コレクトロンスペシャルキャンプ2015大阪の巻。

3月21日、22日と ひょろりと大阪へ。
今回は近鉄利用~
やっぱアーバンライナー好き。


21日(土) は江坂MUSEにて
コレクトロンのファンミーティング。
あまり前に詰めず後方で見るつもりだったので
ゆったりちょうどいい感じ。

今回のファンミは三部構成。
第一部は リーダーとコータローさんが
ふたりでアコギデュオ。
わし、実はこれは初めて観たんじゃないのかな。
(イベントでちょこちょこやってるのにね)
そんなことを思いながら。
やる予定じゃなかったsomethingも聴けて
嬉しい~ 
ふたりでスナック回ろうよ、なんて
本気のような 本気でないような(笑)


第二部はおなじみ、The Q(笑)
結成20周年だと。わはははは。
うまくならないままだったのに
此処に来てクオリティが上がってる・・・(爆笑)

Qちゃん まさかのグロッケン導入(笑)
こーさんドラムにリーダーがベース(今回
フェンダーのジャガーベース?! おほほ)
ジェフさんはリーダーのVOXギターを
弾いてた。

いつものとおりWe Will Rock You で始まり
Summertime Bluesで終わるのは お約束。

今回は
リマールのネヴァーエンディングストーリーの
羽賀研二ヴァージョンと
安全地帯のプルシアンブルーの肖像の
カヴァーが 結構ちゃんと聴けて 
笑えた。
(↑の曲、Qちゃん以外の3人は知らなかった
らしい~ リーダーは「いい曲じゃない?」って
言ってた気が)
それにしても Qちゃんのあの自由感は変わらず
まだまだ やっていただかないと。
こーさんが
「足がもたなーい」ってぼやいてましたな(笑)
白タンク姿の刑事やっぱかっけー

第三部。
コレクターズのライヴミニヴァージョン(笑)
バンドの状態の良さを感じる空気。
あまり飛ばし過ぎず リラックスめな雰囲気。
でも後半の青春ロックがちょーカッコ良かった。
こーさんがアンプ、マーシャルに換えてる。
(この前のクアトロから換えてたらしい。
だから2回目のライヴ。)
だからパワー系には効いてる感じだった。
それはいったいなにを意味するのか。
ちょっとね ドキドキするよーな。

次の日のライヴも見越してか
結構あっさりめな感もあったのだけど
でも ヒートウェイブで盛り上がって終了。


【第1部】(加藤ひさし+古市コータロー)アコースティック・ヴァージョン
01. 夢見る君と僕
02. …30…
03. Something(THE BEATLES)
04. あの娘は電気磁石
【第2部】THE Q(Vo. 阿部耕作/G. 山森JEFF正之/B. 加藤ひさし/Dr. 古市コータロー)
01. We Will Rock You(Queen)
02. You Really Got Me(THE KINKS)
03. ネバーエンディング・ストーリー(Limahl/羽賀研二バージョン)
04. プルシアンブルーの肖像(安全地帯)
05. Summertime Blues(The Who)
【第3部】THE COLLECTORS
01. TOUGH
02. ミリオン・クロスロード・ロック
03. ミノホドシラズ
04. Da! Da!! Da!!!
05. 勘違い転じて恋となす
06. Stay Cool Stay Hip Stay Young
07. 問題児
08. 僕は恐竜
09. 青春ロック
10. NICK! NICK! NICK!
11. 世界を止めて
アンコール
01. 恋はヒートウェーヴ

恒例握手大会も いつもきんちょー。
いまだにきんちょー。
コータローさんの ふぁっくゆー(Tしゃつに
かいてあった)しか
覚えてません~

というわけで 次の日へ続く。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク