待ってる気分だ。

lown20160610.jpg

個人的念願の初・下北沢ラウン♪
ほんと なかなか 来られなかったから やっと。
ほんの少し道に迷いながら たどり着いた。

信夫正彦with伴慶充 4か月ぶりのラウン。

わしは 彼らの純粋なワンマンを見るのは
実は初めてだった。
基本 東京だし平日なことがほとんどで。

3月に金沢で見て以来。
実はそれ以来の信夫w伴だった?

beforetheshow0610.jpg

何度も写真で見たことのある絵(笑)

2時間たっぷり すごく楽しかったー

二部構成。

聴きたかった曲が たくさん聴けました。

いきなり最高速度からはじまるし(笑)

こないだ ふっ飛ばしちゃった?
言葉にできる も久しぶりに聴けたような。
握手もやっぱり大好きな曲。
わしは なかなか思うように日々を
飛び越えて行くことはないのだけれど

第一部最後に リメインダー。
だいぶ前に作った曲。
背伸び感を持ってたのね

きっとね 自分が思ってる以上に
人に伝わってく曲なんだと思う
そういう 映像を見せられる曲で
まさに 消えていきそうなのに
何故か鮮明な残像を残していくよな
そんな曲

そんなことを改めて思いながら聴いて
おりました

はじめて聴いたときからずっと好きな曲

きっと自分も 一緒だからだね

そう思う人が多いんだと思う



二部の始まりは カヴァーコーナーで。

あの 胸がイーッてなる のの再演ありーのw

もうひとつが まさかの Waiting For The Band
これは吃驚でございました

胸がイーッてなるのと同様、 これもギターでカヴァーかい!
と 思わず 突っ込んだところですがww

あえて日本語詞で聴く2曲。
ちゃんと 信夫ワールドになっていたのでは
ないかしら。

shinobuban061002.jpg

shinobuban061001.jpg

自分は 第二部のほうが 良かったなーと
思いました。やっぱ ほぐれてたような気がする。
演奏も場の雰囲気もね。
パレイドリアの自由さも良かったし
ノクターンが聴けたのは良かった。
これはライヴ初聴きだった気がするのだけど。
自分はこの日の 月の明かり、君の灯りも
凄く良かったように感じておりました。

一曲一曲がそれぞれ
くっきり聴こえてくるような
そんな2時間だったと 思うし

リヴァーブじゃないけど
なんだか 澄みきった時間だったようにも
思ったのです。
余計な物のない時間。
ただ そのままの 時間 というか。



アンコールの day by day は
その場の流れであのテンポになってw
あれはあれで また 曲が違って響いてきて
新鮮で面白かったな。

あっという間の時間。
その場に居ることが出来て幸せ。
また此処に ワンマン見に来られたらいいなあ。
素敵な場所でした。
あの匂いも くんかくんか 嗅いでみたww
そしてわしは やっぱりホントに
しのばん 大好きなのよ

setlist20160610.jpg

お土産いただきました。多謝。
吃驚したけど
ちゃんと大事にしまーすw

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク