口から出そうだ。

theshakes01.jpg

覚えてる。このキャッチコピー。

たぶん25年くらいぶりに
聴いています。

初めて聴いたの14の時だ。

うろ覚えだけど
レンタルレコードで借りて
カセットにダビングしたのだと思う。
(↑死語のオンパレード)

そのカセットテープを実はしばらく探してた
のだけどずっと見つからなくて。
処分しちゃったのかなーと。

いいタイミングで
レコードを見つけた、ので
今になってやっと ちゃんと
入手することにしました。
そして今さっき聴いた。

正直なところ
もっと、うわ、こんなんだったんだ
とかなんか そういう変な違和感を
もしかしたら持つのかと覚悟をしていたのに

吃驚するほど
自分にとって 今 するりと入ってくる

てか もうふつーに格好良いじゃないの と

あら 買って良かった と ちょっと 感動。

古さとか感じなかった。
どこまで当時狙ってたのかは わしには
計り知れないけれど
なんだかすごく普遍的で
シンプルなことを ぱんっとやって
のけてたんだな、と。

兄さん ほんと変わってないんじゃん。 


いや いまだにこれに 
こんな感想を持つ自分こそ
変わっていないということなのだろうか。


お互いさまかな。
でも 嬉しかったりもするの。

今のわしにとっては
それが大きいのかもなー。
大切に聴きます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク