スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀の弾丸旅2015夏 汗と涙の情熱の大阪の巻。

金曜日のコーフンがさめやらぬまま
近鉄快速に朝から らいどおーん。
これまたいい天気。
時間が少しずれたのあったけど
(鈴鹿8耐のある日だったので)
思ったよりも空いてる車内。

なぜかTwitterで
久しぶりに アホアホ話が大炸裂
盛り上がり過ぎで ほんとーに
すいません ← 誰に謝ってるw

3時間ほどの長い道のり
全然退屈せずに 過ぎて行きました。
少しは寝るつもりだったのに
寝られなかった(爆笑)

おなじみの
大阪・十三Club Water。
"The Silver Bullet Tour 2015 First Leg"
第4日目。

water_sign_since1999.jpg

water_sign_20150726.jpg

少し早い開場、開演時間。
17時半スタート。

信夫正彦with伴慶充。

shinobu_bang_20150726.jpg

澄みきったリヴァーブの中で で
スタート。
わしが見た中では意外にないパターン。
ここからGraceにつながるのは
凄く良い流れですな。

風と木の葉。

いつも思うけど
信夫with伴での
Bさまの叩くドラムは
色鮮やか。
TRIOのそれとはまた全然違う。
今日はこれを聴いてて
特にそんなことを感じてましたとさ。

Bさま せっかくだから のコーナー
フジロック最終日
十三 お水ステージ
天国への階段が始まるのかという勢い

名古屋は金曜日に
めでたくBさまの手の中に
堕ちたらしいのですがw

今日はBさまの ギターソロが2倍(笑)
また 名古屋にはなかった その雰囲気

なんにしろじっくり
ギターとお歌 堪能させていただき
ありがとうございますw

second legでも
引き続き コーナーの継続を
強く希望いたします
(兄さんに止められても!)

さー 次は何が見られるのかなーん
しーさま よろしくお願いします ぺこぺこ

個人的にはこの日は

沈黙の観覧車。

穏やかで
柔らかで 波打つようで
溶け落ちるようなあの世界は
やっぱり素敵で

なんであんなに いつ聴いても
美しい風景なのだろう

あーやって 言われてみたいねー
いつも思うねー

誰にも言ってもらえないけどね
きっと 頼んでも(大笑)

若き頃
パーマかけたら
ゲイリー・ムーアだったしーさま、
の話に 大爆笑
どんなんだったのでしょうね。
見てみたかった。

最後が
誰かの歌 だったのは
わしはちょっと意外だったかな
大好きな曲だけど
生で聴いたのは ちょっと久しぶりかも

また違って響いてくるような
気がしていました。

またまたあっという間に一時間。

黒水伸一TRIO。

trio2015072602.jpg


trio_2015072603.jpg

最初から
何かが 炸裂するような。
4日目だからこその
愛も
気合も
緊張感も
情熱も 
むさくるしさも
解放感も
切なさも
終わりたくないような
でも 一気に
突っ走ってしまいそうな
あの感じも

全部が一気に吹き出すような
そんな時間。

兄さん たくさん泣いてたね。

彼女のタンバリンが聞こえる は
やっぱ これ大好き。
聴くたびに これも 曲が
確かなものになっていく感。
きっと もっとずっと良くなるね。
こういうのが書けるのが
兄さんの 素敵なところ

兄さんは名古屋で
そんなに失言してたかな?
わしは
全然
そんなふうには 捉えなかったのだけど
むしろ じん とさせられてたのだけど
確かによく喋ってるとは思ったけど(笑)

雨のブラックサンドビーチ

夏に聴くとまた違う

わしはこの曲に描かれる
この風景が好きだな
久々に女子にうけた
っておっしゃってたけど
それはわかりますよw

曇り空だったとしても
雨粒も 波しぶきも はりつく砂も
きらきらして見えちゃうんだろうな

彼女に伝えて で
実は ほろっとしてた
生で聴くのは 初めて?だったはず

TRIOの曲のヴァリエーションは
なかなかのものだと思う
もちろん かのバンドのころから
やってる曲も含まれるのだけど
いつも何かが必ず新鮮
わしにはね
初めて生で聴くって曲が
まだ いまだにふつーにあるし

だから観たいって思うのも
あるなあ

この日の MUDDYが
なんかすごくカッコ良かった
Bさまのドラムと しーさまのカウベルが
始まると いつもわくわくするんだけど
最後の方の盛り上がりの格好良さも
2割増しのように見えて聞こえてたよ


最後まで
まだ 終わりたくない
演り足らない顔のお兄さん

(おそらく)予定外のことが
始まりだすことが

曲順替えちゃったりとかw

しーさまも Bさまも 顔見合わせて
ニヤニヤ笑いつつ
もうしょうがないなぁー な 表情
それにしても 柔軟に
それに対応するおふたり

最終的に やっぱり客になった
兄さんに大爆笑
面白過ぎる...


この日も大阪の友人らが
サプライズを仕掛けてて
ひやりとしながらも大成功
ジミーさんが機転をきかせてくれました

思いつきのクラッカー
大正解
ドンキホーテよ ありがとう

BsamaCracker.jpg

Bang! クラッカーだったw

兄さんが想像された通り
ケーキを出すタイミングを計ってて
最後の方は気が気じゃない人が
数名居たんだけど(笑)

美味しいケーキだったな
natsuさんありがとう

cake20150726.jpg

なんだか
ただひたすら楽しくて
過ぎてく時間

あっという間に終わっちゃったな

終演後
急にいろんな思いが渦巻いた

また 
こんな場所に居られるのかなって

二度となかったとしても
もしかしたら
自分がもう二度と
ライヴに行けることがなかったとしても
悔いがないように
見る側も 心から楽しめるように
そうありたいなって

そんなことを ぼんやりと考えてた

ライヴ後 急に渡された
一瞬 何のことかわからず
完全に きょっとーん

present20150726.jpg


友人の粋な計らいでした

まさか 自分がサプライズされる
側だとはこれっぽっちも 考えてなかった
仕掛けることの方に気持ちが行ってたし

泣いてるの ばれないように
目を伏せた
ありがとー
すっごく嬉しかったの
言葉がうまく出なくて
ごめんなさい

TRIOの皆様にも 
お気づかいさせてしまって
ありがとうございました
これからもきっと
超しょーもないファンだけど
許して下さい

最後に何故かBさまに無茶ぶり

zztop@water.jpg

フジロック最終日お水ステージ
終了後のZZ TOPさんを激写
たこ焼き目当てに 急遽来日

半分呆れ顔だったけど
乗っかってくれてありがと♡

何 伴のTシャツ
グレッチぢゃん!って 気づいたときの
お兄さんが 可愛かったですwww

伴も 信夫も ほんとーにさいこーなんだよ
俺が ライヴの最中に勝手に変えたりしても
ちゃんとついてきてくれるんだよ すげえよ
一緒にやれてて 嬉しいよ

こんなような事を
おっしゃってました
もー そーゆーあなたが さいこーだから
だと思いますよ

と心で思ってますたよw


4日連続ライヴでしかも
濃い内容のツアー
暑い暑い日々のなか
大変だったこともあると思いますが
三人様お疲れさまでした!

秋のツアーも 
もう今から 心待ちにしております
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。