誰か俺に くれないか。

26日(金)は名古屋・鶴舞
Music Bar Perchに着地。

18699894_1393401364059699_8551687249576987459_n.jpg


小山卓治×信夫正彦 という
そんなツーマン。
まずは登場のしーさま。
まさかのハプニングが起こりつつも
中盤以降はらしさの出るステージ。
トランジーがひさびさに聴けたかな。好き。
最後には客にクラップを求めるその感じ
まえはなかったよねー
ふふふふ

そして小山卓治さん。
なんか いろんなこと思い出した。
卓治さんは 中高生の頃
実はラジオで曲を聴いたり
アルバムも聴いてたけど
ライヴに行くには至らなかったんだ。
わしにとっては 好きな曲も
そうでない曲も 入り混ざるミュージシャン
だった気がします。

思い出したよ。
わしの大好きだったバンドのドラマーさんが
本当に一瞬だったけど
卓治さんのバックをやってたはずで。
ふとそんな情報が入ってきて。
90年代中盤から後半あたりだったかな。
見たかったけど自分は都合が合わず
結局一度も見ることはできなかったのだけど。

そんとき見てたらまた違ったかしら なーんて。今更。
今では なんだか あの気持ちも懐かしい。


そんな卓治さんを
自分としては 今の今になって初めて生で
歌を聴けてるのが
また本当に不思議。

わしにとっては
しーさまが関わらなかったら
見る機会はないままだったかもしれないね。
たまたま のことだろうけど
彼に 連れて行ってもらったかな
勝手にそんな 気がしています。

今見られたからこそ よかった
そんな風に強く思ったり

卓治さん 今年還暦だなんて! 
見えない! お若い!
いまだ素敵 つか 今のあの感じのほうが
わしは好きなのかもしれないなあって
思ったりもする

セッションの
The Sea Called Graceは
また 全く違う海の色だったね。
おにいさんとも しのばんとも
そして あのひととやったときとも
また ぜーんぶちがう色。面白いね。
そう思いながら聴いてた。
大事な曲ね。

俺にチャンスをくれないか 

なんか いろいろ思う

しーさまの曲をしーさまが卓治さんと
やってるのを見ることがあるとは本当に
想像できるわけがない
なんだろう めぐり合わせというのか

人生は予測不可能だねって

そんなこと 今更思っちゃいながら
大好きな曲を聴いていたよ。


帰りに熊本復興支援ライヴCD購入。
サインもいただいた(笑)

18670899_1393401320726370_1978379696985095801_n.jpg

いまだ、わしの名前をちゃんと漢字で
書いてくれたのは
柴田元幸センセイと しーさまだけです(爆笑)


そして 28日(日)。

もしかすると
人生初の養老鉄道だったかもw
(乗り継ぎのときにICカードが使えず
一瞬ぼーぜん 時間がなかったので
無理やり改札通してもらった:汗
実際無人駅ばかりで相当ゆるーい
でも次乗る時は気をつけまーすと覚書)
桑名で乗り継いで海津市へ。

18670962_1395079637225205_5137543385790021856_n.jpg


中島寺というお寺へ。

18765801_1395079593891876_5831305900214369129_n.jpg


18697997_1395079590558543_2351750695194739372_n.jpg

この日は
小山卓治with信夫正彦 というライヴ。


18740178_1395069893892846_8285028106781328868_n_20170531030030712.jpg

お堂にお客さんいっぱい!
100人以上は確実に集まってて
殆どが地元の老若男女な
皆様だった模様。
いやー 新鮮な空間
でも予想以上に違和感もなく
時々通り抜けるさわやかな風と
柔らかい雰囲気が心地良かったよ

個人的には
関ヶ原ウォーランドに行かれた話が
超ツボで大爆笑
自分も結構気になっていたB級スポット
連れていかれた関係者様のセンスが
素晴らしい


18767478_1395076677225501_6766902629550446269_n.jpg


18671042_1395069987226170_5531287102973026916_n.jpg

18813239_1395070030559499_4910254474029335540_n.jpg


卓治さんは なんで自分がずっとお寺に
呼ばれてるのかわからない って
おっしゃてたけど
実際 その場に居てみれば
卓治さんである意味がわかるような
気がしました

一曲、カヴァーをと ご住職のリクエストにて
沢田研二の 時の過ぎゆくままに

あれ 先週も 夜空で聴いたぞ(爆笑)

わしが見に行くライヴで 何気に演奏されることの多い
曲です
卓治さんがひとりで歌うのもよかったな

最後の方で実は自分は蚊の襲撃に
あっておりましたが(汗)
お寺ライヴ名物だそうで(苦笑)

アンコールで アスピリン! 吃驚。

もー ほんとーに一気に16歳まで自分が戻るわ!

まさか聴けると思わなかったなあ
そんな曲だったよ
きっと28年ぶりとか29年ぶりとかな
感じで聴いた

まさか またこの曲を お寺で自分が聴いてるなんて

16歳の自分に教えてやりたいわ!
と思う そんな時間

会場めっちゃ盛り上がって
(盛り上げ隊が存在感抜群でしたのー)
予定外のダブルアンコールだったかな?

卓治さんは 自分は雨男で...っておっしゃってたけど
もしかすると誰かさんの雨男っぷりが相殺して
今日の好天だったかもしれませんねー ぷぷぷ

しーさま いい表情でした 
その場を楽しんでるなって 
そういうお顔が見られて良かった

金曜日のライヴでも このお寺ライヴでも
思ったけれど
彼のピアノの良さが活きていた
わしは 本領発揮 というか
そう思ってた
お寺ライヴの温度にも
ちょうどよかったんじゃないか
しーさまの 引き出しには
卓治さんの 風景に合う
絵具がちゃんと入ってた
そんな感じがした

ああ こういう出会いは大事だな
良さを理解してくださって
それを披露する場を持たせてもらえた幸運
活かしてほしいな

ご住職が ライヴ後に
ぜひ お手を合わせて行ってください と
おっしゃられてたので
仏様に 合掌してきました
ここに導かれたことに ありがとうございます と。
そして あの 
もしゃ頭の彼を 見守っていてください ともね。


間違いなく楽しかったっす!



スポンサーサイト
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク