まだ 僕を 愛してくれているかい

ライアン・アダムズの来日公演。
今回はそれで にんにき上京の巻。

これまでの来日は二度ともフジロック。
どっちも行けずで 
ああ ほんとーに ちゃんと単独で来てよとは
ずっと思ってはいたのですが

好きになったときから早14年もたってるかー
わしはGOLDでハマったありきたりパターンですが

でもずーっとライヴは本当に観たかった
当時の彼のことを思うと
そんなに長く活動するような人かしら?と
思ってしまうほど
恐ろしいほどの多作っぷりと
とにかく自由奔放なんだろうなあというキャラと
ステージからブチ落ちて手首ぽっきりきれいに折って
そのレントゲン写真を自分のレコードジャケに
するような自虐っぷりと危うさでして

その音楽は でも どっか どしっと腰が座っていたり
いわゆるオルタナカントリーといわれたあたりから
頭角を現した人っぽい そういう確かな根っこを
持ってる人らしい部分も多く感じられる

わしは ベックという人も大好きですが
どっか同じ匂いも感じるような 瞬間もあったりして

なんだか 本当に酷く惹きつけられたひとり。

わりと急に来日が決まったのか
東京のみ 一本のみの公演が金曜日 OMG
見られることのない一人だと思ってたけど
(もう いっそ亜米利加に観に行くかと思ってた)
思いがけない幸運
ちょっと現実味のないままに 会場に向かったのでした

今回の会場は新木場スタジオコースト。

コレさんなどもやってる会場ですが わしはなかなか縁がなかった。
初参上。 2000以上のキャパと聞いてたので
やはりなかなかの大きさ。どれくらい入ってたのかなあ。
正直余裕はある感じ。
わしも整理番号がまあまあよかったのもありますが
彼のほぼ前 2列めくらいで見られて
(音の事考えたら もう少し後ろで見たらよかったなと思ったけど)

まあ そんなこともどっか 現実味がない感じ

15350650_1221113877955116_6876625162768809401_n.jpg

コースト名物?のこのサイン好き。

みーんな写真撮ってるもんね。


ライヴは10分弱押しでスタート。


いやー  目の前に居るじゃん ライアン。

もう これほど現実味がない感じで見てるの
自分は久しぶりだったし

それだけ焦がれてた人でもあるんだなーと
今更ながら思って見てました。

一曲目から この前の日に公開された新曲。

こうきたかー


でもその場に居る人の多くはちゃんとチェック済みか
もう 大いに盛り上がる観客


わかっちゃいたけど 昔に比べたら 
きっと見た目も彼自身も 丸くなってるかな

というか 昔からの彼らしさはちゃんとそのままあって

それが もう とてもいい具合に熟成されてきてるんだな


ほんとうにそういう演奏

いろんな動画を見てたしわかってたけど


じかに聞く彼の歌があれほどまで 確かでクリアで
エモーショナルだったのは
ちょっと感動的だった
もっと危なっかしいのかって どっかで思ってたけど
全然そんなことがない 堂々のヴォーカリストっぷり
それで 感情の出方は どの曲も 
溢れだすような豊かさっぷりで もう 感動

ギターも弾きまくりで 
何台もいろんなギター登場(彼もギブソン系好みかなー)
そして バンドも 彼の土台をしっかり支える
安定っぷり
わしはこのバンドに 彼がとても信頼を置いてると
思えたな

曲も新旧とりまぜのバラエティっぷり
もしかすると 日本用のセットだったかい?と思うほど
まさか Wonderwallのカヴァー聴けるとは!
これは絶対 我々向けだったねえ ライアンw
好きな曲もたくさん聴けたし
ああ ほんとは
あれもこれも聴きたかったなあとも思ったし

彼自身はとってもご機嫌ぽかった
東京大好きだよ って言ったり
Thank you for having me here って何度も言ってたり

なんか わしの思ってたライアンより
ずーっと熟してたのが 印象的だったなあ
彼らしさは勿論あるし あの 刺々しさも 繊細さも
少年っぽさも そのままあるけど
きっとたくさん 彼の 乗り越えてきたものが
今の彼をも 作ってるんだなあって

そう思ったの

アンコールの一曲目に来年発表の新譜の
タイトルチューン。
ライヴでも初披露だったのか?
緊張してるっぷりが これまた意外でかわいい。

あと あなた ほんと猫好きね(爆笑)


なーんかそういうのが また憎めない

すっごいビッグスマイルで あんなふうに去っていく
彼を見られて 満足だった夜。
オーディエンスも 大盛り上がり。
皆 待ち焦がれてたんだよ。それが彼に
伝わって居たらいいな。
また きっと 戻って来てくれますように。

追記。
セトリがあったので。

Do You Still Love Me?
(new song)
Magnolia Mountain
(Ryan Adams & The Cardinals cover)
Dirty Rain
Haunted House
(new song)
Everybody Knows
Kim
Peaceful Valley
(Ryan Adams & The Cardinals cover)
Fix It
(Ryan Adams & The Cardinals cover)
Anything I Say to You Now
(new song)
Outbound Train
(new song)
Am I Safe
Let It Ride
(Ryan Adams & The Cardinals cover)
I Love You But I Don't Know What To Say
Cold Roses
(Ryan Adams & The Cardinals cover)
When the Stars Go Blue
Wonderwall
(Oasis cover)
Shakedown on 9th Street

Encore:
Prisoner
(new song)
Gimme Something Good

大事な曲は結構押さえてる感じかな。
思った以上にカーディナルズの頃の曲。
2時間弱のコンパクトさでも
満足感高かったなー
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク