粉々に砕けた 鏡のかけらのよう。



久しぶりに見たくなったから
見てた。
いっとき ほんとよく見てたな。
わしは やっぱこの曲が好きだし
このアルバム好きだ。

3分30秒以降 が見せ場です。


彼らの
このアルバムが出て
この曲を初めて聴いた時
ほんとにどきっとした。
アルバムの一曲目だしね。

加藤ひさしは
まだ こういう曲書けるのか! って。
お前幾つだ!って(笑)

ザ・コレクターズは
わしの大好きなままの
ザ・コレクターズだと
ほんとに思ったの。

このあたりから
怒涛の巻き返しが始まったのでね。
やっぱキーになったアルバムだと思う。

BUGSで突き抜けたのもあるけど
やっぱこの時期に
これができたのは大きかったと思う。

好きなものが 輝くのを見るのは
楽しいよ。
粉々に砕けてもないし
乱反射でもないよ
確かに そのものが光ってるんだ。


それをこないだのクアトロでも感じた。

Teenage Wastelandは
きっと
果てしなく続くんだろうね
終わることは無い

だからこそ この曲が
輝くのかもしれないね
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク