煮るバナナ。焼くバナナ。

かーとこばーん もこうなったらカタ無し(笑)
>タクシーの運ちゃんの話からの こーさんの
ひとこと


3月22日(日)。
昼に友人と合流して
クリスタ長堀のインデアン詣で。
なんと Qちゃんお食事中(爆笑) やっぱ皆来るんだ...
素知らぬ顔で 横のカウンター。

まー こういうこともあるね(笑)
前はさっちゃんパパに遭遇したな...

お茶しーの ビール呑みーのしつつ
友人らとわいわい談笑。まあ
これが楽しい。

心斎橋のジャニスにて。
今日はレギュラーな大阪公演。
冗談ぬきで男性増えてるよ・・・

先週のクアトロで
オペラが演奏された話を 聞いていて
大阪でも絶対にやってほしいなと思ってた。
もちろん、そう思ってるファンの人は多かったと
思う。

選曲番長、ありがとう。
あのセットリストはやっぱ素晴らしかった。
初期曲であっためておいての
ぼくを苦悩させるさまざまな怪物たちのオペラに
持っていくのは
あまりにも理想的だった。

バタフライキスやPower Of Loveがひさびさに
聴けたのもよかったけど
やっぱり今回はオペラに尽きてしまう。
リーダーは 受けるのかどうか
随分心配してたようだったけど

なんのその。
大阪でも大歓声。

曲ができた当時は持ってなかった表現力
が バンドに 今確実にあって
オペラを演奏して 客を唸らせられるだけの
説得力が ある。
11分もある曲だから やっぱりライヴでは
やりにくいし、 演奏する意味があるか
どうかってのもあったと思う。
でも、やって良かった、って本人たちも
絶対に感じたはず。大阪でも。
それだけの演奏ができてるっていう
自負も間違いなくあったと思う。

怒られるかもしれないけど 
当時は曲にバンドが 追いついてなかった。
聴く側も 本当の意味でね。

わしがオペラに思い入れを
ほんとに持ったのは
実は2004年のオペラ再現をDVDで見てから。
あれで どれだけの思いがあるのかってのが
本当に感じられたから。
生で見に行けなかったのを悔いた。

だから 今回やっと聴けたのは
嬉しかったし
やっぱり もう一回 オペラって
できないのかな、って

ずーっと思ってるんだけどね。

太陽は僕のもの の
泣いてばかりはいられない で
泣いちゃったよ
通しでぜーんぶ歌えるよ 歌ってたよ
あー もう ほんとに たまらんかった
本当に素晴らしかった

そっからの So Sad About Us

殺す気満々じゃねーか!

はい もう今回は 
どっきゅんどっきゅんでした。
素晴らし過ぎました。
すいません。
完敗です。ぱたぱた←白旗振ってる

コレクターズは これがあるから 
昔のファンも 離れない。
出戻り組もほんとーに多い。
そこはほんとに続けてきたことが
強みになってると思う。

そーかと思えば
本編最後は
踊る運命線だからねー
もう 最高。
やっと生で聴けて嬉しかった。
やっぱり名曲だと思う。
歌うリーダーには拷問だけど
本編最後に似合う曲だね。

世界を止めて で
すごい形相で歌うリーダーと
こーさんの終わりのギターソロが
いつも 沁みまくる 大阪(笑)

でも この日
リーダー いい表情だったよね。
それは本当に そう思う。

ティーンネイジャーだけ歌え!と言って
ほぼひとりかふたりの声しか聞こえなかった
あの落胆の表情がたまらなかったです♡

そんなあなたが皆大好きだよー

おっさんいっぱいでもいいじゃない(笑)


01. Power of Love
02. 恋の3Dメガネ
03. 東京虫バグズ
04. Da! Da!! Da!!!
05. ミノホドシラズ
06. プ・ラ・モ・デ・ル
07. 恋のカレイドスコープ
08. 鳴り止まないラブソング
09. Butterfly Kiss
10. たよれる男
11. 勘違い転じて恋となす
12. 僕を苦悩させるさまざまな怪物たちのオペラ
13. SO SAD ABOUT US
14. ごめんよリサ
15. インスト
16. GROOVE GLOBE
17. NICK! NICK! NICK!
18. 踊る運命線
アンコール1
01. 世界を止めて
02. CHEWING GUM
03. 僕はコレクター
アンコール2
01. 恋はヒートウェーヴ


良き2時間。
充実の二日間でした。

ライヴ後は友人らと呑んだくれ<こら
最終のぞみで帰名。
あー 楽しかった。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク