君の居た あの場所のこと。

なんとなく 
感じとってた とは思うんだ
実は これまでに

思い過ごしかもしれないけれど

あんな表情を見たのは

やっぱり 思い過ごしでは
なかったのかな と

触れられないような 
表情だったから

眼が全然笑ってない って

感じてて

わしのせいかと思ってた
なんか 気に召さないこと
わしが したのかな?って
怒ってるのかな って

それか ほんとに疲れてた だけだったかなって

気にかかってた


ううん でも
わしも そんな顔させること
こっちも 言ってしまってたかな
これまでに

それも わしの考え過ぎかもだけど

もしかしたら なので

ごめんね

わからないけど 
そう思ってる


いま 手に届くところにいたら
首根っこ 捕まえて
呑みに出かけるよ 

わしの話も 聞いてよ。
たわいもなさすぎて
あくびが出ちゃうかもしれないけれど。

いっそ笑い飛ばしてほしいんだ。
それでいーのだ。

もう バカボンのパパよりも
年上になっちゃったけど
そう 言いたいんだ。
スポンサーサイト
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク