かんぴょうと一緒に巻かれたいね。

しょーもない話させたら もー ほんと天下一品(笑)
こーさんもリーダーも絶好調。

今日は浜松までにんにきにきにき。
JRの快速を乗り継いでも1時間半くらい。
自分にとっては十分近い(笑)
気がつけば13,4年ぶりくらい?
に降り立った。
前に行った時は確か楽器博物館だの
うな茶だの砂丘だので結構遊びまくった記憶。
当時は餃子の話ってあったのかな?
いまではかなりの名物扱いですが。

というわけでいただきました。
駅ビルの中の店舗でしたが有名店。
時間を外して行きましたが
それでもほんの少し待ち。

14955844_1183864781680026_6256494163147214065_n.jpg

水餃子がセットだったー うまかったー
なにか特別な餃子か?と言われると
いや 普通に美味しいシンプルな餃子かな 
でしたが(笑)

そして会場へ。
今回のザ・コレクターズのツアーもそろそろ佳境。

14907179_1184100454989792_6128353393091823914_n.jpg

はじめてのFORCE。
大きくはなさそうな予想でしたが
思った以上に狭かった(汗)
今回は直前にソールドアウトにしたのは正解。
いい頃あいでぎゅうぎゅう。
200入れてたかどうか ってくらいかな?

ほぼオンタイムでのスタート。

岡山で見たときよりもバンドがずいぶん
しっくりきてる感じに思えましたよ。
セットリストもこなれてきてたのもあるだろうけど
曲の入り方も随分いい流れになっていた。
本人たちも否定しないけど、やっぱり週末
ツアー三日目はきついらしい。
(楽屋は畳敷きだったらしいんだけど
そこで皆寝てたって)
でも、意外とそれを感じさせない演奏。
リーダーの声もよく出ていたんじゃないかな。

sold outの熱気と エアコンの冷気と
かんぴょーと共に巻かれたいこーちゃんと
リーダーの笑顔と外巻きに報われる
ような時間でしたー
ツアーが進むにつれて確実にバンドの
調子は上向き
3日目ちゃんと声が出てて
嬉しそうなリーダーが可愛かったり
コーヂの良さもやっと出てきていたり
実は司令塔なジェフさんだったり
そして時間管理はやはり完璧だった
楽しい2時間15分。

今回のセットは自分は中盤が好きです。
今日もよい感じになっていた。
ただの人気曲パレードにはなってないのが
やっぱりすごいところだとも思うし。
あの曲の変調っぷりを聴いてて
初期のコレクターズのこだわりの部分って
このバンドの大事な部分だな って
また思っていたり

あのヒット曲の こーさんのギターは
何度でも書くけど もうほんとーーに好き。
今日もじわじわと聴きほれる。
今日、他の曲を聴いてても改めて感じたけど
彼のあのギターの 饒舌過ぎないところが好きです。
弾きすぎないの。
弾こうと思えばもっと弾きまくれるんだろうに
でも結果 リーダーとのバランスとか楽曲の
持ち味とか そういうのすごく考えておられる
そう思いながら聴いていました。
演奏陣は言うなればトリオ編成で
こーさんは 以前 
「ライヴのときはギター どう弾こうかで
どっかに可愛い女の子いるとかそういうの
もう全然そんなの見てる余裕なんかない」
っておっしゃってて(まあ どこまでほんとかはともかく)
実は毎回 必死だと
自分のギターの弾き方一つで
その曲の空間とか色合いとか 感触とか
全部変わるのをよくわかっておられる
そこに実はものすごく神経を使われている

もちろん彼なりの主張は いつだってあるけど 
でしゃばりすぎないのよねー
そして その在り方がとても格好良い

あれはリーダーとの相性もあるんだろうし
長年の経験もあるのだろうけど
バランス感覚が絶妙な人だと
今日改めて思ったのでした

新しいアルバムのタイトルは
伸びしろMAXじゃなくて本当によかった(笑)
リーダーは気に入ってたみたいだけど
こーさんの
あんた もっと格好良くなきゃだめ ってのは
そのとおり
あなたそれは作家のエゴですよ って
もう そのまんますぎて爆笑

俺はファンの代弁者だよ
という こーさん
本当にそのとおりですw

自分は 会場のちょうどど真ん中あたりに居たのですが
音もまずまずー かなでした。
とはいえニックでどーんと後ろから押されて結局最後は
前のほうに居ましたけどねん。

エアコンから滴る水滴に手を差し伸べるリーダーに
なぜか萌える俺(笑)
デジタル表示なシャツもこれまたユニークでした

コーヂはあの曲とあの曲で もっとハシってもいいなーと
思ったり

これはわしの感覚でしょうけどね


でも いい感じでバンドは 練りあがってきてるかも
来年3月に向けてね
どんどん 右肩上がりでお願いしたいのです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク