3という場所で3人が3周年お祝いの夜の巻。

名古屋を出る時点では 台風かと思うような
風と雨(爆)
お昼に東京に着いた際も 同じような感じで
あらら… 最悪と思っていたのだけれど

夕方が近づくにつれ天候好転。
三軒茶屋の某所にて昼食後
友人と下北沢までお散歩するにはちょうど良い
穏やかなお天気になっていて良かった。


今回は
黒水伸一TRIOさんの結成3周年
記念のワンマンライヴに。
1周年、2周年は来られずだったので
わしにとっては
やっと念願のワンマン。

いつもより早いスタート。
コレ時間(笑)
でもちょっと不思議な気分。

はじめてのスリー。
こんな雰囲気なのねーこういう作り
なのねー と。
後ろで見るのはちょっと見にくい…
開演直前に下のフロアーに。
たくさんのお客さんでいっぱい。
わしが来たことのあるTRIOのライヴ
の中でいちばん多くお客さんの居る
感じだった(笑) 

5時開演のところ、実際は20分押しくらいで
スタートだったかな。

始まった瞬間から
なんだかいつもとは違う そんな雰囲気
って思ったんだけど
いや そんなこと無いか
結局はいつものあの TRIOらしさが
全開の あのライヴ

13010675_1031092893623883_2272081656949586430_n.jpg


ほとばしる兄さん
前に来なよと煽る兄さん
いっぱい何かが吹き出してる兄さん

それがやっぱり格好良い兄さん
そしてそれを支える
Bさまもしーさまも
いつもどおりに頼もしく 力強く

11219026_1031109990288840_4602613335646374007_n.jpg


兄さんが30周年と 3周年と と口に
したけれど

わしは勝手にあのバンドのことを思ったけど(笑)

はっきりと 共通項なのは

どちらのバンドも

明らかに今が ちゃんと輝いてることだと思う。

紡いできた歴史に
ただ すがることもなく

今できる 自分たちの表現を
とても大切にしてることだと思う。

今のTRIOさんが 躍動する姿を
そのステージの上で 観ることができた。

そんな2時間あまり だったと思うんだ。
そういう バンドの姿勢が はっきりと受け取れた。
今彼らが持っている熱をちゃんと
放出できてたんじゃないかな。

だから あの場に居たお客さん皆
ココロ射抜かれてたとも思う。
わしは 見たいなあ と思ってた
そんなTRIOのワンマンライヴが見られた

そう思ったよ。

ワンマンだけど
なんとなくいつもより コンパクト。
でも とてもいいセットリストだったんじゃないかな。
わしは満足度高かった。

あれくらいの長さは わしにとっては心地いい。
本編がもう少しあってもいいかな、と思ったけど
あの長さは 観る側として個人的には理想的です。
良い感じで余韻も残るよ。
もうちょっと観たかったで 終わるしねw

実際 あの曲もあの曲も聴きたかったな
ってのもあるけど(笑)
でも 新曲がいくつか入っていたり

しーの曲を入れ込んできたり
(Graceだったねー)

兄さんがストラト弾いてるのが
ひたすら新鮮だったり
ひとりぼっちで
ひとりぼっちのパレード も
とても良かったし

201641704.jpg

しーさまとふたりで
雨のブラックサンドビーチ
なんてのもこれまた。


新曲好きだったな
ブギーなのだったり ポップなのだったりでね
まだまだ 新しい曲 出てくるね

いつだって
飾らないのに 輝くあの感じは
貴重なのです

わしにとっては TRIOはまだまだ
新鮮さの損なわれることのない存在です。
そして
黒水伸一という人の
変わらなさは きっとほんとに貴重だよね。
変わらないのに 新鮮ってね
凄いことだと思うんだよ

誰もが出来ることではないからね。

ここまできたら
死ぬまで保ってちょーだい
そう願います。

2回のアンコール。

光をあつめて はアンコールで。

やっぱりこの曲は いつも特別。

最後はGloriaだったのもなんだか
良かったかも。



ライヴ後も たくさんの人が残ってて

新しく出たCDに
3人全員にサインをもらうのも一苦労。

皆 CD買ってたもんねー



新幹線の時間があったので
在る程度で退散。

心地よい余韻を味わいながらの帰途でした。


来年も 無事4周年記念ができますように。


またそれも わし 行けたらいいな。


おまけ。

自分で写真を撮れなかったので
しーさまがあげてくださってたのを流用(笑)

13087563_1034103939989445_2364573739970739936_n.jpg

ほんとはその場で
ぽーんと やってるのを見たかったのですがw

お楽しみいただければ幸い。
スポンサーサイト

Comment

No title

たづ助さん!!やっぱりそうか~。私、ひょっとしたら...ってたづ助さんらしき方をお見かけしたんだけど、なんだか確信が持てず、違ってたらなあって思っちゃって。

声かければよかったです~~~。悔やまれるう~。でもまたきっと会えますね。

ああでもレポ読めてうれしかった。そう、新曲2曲、入ってましたよね。聴きたかったなあ。
信夫さんのグレース2015の後のドリフティンも聴きたかったなあ。
あ~最初っから最後まで聴きたかったなあ!!
(この場で「聴きたかった」旋風を巻き起こす、迷惑なヒト、それは私です。 笑)

でも、たづ助さんが初めてアニバーサリーのワンマンをじっくり見て、納得!な感じの感想を聞かせてもらえたので、満足です。

自分はもう、どんな風にライブを見て、彼らをありのままに伝えてるのか、って思うと、どうにも、ね。思い入れみたいのがあり過ぎちゃってるんだろうなって思ってます。恥ずかしいですけどね。

でも、自分はそれでも、いいやあって。それぐらい好きなバンドがあるってうれしいやあって。
このバンドの音でジャンプするのが最高なんだよなって。

ただ、だから、他の方には、どんな風に写ってるんだろうなっていうのが、ものすごく興味があるんですよね。でも、あの夜、あとで会えたファンのみなさんにそれぞれ訊いてみると、あの夜のは、ほんとよかったみたいです。
私、よく、自分で行って。見終わった時、「ああ、今日は特によかったな」って言って。
ふと、思い返すと、毎回、「今日は特に」って言ってるかも!!
と、思ったりしてます。(笑)

でも、いつだったか、「いつも、一番新しいライブが、一番かっこいいのが、ほんとにいいロックバンドだと思う」。みたいなことを音楽雑誌に、名前も知らないライターの方が書いていて、「That's
right!!! まさにそうだな。」と思ったことがありました。

伸一トリオはそんなバンドだな!!と。そう在り続けてほしいな!と思ってます。

あらららまた長居しました。(笑)
コレクターズのことも、また教えてください。 ではでは今度会う時は絶対声かけますね。

は!夕食時ですねええええ。何にもしてませ~ん。だははは。













No title

>たんこさま

やはりあの場にいらっしゃたのですねw
次の機会には是非ー

まさに納得!だった夜でした。

出来る限り 
あんな夜にたくさん 出会えたらいいなあと
思います。

非公開コメント

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク