黒猫と フィルモアの夜。

わしは猫は飼っていません。
お隣のお家の猫(クロ)が夜な夜なやってくるだけです(笑)
ちょうど一年前くらいから
うちに来るようになってて
夜に餌はあげていたのですけどね。

当初は超ツンツンで 
触らせてもくれそうになかったのが
ある時から一気に デレデレ一直線
なんだろーね でも きっと ほんとうは
甘えたかったのかな と思う

今では わしが居たら ちゃんと後を追っかけてくる
だからといって 抱かせてくれはしないし
自己主張もはげしいけどw

(知らなかったけど お隣には8匹も猫さんがいる
クロさんは 実はそのうち4匹ほどの お母さんなんだって
何が起こったのかよくわからないのだけど
クロさんは 他の猫に追い出されてしまっていて
それで うちに来るようになったようで
クロの警戒心の強さは わしらだけに対してだけでなく
彼女を追ってくる 隣の他の猫さんへもすさまじく
何度か そんな他の猫さんが うちに来た時の
信じられないような 威嚇の声の出しように
吃驚したり)

とうとう
わしの部屋のベッドで寝るようになっちゃったけど。

さて これから寒くなってくるから
毛布とかどうしようねえと考えつつ。


やつは くうくう寝てたけど
こっちは ニール・ヤングさんを聴きたい夜。

Neil Young Archives が略すると にゃー で
今更そんなことで ぷっと吹く

14906916_1177381562328348_9030508120580048785_n.jpg


このシリーズ全部は持ってないけど 
持ってるやつは全部好き

猫さんも 睡眠を妨害されない感じで
穏やかな夜の時間

来年の5月に来日するようなことを 目にしました

もう一回 ライヴ見られたらなあ と思うけど
でもきっと 自分は見られないかなあ…
そうも 感じていたり

なにげに自分にとって 意外に大きな存在
って わかったのは まだ結構最近
もんのすごい熱心なファンという意識はないのに
気がつくと その音楽は 心の奥底に
ちゃんと刷り込まれてるようなところがあって

自分にとっては重要な存在のひとり
思いのほか 大好きなんだよね って
また ふと考えてたとこ

フィルモアイーストのサイン
なんだよこれ もう 
信じられないよなラインナップ
この時代の こんな場に居られてたらなあって
本当に思うよ 毎日入り浸ってたろうな
憧れは きっとずっと 届かないし 尽きないままね
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク