スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れが歳老いてくのを見てる 陽が疲れ果てるのも

10491184_705448836188292_1775474911869640521_n.jpg

久しぶりに
ライアン・アダムズ&ザ・カーディナルズを
聴いてます。

痛みとか刺々しさとか、哀しみとか怖れとか
それだけじゃない。
さらけ出すだけが表現ではない。

ライアンの深い魅力を引き出しつつ
バンド全体で、彼の持つ
熱や激しさや、うねりを
音楽的に出せるのが
このバンドの強みだったと思う。
今また聴いてもやっぱり改めてそう思うし
なにしろ格好良い。

バンドメンバーの一人が
亡くなったのがきっかけ?だったか。
そこでライアンとバンドは一緒にやることを
止めてしまったけど。

一度は生で見たかったなあ、と思う。
どのアルバムも好きだけど
きょうはカーディノロジーを聴いてます。


CardinologyCardinology
(2008/10/28)
Ryan Adams & Cardinals

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。