やどり木の下で。

10441023_778730932193415_9082012312571350815_n.jpg

clubwater2104120501.jpg

そしてその後
十三のクラブウォーターへ。

信夫くんの投げ銭ライヴVol.2。


shinobu2104120501.jpg

shinobu2014120502.jpg

一回目は株主総会だったらしいけど
今回は まずまずの入り。よかったね。

最初にチャージとドリンク代をとられるけど
あとのライヴ代は 自分の満足度で
決めてくれ、のスタイル。

普段にないスタイルのライヴ。
本人さんも、実は結構緊張されてたのかも。
小刻みに震えてる、とか言ってて。
こわい このライヴ って 本音隠さないしーさま。

一曲目から大好きな曲だった。
意外な曲がオープニング。
わしは初めてライヴで聴いたと思う。
全部無かったことにできればいいのに、って曲。

月の明かり、君の灯り で
なぜかおかしなループに入ってしまい
ふだんこんなところで間違えないのに!って
結果Take5か6まで行ってた。
こういうのも、こういうライヴならでは。

きんちょーしてる?と問いかけてみれば
そりゃー するさ!と返ってきた(笑)

事前に 実はリクエストを出していた。
そして当日に行きのバス中で思い立って
相当無茶ぶりなリクエストまで出してみてた。

いっぱい応えていただいた。
有難うございました。嬉しかった。

無意識だったけど
わしは 信夫くんの音楽の
ルーツを少しでも見たかった
のだと思う。
だから
こんなリクエストたちだった。

モルディヴからのリクエスト。
ラジオネーム
来年は絶対もじゃもじゃ(爆笑)

彼がFacesが好きという話を聞いてたのと
イアン・マクレガンが亡くなってしまったのとで
じゃあ、一曲くらいFacesやってくれたら
嬉しいなーって思ってたので。

If I'm On The Late Side をピアノで。
歌う前に歌詞の内容を
ご丁寧に説明までしてくれて。
いや これ素敵でしたよ。

信夫くんの好きな
元春さんの曲も聞きたいな、とお願いしてた。
まさか一番新しいとこからやってくれるとは
思わず。
しかも好きな曲だったからばっちり。
もう一度信じていいか迷う。
ぐっと来るよ。

第二部はネクタイなし(笑)

shinobu2014120503.jpg


2014120504.jpg

信夫くんの好きな
ヒートウェイヴの曲を ひとつ聞きたいとお願いした。
ちゃんと考えて選んでくださっていました。
自分が歌うにあたって
どんなヴォーカリストも声が高いんだけど
山口洋の歌を聞いて、ああこんな低くてもいいんだ
と思った、とのこと。
そのとき聞いたのはハピネスだったのね。

その流れで
Bさまとのことなども 語られておりました。
そして選ばれてたのは

愚か者の舟!

いーとこだよー もー そこ選ぶのねー
と 心で泣いておりますた。
聴けて嬉しかったです。ありがと。

ヒロシの歌はどれもヒロシ節なので
歌うの難しいなーと わしは思ってて。
うまくやりのけられてたね。
でも、そこはもうさすが。

なんかリクエストが有ればこの場でも
気軽に言って、というしーさまに
ぽろぽろと リクエストが飛び出す。
それに応えるしーさま。

友人の事前のリクエストで。
なんと新曲まで! 凄いと思ったよ。
オリジナルのクリスマスソング。 
やどり木、の曲。

そんなこと言われたら
つくっちゃうんだからー! って
そういうしーさまの心意気が見られた。
出来る子だよう~ ← 上から目線だって

予想以上に可愛らしくて
あったかい感じの曲。
これまでにないんじゃないかな?
あら、こういうのもいーじゃない!て
曲だった。

その新曲まで聴けて
わしは 退散。
投げ銭して、帰ってきました。

外に出るとかなり冷え込んでたけど
心のなかは ほっかほかでしたよ。

ほんとはゆっくり見られる予定だったけど
急遽日帰りに。
最後まで見てた友人らの話を聞くに
最後まで盛り上がってたよー とのこと。

うん、やっぱりいい雰囲気だったし
良いライヴになってたと思う。
わしは 聴きたいのがっつり聴けたのもあるし
このライヴならではの しーさまに出会えた
こともあって
途中抜けでも大満足。
これはやはり面白い試みだと思った。
彼自身も、自分だけでは思いつかない
アイデアも出てくるのかな。

また次の機会には
最後まで見られますように。
そう願っております。
2月に開催?
また行ける日だといいなぁ。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク