大和の空と 雨と 鹿。

朝7時過ぎから出かけて近鉄乗りついで
たどり着いた 大和郡山駅。

『こおりやま音楽祭 “樂” 2014』に

またもや しーさまを見に行く(汗)

あいにくの空模様。
なんとか、彼の出番のときに
雨が降りませんよーにと願っていた。

残念。
ぽつぽつ降り出した。
ちょっと激しくなったりもして
その場に居た人が 減って行く…

わしと、同行してた友人は
もうこうなったら最前じゃ!と
どまん前で見ることに。
傘さしながらこんなシチュエーションで
ライブ見るなんて これまでしたことあったかな
いや きっとこれも初めてのことだったかも。
ああなると もう逆に面白くて楽しくなるっていう


shinobu_20141102_kouriyama.jpg

テントの下で歌うしーさま。
でも、雨が降る中、数回お外に飛び出して
ギターを弾く。
駄目だよー ギター濡れちゃうよ!と
心の中で叫びつつ(笑)

でも そんな姿もまた印象的。
あんな場でしか見られないものだったのかも。
力強く ひるまず
格好良いお姿でもありました。

いつもより歌詞が臨機応変
こういうのも 面白かったし
それができる余裕もちょっと頼もしかったりね

ほんの少し小止みになったとき
リメインダー。
曲を始める時に しーさまが

なにかにとりのこされてるわけでもないのに
勝手にとりのこされてる気分になったりするかもしれませんが
それはべつにとりのこされてるわけではないと思います

って言ったのが(↑こんな感じだったんだけど)
なんか すごい どきっとした。
急に言い始められたから。

最後の 澄み切ったリヴァーブの中で、で
ほんとに土砂降り。
わしら、もう、逆に動けなかった(大笑)
ああなると 笑っちゃうしかないねぇ。
でも、わしも友人も
それが面白くて仕方なかった、かも。

しーさまの出番終わって
しばらくすると 雨がやみ。

あら? どーゆーこと?

まさか このタイミングだけこの雨か!


大和の神は 意地悪だねぇ


でも
その分
その場でなければ見られない
しーさま 見た気もするのですよ

いや 
ほんとはそんな目的ではないんだけれど

ああいう場でのその振る舞いとか
自分のなかの気持ちとか
その 在り方とか

なにかしら 彼の糧となっていますように

そんなことを思いながら。


鹿せんべい。昔は100円だった。
150円かあ。
shikasenbei.jpg

deer1102.jpg

どうしたら 鹿に待て、をかけられるのか
大いに学びました(笑)

omikuji20141102.jpg

鹿みくじ。
待ち人気長くすればありだって。
嗚呼。
もうどんだけ待たせんだよ。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク