日本語英語と発音のブルーズ。

Bluesは
ブルースではなく
ブルーズ だ

と初めて教えてもらった時
結構 うおお と思った。
15年くらい前だけど。

http://dictionary.cambridge.org/dictionary/british/blues

今思えば
発音のルールから行けば
当然なことなのですが
(有声音の後なので濁るのです)
日本では
「ブルース」と表記されるのが
当たり前なので
それでいいと思いこんでた。
ブルースと言ってしまうと
実は人の名前みたくしか
聞こえないかもしれません。

それ以来カタカナで書く時は
ブルーズと書くようにしてるし
そう言うようにしてる。

だからブルースって書いてあると
実はすっごい気になっていたりして。

たったそれだけのことですが
そーゆーのにこだわるのも
また よろしいかと。




深い意味はなく
今日はなんとなくこのビデオを
久しぶりに見たくなった。
わしは凄く好き。
つーか 
It dont matter とか
もー 普通に使っちゃうんだろうな
むー とか思いつつもw
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク