帰る場所は無い ここから始まる

今年最後の一週間。
今日明日で仕事納めなのだけど
夜のレッスンが入らなかったので
いつもよりもずっと早く職場脱出w

安城までぴゅーんと。
ひさしぶりの カゼノイチ来訪。
今夜も リクオさん。

15726569_1242574482475722_4418663656993659922_n.jpg


今日もカゼノイチの空間をあっという間に
リクオの部屋に変えていっていたw
お客さんも なんだかあったかくて
ホーム感既に有りw

新しい曲とおなじみの曲が交互。
新曲たくさんやるよーっていって
結局 4曲くらいご披露だったかな?
自分は グラデーションワールド という
タイトルの曲がとても好きだった。
またこうやって
ひとりで歌うリクオさんを見てると
いろんなことを思い出すし
いろんなことを考える

わしがリクオさんのことを好きなのは
闇を否定しないから だと思う
それがあるから 伝えられること
それを表現することを
ためらわない感じが 好き
観に行き始めた当初 に
きっと強く惹かれた理由の一つだし
今日もやっぱり そう思った
ラヴソングも 明るく聴こえる歌も
穏やかな歌も
何処かに そんなリクオさんの視点を
感じるところが 好きかな

リクオさんの確かさは
揺らぎやためらいに裏打ちされてるし
誰もが積み重ねる 不確かさを
ちゃんと抱えこんでるところだと思う

自分自身の どうしようもなさも含めて
その立ち位置を ちゃんと見つめてて
時には はみ出すこともあるだろうけど
そこにも 彼なりの思いがいつも
ちゃんと突き刺さってるみたいで
そういうところが格好いい

だからまた聴きに行こうって思う

今日の パラダイス 凄かったな
この曲は
いろんな人の言葉の引用を羅列する
あの部分がハイライトだけど

15、6年経っても なんだか
その時その時の威力があって
すごく面白い

雨上がり は SMAPが歌うこと設定で書いた
っての 前に聞いたことあったっけ?


関ジャニが歌ってくれたらいいねw


声が出にくそうだなって思ってたら
ライヴ後案の定
声がつぶれかけのリクオさん(汗)
はりきりすぎてもーたわーって
おっしゃってたけど
大丈夫だったかな?
年内のライヴにさしつかえないと
いいのですが。

バンドも勿論いいけど
やっぱりわしは リクオさんの真骨頂は
完全ソロだと思います
彼の凄さは ここにあると 本当に思う
スポンサーサイト

Comment

No title

たづ助さん!
今年もお世話になりました~。今年も音楽の裾野を広げていただきました。

Nowhereが年末にライブだそうですね!三輪さんもプレー。ひょっとして行かれますか!?

なんて思ってこちらを訪れたら、リクオさんレポで。うれしくなっちゃいました。
とてもいいレポで、リクオさんを表現していました。

私は最近ディランのノーべル賞受賞スピーチ(代読)の全文を読んで、ますますディランを尊敬しています。
あれを読んでとても参考になったのは、文学者よりも、もしかしたらロックアーチストとか俳優なのかもしれないな。なんて。

実はあれを読んだのは、23日の夜で。23日の朝には南こうせつさん(!)のつま恋コンサートに関するインタビューをたまたま見ていました。(出勤前。朝食時間短縮されました~)

そこで、5万人の観衆と50人の観衆の話が、ものすごく、タイムリーにわかりやすかったのでした。私はどちらの観衆のライブにも、それぞれの魅力を感じています。
自分は5万人の方は未体験ですが、スプリングスティーンの初来日なんかを、思い出します。

はれれれれ。これから年末の用事で外出しま~す。
また気ままに書かせて下さい。トリオのワンマンでは是非お会いしましょう~。

それでは、良いお年を。



No title

たんこ様。

今年も拙い文章を読んでいただき
有難うございます。
きっと来年もこんなふうに
書いていられるように頑張りますw
ご察しの通り ですww
またそれについては書きたいと思います。

ボブ・ディランに関しては
本当はいっそシカトを決め込んで欲しかった派
なのですがw
なんだかんだで彼らしいやり方かと。

たんこ様も
素敵な年末年始をお過ごしくださいね。
非公開コメント

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク