今日をもって出入り禁止でなければ。

決まった時から、楽しみだったライヴ。
一緒に行った女史もすごく楽しみで、って言ってた。

20150429valentinedrive.jpg


名古屋・今池ヴァレンタインドライヴで
信夫くんw伴さんを見るのは
自分にとっては 
とっても勝手な特別感があった。

しーさまにとっても
おひとりさま地方デビューの場である、というのが
思い入れのある理由のようです。

初めてしのぶくんをここで見たときから
伴さんが いたらいいのになって
思ったのもあった。
そのとき しのぶくんは どこかのドラマーさんと
1曲セッションしてて その時に これが
伴さんだったらいいなーって すごく思ったんだった。
その絵がすぐに自分の中でイメージできた。

11174967_853347551398419_2364238362588055511_n.jpg


だからそれが現実になってるのが
とても あたりまえのような
でも すごく 現実味のないような
そんな時間でもありました。

この日、彼らの前に3バンドが出たのだけど。

トリの彼らは 一時間ほどのライヴ。
わしは座って見てるのに
気持ちは完全に浮足立っておりました。

見てた誰かが
「迫力違いすぎ」って言った。
でも ほんとーにそうだった。

最初やいのやいの 言ってた人が
ライヴが進むにつれて 黙り始めたのは 
ちゃんと理由があったんじゃないのかな。

ただ酔っぱらってただけ?
そーじゃないはず。
だんだん言葉が出なくなっただけ。
良い意味で。とわしは信じてるけど(笑)

しーさまが 曲間にチューニング変えるときに
あ オープンチューニング
とか 的確に突っ込みありで 
ナイスなお客さんw


ステイに始まり
The sea called Grace につながる流れは
すごく良かったな― 


少し 音が気になる面はあったけど
(会場の性質にもよるところだったかも)
(わしが座ってる位置もあったのかな)

とても格好良かったな―
程よく緊張感もありーの
聴く側も 集中して聴いてる感じだったりーの
演奏もよくて 本当に迫力を感じたし
勢いのある部分と しっかり聴かせる処と
緩急がついてたし
熱さだけじゃない
彼らの 魅せる部分が満載だったと思う。
あの ふたりである あの魅力の出た
ステージになっていた。

去年のひとりしーさまのときも
凄くよかったけどね。

Bさまと一緒にやってる
あのしーさまも 
ほんとうに大事な彼の一面だと
改めて感じた。

おひとりさまでしか 見られない顔と
おふたりさまじゃないと 見られない顔
どっちもが 武器だよ。 そう思う。

わしは見てて思わず笑みが止まらなくて
楽しくて仕方がなかった。

新曲の
あたりまえのウィル は
こないだ おひとりさまで聴いたのと
おふたりさまで 聴くのは
やっぱり また違う感触
良い曲だと思う。

ここで 言葉にできる や 
沈黙の観覧車 を聴けたのは
すごく嬉しかったなー

しーさまは 
今日をもって出入り禁止ということでなければ
また 来てもいいですか? と。
戻ってこられるように、と。

最後には 願わくば また戻ってこられますように!
って言ってて(笑)

アンコールの Hello も
なんだか いつもよりも
胸に飛び込んでくるような気がしたな。
あんなふうに しーさまと かけあう
Bさまを 見た記憶はあんまりない。

988530_854316247968216_2389143961160396276_n.jpg


今回のツアー用メモ?
名古屋は実際はもう一曲とアンコールが
プラスになりましたが。


また ここで見たいな。 ほんとそう思った。
また ふたりでも来てほしいよ。
大好きなひとたちが たくさん 私の街に
訪れてくださるのは
やっぱり すごく嬉しいし楽しい。

お待ちしております。


おまけ。

この日の対バンのひとつの
ハヤカワさんに いただきましたw

11012082_853344028065438_8099549858682293698_n.jpg

急にクイズ大会が始まって

よーわからんけど
さんかくー とか 手でやってたら

何故か金の塊獲得(笑)

貯金箱でした。
持って来られたときは
ほんとにびっくりしたのだけど
有難くいただいちゃった。
多謝w
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク