放浪の詩を 流星のメロディを

ここ最近は 余裕がなさすぎてライヴを見に行っても
レポが書けなかったです。
ライヴはよかったし、感想もいろいろあるのに。
でも書く気力が残っておらずで。

まあ無理に書くものでもないのだけど。

今回はやっと書けそうかと。

黒水伸一TRIO 今年は初のツアー。

今回はTRIOワンマンツアー。
これも初めてよね。

静岡大阪名古屋。
わしは静岡UHUと名古屋ヴァレンタインドライヴに。


初日の静岡。
ちょうど一年ぶりくらいにUHUに行ったかな。
いつものあの空気。
3月のGBワンマン以来で見るトリオは
変わらずまっすぐで
でもね 前回のワンマンでも実は感じてたけど
これまでより一つ上に上ってる感じもして
(わしの中では)

去年までとは なぜかほんの少し
バンドが違って聞こえています

わしの思いもあるのかもだけど

うまく言えないんだけど

日々過ぎてくなかで
たくさんのことが変化してて
目まぐるしくて


わしにとってのTRIOは

平静さを取り戻してくれると同時に
自分の感性を確認できるような

そんな存在だなーと
今回思いました

ただシンプルで直球で
なんの躊躇いもない潔さが
やっぱりTRIOの良さだと思うし
それを素直に好きだと思える自分に
安心するというかね

新曲がかっこよかった。

今回もセッションで登場のテツさんの雰囲気が
違いすぎて驚いた(笑)
ほんの少し憂いの色を帯びる彼のサックスは
わしも素敵だと思うよ。

あっという間の2時間強。

次の日仕事のため速やかに退却(笑)

そしてヴァレンタインドライヴ。


この雰囲気もTRIOには実はとても
あうものなのかもね

アンコールで

ワイルドキャットとドライヴが始まった瞬間
うわ って思った

これまた よくわからないけれど

曲のふちどりに黄金が輝くような
そんな瞬間を目撃した って思ったの

ミューズがほほ笑んだ
そんな瞬間だったなあ どうしてそう思うのって言われても
言葉では説明できないの
わしの横で見てた友人が 泣いてるのがわかった
あとで なんで泣けたのかわからない と彼女が
言ってたけれど
きっと 同じ何かを感じ取ってたんかなーと
わしは 勝手に思ったのでした


静岡も名古屋も 見られなかった大阪でもきっと
TRIOは TRIOのあるがままで
きっと どこでも彼ららしく
そして あくまでコンパクトで潔いワンマンツアーで
終わったんだろうなと

(アンコール含め2時間半以内は理想です わしにとってはね)

無事にみられてよかったな
年末の銀弾ツアーも楽しみだね。
スポンサーサイト
最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク