訳してみた。vol.40

雷の音が聞こえた

だから 雨に備えたんだ
僕は 雨から逃れようと試みたけれど
すべては 無駄だったよ
土砂降りを止める手立てはないし
ただ 雨が 空から降り注ぐ
君が 雲の中で身動きできなくなったら
ただ 下に落ちるしか 行く場所は無い

君は 全ての痛みを消すための 何かを
考えようとする
君の考えは全て 無駄なのさ
でも君は 思いつかないんだ
自分の考えがすべて 無駄だなんて

君の心が 落ちていく時
高いところから まっさかさまに
君の見えるものは ただ地面だけだ
ただ 落ちていくしか 行く場所は無い時
それ以上に君の思いが 沈んで行く時
まるで 古びた芝刈り機の下のように
人生は 君の上を 走りさる

あらゆるものが スローモーションさ
それらは 止まることはなく
すべての感情が 
まるで棺の中に閉じ込められたような気分
それはまるで 
自分が絵画の中に閉じ込められたよう
泣くことも 音を立てることもできない

そして 落ちていくしか 行く場所はない
その瞬間の その重力は
君を空から 引き寄せた
雲の上を歩こうとしていたのに
落ちていくしか 行く場所はないときに

Ron Sexsmith / Nowhere To Go





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク