やめるのを やめる話。

このあいだ。
仕事帰りに同僚と呑みに出かけてて
その帰りに たまたま別の同僚のグループに遭遇
もー少し呑むぞー という連中に
普段なら付き合うことはないのだけれど
その日はなんとなく のっかった

その場で何気なく話したことが
実はなんか大きかったみたい

なんでお前 今さらそれ言うんだ!って
ものすごい言われて 
いや こっちは本音であって という話。
わしはそういう話をする機会を
彼とは 
実は持ってなかったんだな、と気づいた。

マネージャーとか わしより立場が上の人間
たちと話をして そういう結果になってたので
わしは 結果しか聞かされていなかったし
それをわしが どーこう言える立場でも
ないと思ってたのもあるのだけど。

彼は夏に職場を離れることに
なっていたのだけれど

実はずっと迷ってたらしい。

今日 「やっぱ 辞めるのやめる」
と言われ

こちらとしては万々歳。
すごく大きな力だったので
居なくなれば穴が大きすぎて 埋まらない感じ
だった。
正直、夏以降どうしよう とひやひやだったんだ。

辞めるのを やめる というのは
勇気が必要だったと思うけど
そうすることで すっきりしたみたい。
そういう決断をしてくれたことは
嬉しいことでした。
わしも 彼ともう少し一緒に
働きたかったし。

いろいろ手続きがすでに進んでるので
上の方が受諾するかどうかは
まだ わからないのだけど

上手くいくといいな。
いや 上手くいかせないと
いけないなと思うのココロ。

スポンサーサイト
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク