川の歌を聴け。



お盆休みも早いもので最終日(涙)
最後は映画見に行くか―と決めてた。

名古屋では昨日から公開になってた
『黄金のメロディ~マッスルショールズ』を
モーニングショーで見てきました。

一応、さっくりと知識はあったものの、
改めて、素晴らしい場所であるのだな、と
思わざるを得ないようなエピソードが山ほど。
フェイムスタジオの創始者リック・ホールの
送ってきた人生の凄まじさも並行して
語られていました。
それがあの地の何かともリンクしてる。
素晴らしい風景も 映画の中ではたくさん
見ることができました。

テネシー川には 
The Lady in the Riverが居るんだ。
そんな細かな伏線も 絶妙。

アレサ・フランクリンとの初セッションのときの
エピソードで
スプーナー・オールダムが弾き始めたフレーズ
ってのが わしはとても印象に残った。

映画の中では 貴重な写真もたくさん紹介されてて
分厚い写真集見てるみたいでもあったよ。
デュアン・オールマンがすんごい
格好良くって萌えてた(こら)

I believe in Magic だなあ。そう思った。
当時の南部の人種差別のなかで
あの数々のセッションは行われてた。
そこがちゃんと取り上げられてたのは
やっぱ重要なポイント。
スタジオの中では何の垣根もなかった。
不完全なものたちが集まって
パーフェクトなものを次々に生み出してた
そんな場所。
スワンパーズのメンバーの証言も多く
丁寧に追われてたと思う。

かの地に自分も行ってみたくなった。
もともと南部には行ってみたかったけど、改めて。
何が有るのか、確かめたくなった。

そして、
いつ流れるんだろうと思ってたあの曲。
最後だったね。そりゃ最後だよね。

と思って帰りにパンフレット買って読んだら
対談記事のパンタさんがまったく同じことを
語られていた(苦笑)
いや、皆思うことおんなじですたい。

某兄さんが 見て! って言ってたの納得。
そりゃー こんなん この手の音楽好きな人が見たら
鳥肌立ちっぱなしよ。

多少なりとも知識は持ってたほうが、この手の
映画は楽しめる。 どうしても説明は少ないから。
でも、知らなくても、凄さは伝わってくるはず。

是非よしなにー。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク