這い上がる壁はある 何度でも登るのさ

ザ・コレクタ―ズを名古屋クアトロで見ることは
わしにとっては長いことずっと特別で
やっぱり今回もそんな風に思っていて

今回がこれまでで
一番の入りだったんだって そうかあ

ほんとに がら空きのときを知ってるからね
(開演間際まで フロア2列目で余裕で地べた座って
待ってられたよ)
7年前はまだそうだった
そのあとからずっと動員が伸び続けてるのが
なんか ほんとすごい
いつか名古屋をソールドアウトさせようよ

いまや お客さんが落ち着いてるんだな
あんまりきゅうきゅうに感じずで

右側カウンター一段上は
やっぱりよい位置
詰めて見るのもいいけど
ここで見るのもやっぱり好きという
場所で今回は見られました

今回のツアー 一度ブレイクが入って

少しセトリに変更があったかな?


出だしから 快調っぷり全開のライヴ。
リーダーの声もよく出てるし
バンドのグルーヴ感もただならぬ感じ
サイケなリーダーのジャケットもよく似合ってたな
ダイエット成功中のリーダーはほんとに
痩せちゃってて
いやもうこれ以上痩せなくていいよ!
って段階に入ってきてたね
もともとハンサムさんなのが
今になって改めてわかるのが
ファンとしては嬉し恥ずかし←恥ずかしがらなくても
というわけで くぎ付けでした(笑)

新譜ツアーは すでに新譜感はなく
新しいはずの曲たちはずいぶんと存在感
満々 他の曲たちともしっかりなじんでる

船のうたは本当にいい
変調のしかたがいかにもらしいのが
大好きだったりして
絶唱系で リーダーの声がよく出てるのは
やっぱりでかい

本人さんも序盤から 今日は調子いい!と
はっきり言いきってたりして

てかバンドがすごくノッてきてるのが
わかるというか
バンドが とてもいい勢いも波動も速度も揺れも
持ってるのが 伝わってくる

一年前とはまったく違うバンドだよ本当にね
正直去年は心配だった
それがこう変わって (良い意味で)安定し始めたのが
ファンとしては本当にうれしいし楽しくて仕方ない


割り切れない数字を歌う曲は
いつもならクアトロマンスリーチックな
レア扱い曲だけど
こうやってレギュラー化で聴けるのもいいな
もんのすごい 加藤ひさしな曲だといつも思う

伸びしろの曲は ライヴでまた育った曲かもね
後半でいい存在になっていた

本編最後のあの曲の 後半で
リーダーが拡声器を使うのすっごい好き
あれ 前からやってほしかったんだよね
久しぶりに跳びはねまくり

リーダーもご機嫌さんだったが
こーさんも同様に にこにこご機嫌
たくさんお客さんいるの やっぱ上がるんだろうね

アンコールのいつもの曲が終わって
リーダーが前方のお客さんと触れ合ってる間に
一回引いたメンバーたちがすみやかに再登場
こーさんがマイクをリーダーに突き出して
はい!歌って!ってなってたのがレア(笑)
あれは珍しいパターン。
ボーナスが嬉しいラスト。
大満足の2時間弱。
やっぱりコレクターズのライヴは素晴らしい。
また見たいと思わせる魅力があるんだよ。

このまま ツアーが順調にすすんでくれますように
機材車問題はどうなるんだろう(笑)
もうかなりの年数乗ってるはずのハイエース
去年から受難だなー
無事にツアー回れますように





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク