この素晴らしき愛と平和と理解。

ぼくが歩きすぎる時
この 馬鹿げた世界は
狂気のその闇の中で光を探し続けてる

ぼくは自分に問いかけるのさ
すべての望みは 失われたのか?って
もはや 痛みと憎しみと 
惨めさしか この世界ににはないのかな

ぼくがこうやって 心の奥を感じとる時はいつも
ただ 僕が知りたいことはたった ひとつ

平和と愛と理解 
それの何が 可笑しいっていうんだい?

ぼくが数々のトラブルを歩き抜けるとともに
時々 落胆もするのだけど

何処に 強い ものはある?
誰が 信用されてるの
そして 何処に調和はあるのかな
甘く心地よい 調和が

何故なら 僕が それが
死んでいきつつあると感じるたびにいつも

ただ 泣きたくなってしまうんだ


何が可笑しいっていうんだい

平和と 愛と 理解する
ということ の


何が可笑しいんだ

平和と 愛と 理解する
ということ の何が


***********************************************


(What's So Funny About) Peace Love And Understanding













作った本人が この曲をいとおしそうに歌う思い

世の中にいちばんさきに この曲を広めた
彼が 歌い続ける思い

他の偉大なる ミュージシャンたちが 歌う思い
(ブルース・スプリングスティーン、エディ・ヴェダー、
ジャクソン・ブラウン、そしてジョン・フォガティ!)


コステロが曲間で 叫ぶ
子供たち そして 僕らの次の世代のために と


作られてから40年ほどたってる曲


世界は 何も変わってないのかなあ

むしろ この曲がまだ 輝きを失わないほど

この世界が 愚かなだけだろうか
さらに 愚かになっているだけなのだろうか


わしにとっては 19歳のときに
初めて聞いた時から掴まれて
ずっとずっと そのままの曲

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク