を重ねて

その 風景を見せてくれるようなところが
わしは好きです
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。