これ2リットルだから(500mlのボトルで)。

リーダーのその 無駄に大きいアピールに笑うw

これまたのこのこ上京の巻。
今回は ザ・コレクターズさん武道館への道壮行会
@渋谷クラブクアトロ その3にまず参加。
16831998_1297200930346410_7775686767420476037_n.jpg


2月はウィークリークアトロな感じで対バンシリーズ。
怒髪天、ピロウズときて 最後はフラワーカンパ二ーズ。
わしはこの日だけ参加だったのだけど。
友人の厚意にて まさかのチケットトレードで
2番げっとん。 迷わず最前。
つーか まさかまたこんな早くに最前で見るとは。

オンタイムでスタート。
何気に初めて フラカンを生でみる。
こんなバンドだったっけ?という面と
ああ きっとこういうのが彼ららしいよねというのと。
わしはマエカワさんのほぼ正面だったんだけど
すごく面白かったなー
わしは彼らがずっと名古屋でやってたときの
イメージしかなくて それがこんなに全国区で
やり続けられてる理由が 今回わかった
マエカワさんのユニオンジャックオーヴァーオールは
ほんとに武道館に着て来てくれるのかなー
圭介さんのニセモッズコートも笑えたー
テクニックで勝負するイメージは無いバンドだったけど
実はすごく底力があるんだなってのが
すぐに見て取れたなあ。ライヴバンドだって言いきってる
その意味がわかる。
個人的には 竹安さんのギターがめっちゃ好きだった。
飛び道具っぽさと確かさが同居することの
バランスを見たというか(笑)

そしてザ・コレクターズ。
コータローさんが シャツにスラックスに革靴。
おお もう 片足つっこんでるコーディネート。

もう 確実に武道館を見据えた 確認も兼ねてるような
セットであったことには間違いないです。
そこに プロペラとか ヒートウェイヴをぶっ込んでくるとは
思ってませんでしたが(笑)
でも全体を通して 彼らにとってはおそらく
あの大きな場所でやってるイメージで演奏されてたんだと思う
こーさんのアクションが 確実に大きくなっていたし
リーダーもあえて 動きかたをすごく意識してた と思う
いつもならもっと無駄な動きが多い(爆笑)
それが一切無し

青春ミラーのときの クライマックスの
コーヂが ほんと なにかに取り憑かれたかのような
迫力
やっぱ彼はこういうの叩くのが真骨頂かも と
あらためて思うのでした

いつもより時間がないのもあったろうけど
MCも短め
こーさんはどっちかというと無口め
リーダーは 無菌室だの毒バリだの言ってて
まあ 相変わらず と思わせつつも
いつもよりも そう言う意味では少し緊張感のある
そういう印象もあったりして

アンコールでは 世界を止めてを 
圭介さんと竹安さんを迎えて。
これがよかっただねー
圭介さんにしても 世界を止めてのあのキーが
きつそうで でも いい感じでも歌ってて
そしてこーちゃんと竹安さんのギターバトルが
すっごい良かった。竹安さんがリード弾いてるときも
めちゃくちゃいいの。こーさんが後ろに下がるのもね。
正直 この曲はギターふたり居たらこんなにまた
豊かになるんだね と思ったよ。有りだった。
リーダーと圭介さんのサイズ感があきらかにちがうのを
目の当たりにしましたw


アンコール最後 おそらく予定外で始まった時間機械。
相当押されましたが(苦笑)
後ろで見てた友人が 大変なことになってたよーと後で
教えてくれましたw

怒髪天の応援ソング聴いて退場。
すみやかに退出。
前川さんが入口横でほんとにチケット手売りしてて
売れるたびに拍手なのに参加しつつ(笑)

そのまま渋谷駅にダッシュ。

井の頭線に飛び乗って吉祥寺へ。

16831824_1297202220346281_5563148846115083386_n.jpg


ブラックアンドブルーに ジミースターダストを観に行く。
8:10予定と聞いてて まあぎりぎりだろうなあって思ってたら
入った時がちょうど一曲目でよかった。
個人的には なんだか心がこもるいい演奏だったなと
思ったんだよね。
そこにたどり着くまでに見てたものとは
また全然違ってて 
それはそれで 心穏やかに見られて居たりして
今回でしーさまは サポート卒業だったけど
皆がいい感じで絡んでるように聴こえてたよ
ジミーさんの曲が ちゃんとひとつひとつ
丁寧に伝わってくるように聴こえてた。
ジミーさんまで毒バリMC(笑)
まっちゃさんはどこまで極悪扱いなのだろう(大笑)

またいつか一緒に演奏したらいいじゃない
それがまた見られたら嬉しいね

こんなんで 濃い夜。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク