新年女史会@京都2016.

1927669_970361886363651_3662779280446661842_n.jpg

京都の女史と大阪の女史と 
去年の暮れに 忘年会ができなかったので
じゃあ 新年会やりましょーよーと

軽く話してたのが 簡単に実現(笑)

ひさしぶりに京都までバスでお出かけ。
2時間半くらい。
三連休の月曜日。思った以上に名神が
すいててびっくり。こんなもんなのかー
あまりにも順調に京都駅着。

その三人で京都観光。
駅から祇園へバスで移動して
八坂さんや えべっさんへと お参りしつつ
本当は今日来るはずだった某女史への
お土産なども買いつつの

途中 祇園会館横の
お蕎麦屋さんで きつねそばを
いただく。うまーい。
12507441_970129033053603_222424419703199562_n.jpg

そして夕方からは呑む、というw
お店に入ったのが16時前。
その後すぐに デイヴィッド・ボウイの訃報が
ネットに流れ始めて
そんな話をしていたり。

ま しょうもない話も 音楽の話も
昔話も皆ひっくるめて
面白い面白いで過ぎていく

気がつけば 21時。
5時間おりました。 あー よく喋った(笑)

近くに住んでればねー
普段から呑みに行けるのに
そんなことも改めて思いつつの

また 今年も宜しくお願いしますなのでした。

駅前で 京都タワーを背景に
三人で写真を撮ろうとしたら
これが思いのほか難しい
セルフィーに慣れていない世代でございます
自撮りマスターな某B様のイメージで
なんとか撮影w

まあ こんなのも楽しいことよ

わしはその後 いつものガラ空きの
こだまで帰名。

来年は名古屋開催だねー なんて
そんな話もすでに出ております(笑)
来年まで 皆それぞれ 生き延びられますように。
スポンサーサイト

Comment

No title

たづ助さん、寒中お見舞い申し上げます。

元日のブログ、深くうなづきました。
そして、タイトルの和訳、深くうなづきました。

デヴィッドボウイの事を半分も知らなかったくせに、ショックでした。
彼も、「いつだって解き放たれる」ことを私達に教えてくれた。

Hei ,Bob!頼むんで、元気でいてください。そこんところひとつよろしく!!って思いです。
 
どれだけのアーチストが、貴方の歌に励まされ、歌ったことでしょう。
そして、たづ助さんが選んだこの曲は、特に。って。

ボブ詩集を持ってるって... かっこいいな。



No title

>たんこさま

ここに来て一気に冷え冷えの日々ですね。
くれぐれもご自愛くださいませ。

かの曲は とある時から 自分の中では
テーマソングのひとつでもあったりして
その時々で 感じ方も変わってきてもいます。

年が明けて訃報が相次いでいますが
もう少しだけ この世界に居てほしい
人のひとりですね。

いまどき詩集を大事にしてるのも
古くさいのかもしれませんが
まだ これからも眺めていくのだと思います。

某古本市で 思わぬ高値がついてて
一瞬くらっとしましたが
もちろん手放しません(笑)

非公開コメント

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク