胸がイーっ ってなる。

朝からバス。 
久しぶりに北陸方面に向かう。
曇り空の冴えないお天気。
雨が降らないといいなあ、と。

何年ぶりなのかはっきり思い出せないけど
何度かめの金沢訪問。
バスだと名古屋から4時間。
しらさぎ利用だと3時間。
こだまも併用なら2時間半。

あ 月曜はなんとか 仕事間に合うわ
と わかって出かけた日曜日。

新しくなった金沢駅を見て
前の駅舎などまったく思い出せなかったりーの
さすがに立派でしたわ。
お天気がよかったら もっときれいに
写ったろうな。

友人と合流して 観光しつつ
美味しいものも食べーのw

kaisenndonn.jpg

海鮮丼と

kanazawaoden.jpg

おでーん  美味しゅうございました。


と ライヴに向かう時間になって
雨が降り出した。とほほ。

初めての金沢Jealous Guy。
噂に聞きしその場所(笑)
中に入ったら心地良い空気。
あ ここいいなあ って実はすぐ思った。
フライヤーの誤植を何故か自らゲロる
お店の中井さんに笑う。くくく。
当日43000円は そら やりすぎです。

対バンのくるみさんというギターデュオも
nonchampさんという女性シンガーも
どっちも自分は楽しめたなー
こういう感じの対バンは意外にないような。

そんでお待ちかねの信夫正彦with伴慶充。
なにげに去年秋の銀弾以来。

それ以外でふたりを観に行ってるんだけどね。
なんだかちょっぴり 新鮮な感じが(笑)
(わしが勝手にね)

shinobuban20160313.jpg


澄みきったリヴァーブの中で からのスタート。
良い雰囲気。

しーさま 今年から ネクタイやめた?
ずっとしてないよね?

なーんつって

音の響き方も なんとも心地よい感じ。
きっと此処ならではのステージ。

うん 楽しかったなあ。

めずらしく しーさまの声が出にくそうな
ところがいくつか。
だいじょーぶなんだろうけど
だいじょーぶか?と思うところが
あるのが
自分が あまり感じたことがなかったので

はらはらってほどではないにせよ
だったんだけどね。

友人の
ジョンの曲を
信夫訳で歌え という指令(笑)
さすがです 応えますしーさま

まさかの転がりように ごめんなさい
爆笑を禁じ得ませんでした…
そっちに行くんかい! と。
以前に確か 口笛吹けない って話を
聞いたことがあったので
口笛が聞こえてきたときに目を疑った。
えーと
うしろで伴さんが
素知らぬ顔して やってるやん(続爆笑) こら。
なかなか あの雰囲気が出てて
素敵な口笛でしたよ。

あー しかしもう ずーっと笑い続けてた…

胸が イーってなる ってあんた

ああ 信夫らしいと言っていいんだろうか(笑)
その あとから じわる感じ やめてくれんか(爆笑)

シリアスになりすぎずに終わるのも
ありかー と。
ギターで、だったので
ほんとはピアノ弾きながらが いいなあとも
思っただけど
崩したのなら それもありかと(大笑)

超面白かったからいーや。
ひじょうに楽しませていただきました。

最前線 を聴けたの嬉しかった。
去年 おひとりさまのときに やってたのを
聴いた時にやっぱ良い曲だなと思ってて
おふたりで演奏してるのを聴いてみたいとも
思ってたので。

ライヴではあまり演奏されないけれど
隠れ佳曲のひとつだよね。
CDに入ってるのはエレクトリックギターだけど
アコギになればまた ずいぶんと違うようにも
聞こえる。
もっとライヴでやってくれたらいいな。


オーガストソング大好き。
これも良い曲。
3月に聴く 夏の風も良い。ちょっと切ない。

新曲の ミルフィーユはまた 
そのタイトルの可愛らしさとは
少し違う感触で 面白かった。
気になる言葉も いくつか。
ほんのちょっと違う しーさまが顔を出してる。
2016年モデルのしーさまかな。
どう育つかな。 育つがよい。← なんで上から目線

アンコールの Helloまでがあっという間。
ふー やっぱり楽しかった。来てよかった。

なんだか
ほんの少し いつも見る しwばとは
違うような印象だったな。
会場の雰囲気もあるのかもだけど
(あの場にすごくしっくりきてたのもあるかもだし)

あー やっぱり格好良いな と
思って見てた。

ここんとこ サポートの 
しーさまを見てたからかもしれないけど

わしは ちゃんとメインで歌う 
しーさまが大好きだなー と
改めて思いました。 ほんとよ。
ちょっと惚れ直すようなそんな感じだった。

それとこれまでと 
ほんの少し違う輪郭、ていうか
そんなのが見えたような。
なんでだろうね。 そう見えてたの。
なんだか ほんとにそう思ったんだ。

正直 去年の後半 
輪郭が薄くなってたんだ
そんなふうに 感じてた
わしが勝手にそう思ってただけの
ことかもしれないけれど

こんなこと言ったら 怒られるかな。
今はほんの少し 自由になった?
わからないけど。

しーさまらしさが ちゃんと出ていたのは
よかったな。
彼なりの表現のしかたが 
とてもプラスに働いてたように思うし
彼の気持ちがちゃんと
その歌や演奏に のっかってたと思うよ。
音がほんの少し外れても
それが 逆にその感情の表れのようにも
響いていたりね。
それが 凄く印象的でもあったし
力強く響くところでもあったのだと。

もっと むき出しになったっていいじゃない。
不完全でもいいじゃない。
そういう彼が 吐き出すものを
見たいな と 思ったんだ。

その後 
しばらく残って 呑みーのしゃべりーの
おごりーのごちそうになりーので 楽しい時間。
お店の ちゃお姐さんも 中井さんも
素敵な方たちでした。
ほんと 最後まで残れなかったのが
残念無念。

その後狂乱の宴だったらしいという噂を
ちらっと聞きつつ(爆笑) くくく。

また行けたらいいな。 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク