役立たずの航海図は 焼き払って。

またもや 高速バスにて
東へ てってけてーと参上。

山手線が アクシデントにて
動いてないとな。
今回、わしは山手線を使うことなく
だったのでよかったけど
(普段は必ず一回は乗るのに
今回に限ってセーフ)
その影響で中央線も遅れ気味。

今回は 初めての阿佐ヶ谷harnessにて。

11138083_844595095606998_6542860464806021415_n.jpg


535943_846265972106577_4923497237376243425_n.jpg

黒水伸一さん×信夫正彦さんな 
Two Of Us な アコースティックライヴ ← 日本語が崩壊



中に入れば。
しーさまのギルドさんと
兄さんの マーチンさんが たたずんでおられる。
おお。そんなこと思いつつ。
思ってたよりも広くはなくて
距離の近さにちょっとどきどき。

スタートが今回早めの18時。
10分押しくらい?

まずは しーさまから。

ほんのすこーし緊張気味?
おごそかな雰囲気で始まったライヴ。
一曲目が リメインダー。

気にやむ君の理由とか3時47分とか
普段はピアノでやる曲、が
ギターになるとこうなるのか!
てのが 興味深く。
気にやむ..のほうの、アレンジが意外。
おそらく、これまでにこういうの
なかったんじゃないのかな?と思いながら
見てた。(↑言葉にできなーいww)
そうかあ、完全にギターのみでの
しーさまのライヴを見ることは少ない。

新曲の、あたりまえのウィルも
なんだかとても気になる曲だった。
歌詞も、曲も、またこれまでのものとも
ちょっぴり違うしーさまの面が出てるように
思えた。

10421230_846265628773278_6407724310647869141_n.jpg


曲がすすむごとに しーさまの温度も
見てる側の温度も上がる。
しーさまの表情も後半のほうが
やはり断然よかったりして(笑)
ふっと The Waterboysのことを
口にされたのも 思わずだったのかもだけど
(急にタイトルが出てきて どきどき。
で、負けてられない、ってね)
なんだか 今の彼の気持ちがぽろっと
こぼれ落ちた感じだったよ。
まさかのコール&レスポンス要求もw
ちょっぴりいつもよりテンポ上がった
最後のリヴァーブまで一気。
うん、すごく良かったなあ。
すごく格好良いしーさまだった。

あったまったところで
黒水伸一さん登場w

11133756_846265662106608_1517540296077727436_n.jpg


完全アコギな伸一さんを見るのは
わしにとっては初めて、でした。
うん、兄さんの真っすぐさがちゃんと
発揮されてていいと思ったです。
曲もまたちがって聞こえるしね。

客にもっと細かい手拍子を要求したり

走るなよ!と 文句言ったりwww

そしてまさかの新曲4連発(爆笑)
自分が見に行ったら 嫌なのにとか
近藤くんの話を引っ張り出したりとかしつつ
でも結局4曲押し切った。(6曲目から9曲目まで)
もう、そういう兄さんがたまらない。
今日はちゃんとタイトル言うよ!って。

その中で
彼女のタンバリンが聞こえる

がやっぱり一番好きだったな

誰のことを歌ってるのか 
伝えたいことが一番飛び込んでくる
感じがしたし だから曲がいきいきしてる
ように思えたし
兄さんならではの あの人への
メッセージは とてもクリアで
素敵に聞こえてきたよ

兄さんのご両親が
先月のトリオワンマンを見に来てた話。
しーさまとBさまを褒めたご両親に
納得いかない兄さん(笑)

わし 光をあつめて が
すっごい好き
でも、実は曲が途中で一回
兄さんの頭から ふっとんじゃった?
戻ってきたからよかったけど
ちょっとどきっとしたねw

11149499_845325198867321_7874680294731532401_n.jpg

(ライヴ後にご本人から有難くいただきましたw
だから なんで 名前伸ばすの?!って聞いたら笑ってた)

そして
兄さんとしーさまとのセッション。

11091333_844734488926392_2877424808792713339_n.jpg

11156213_846269398772901_134913074811324449_n.jpg

11150273_846268568772984_2440836180706734524_n.jpg



10410331_846268505439657_6639301743508436367_n.jpg
↑CD宣伝中。

生き急いでる兄さんは
バンドも弾き語りもがっつりやるそうですw

局地的スマッシュヒットの
雨のブラックサンドビーチのアコースティック
ヴァージョンが悪いはずがなく

兄さんが選んだ しーさまの曲はライナス!
これも意外で 面白かったな。
ギター2本の ライナスもまた違う雰囲気で
よかった。

しーさまが歌う
ワイルドキャットが聴けたのも
わしはすごく嬉しかったし

11133847_846269312106243_6947612756303646035_n.jpg



(the sea called)Graceが
あーんなことになるとは。
兄さんが ストーリー追加しちゃったwww
ジェラードのあの鮮やかなミドルシュートシーンが
目に浮かんだよ(爆笑)
あー ジェラード まぢかっけーんだよねー ←好き ←あれ?


11130245_844883728911468_3606603239410271692_n.jpg

アンコールは
やはり お客さんで見に来られてた
伴さんが 兄さんに呼びこまれーので参加
「今日は彼の力を借りずにやろうと思ってたけど」と
兄さん。
その場にあった 鈴で と兄さんが
言った時。
しーさまが
「どんどん難易度が上がる」と
言ったのを聞き逃さなかったw
(ちゃんと シェイカーもあったから 
よかったね)
三人での Stop, Look, Listen。
Bさま 前に出た限りは
しっかりと 盛り上げられておりました。
振り付けが(笑)
いやー
もう面白過ぎた(爆笑)
そして兄さんの無茶ぶりっぷりは
加速するばかりで
しーさまに アコギでベースっぽいのを要求したり
(この日 しーさまは
結構兄さんにギター 弾かされてた感じした 
それもまた 面白かったなあ)
Bさまには ドラムソロを要求したり
(だからシェイカーと鈴しかないのに
と思ったら Bさま まさかの 口:爆笑)
最終的には兄さんは しーさまにギターを完全委任で
皆で一斉にクラップしーので
気がつけば カエル飛びで
まさかな大団円(大笑)

終わってみれば 21時をまわっていたかな
やっぱり3時間w

あー もー 笑い過ぎなくらい笑って終了
もー 来てよかった とほんと思ったっす
ほんとよ


ライヴ後 しーさまと
やっぱマイク・スコットは
すっごくカッコ良かったのねー
という話を したり
(もー ほんと わしも
The Waterboys 来日公演見たかった)

兄さんが このふたりでやる
というのも すごく 
気持ちが良かったみたいで
名古屋とか行けたらなー なんて
ふんわり おっしゃったので
絶対来て来て来て と
思わず言ってしまいますた(笑)
いや、もちろんBさまも
連れてきて欲しいんだけどね
銀弾以外のパターンでも
来名回数稼いでもらうのは
大歓迎でいす(笑)
(夏の銀弾ツアーも決定。うれしー♪)

いろいろなんだか ありがとーな時間。
いや こちらこそ
存分に楽しませていただいちゃった。


夜行バスに乗って帰名。
やっぱりなかなか寝付けなかったのは
ライヴの余韻も存分にあったから、かな。
ちょっとこーふんしてたな。

でもほんと、そんな空間、時間でした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク