彼の頭の中。

今回の上京は
こんなのもセット。

ティム・バートンの世界展見てきたー。


timburtonexhibit01.jpg

timburtonexhibit02.jpg



わしが初めて彼の名を意識したの
なんだろ。
あのバットマンかな。
シザーハンズが凄く好きで
ナイトメアビフォークリスマスが
ほんとに好きで。
マーズアタックさいこーって思ってて。

彼の描くキャラクターは いつも
愛らしくて 不器用で 毒があって
そして 物悲しくて 残酷で
とことん ピュアだったりする。

それに惹かれてしまうのだな。

名前を見れば
見逃さずにはいられない、
そんな存在。

東京の展覧会は
平日でも大混雑で
正直 うえ って思ったりもするけど
そんでも 充分楽しめた。
あれだけの点数の彼の
ドローイングが見られたのが
すごく面白かった。
やっぱ どー考えても普通じゃない。
でも どの絵も酷く魅力的で
わしは 痺れまくりでした。
思わず うひょー とか むきゃーとか
ううう かわいいかわいい とか
口にせずにはいられなかった(笑)

ドローイングの中に
そのストーリーが
書かれたものもあって
それをちゃんと読めるのが
嬉しかったな。
(横のボードに翻訳されてない
ものもあったりで、そういうのも
また面白かった)


うん エドワード・ゴーリーだよね。
そりゃそーだ。
エドワード・ゴーリーは もっと救いがないけど
あれを進化させて ずっとキャッチーに
したのが 彼なのかも。


timburton03.jpg

出口を出るとこんなオブジェが。
皆写真撮ってた。

好きな方は見て損なし。
もう一回見に行きたいくらいっす(笑)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク