FC2ブログ

夢の3連単♪

↑ライヴ最中のMCで、コーヂくんの競馬話から
リーダーが巣鴨で見かけるシンガーソングライターの
おっさんの話につながって、こんな歌の即興演奏が
バンド内で急に始まった(笑)
ほんとにアドリブなのにあっという間に曲になっていく
様がすごかった(爆笑)

今回のコレクターズのツアー。
8月から始まって、10月22日の六本木まで。
自分は最初の渋谷、9月の神戸(最前どまんなか)
そして今回の名古屋クラブクアトロ、と3本。
10月6日(日)でした。

(ネタバレも嫌なので、ファイナルの今日のライヴ
以降のアップといたしました。)
残念ながら今回はファイナルは行けず、でしたが。



31A28762-B9C9-4D37-8862-39757FCA945A.jpg



自分が見た中では、演奏的には名古屋がいちばんだったのでは。
やはり、同じセトリで やるごとに精度があがるというか
クオリティが上がるのは当然っちゃー当然なのと
おそらく名古屋は前後にライヴがなく、単発的だったので
彼ら自身のコンディションもよかったかもしれません。


今回の名古屋はソールドアウトはしなかったけど
まあまあの入り。
わしは、名古屋クアトロでコレクターズは
いつもジェフ側の少し後ろめで見るのが一番好き。
今回も視界OKで良くステージが見えました。
ほどよくスペースがあることも多くて
踊りやすいってのもある。
途中から流入してくる人が少ないエリアでもあります。


今回はツアータイトルになってる限界ラインから始まり、
新旧とりまぜつつの、これまでの全国ツアーっぽくない
セトリだったと思います。
なにしろ定番曲を恐ろしく外しまくってきた。
ファンの中にはそれがあるのを楽しみにしてる
そういう曲たちがかなり削られていたというか。
ある意味、その限界に挑戦してきた?的な
印象だったのでした。 こう勝負に出るとは、という
意外感が強かった。

渋谷で見た時点ではNICKも入ってなくて
狙いはすごくわかるけど、ちょっとゆるっとした
流れで終わっちゃったって思ってたら
やっぱりNICKだけは組み込んできてたね。

渋谷と神戸はこーさんは335一本だった記憶ですが
名古屋は最初の3曲くらいまではレスポール使ってた。
これも、六本木対策か?とか思いつつ(いひ)
でも、やっぱ明らかに音って違うね。
レスポールもいいけど、わしは
彼の出す335の音がほんと好き。
(ほんとうにいい音だなあって思う音がする。
これは ほんとにこだわりの塊の結果だと思うし
自分は2011年に大阪で聴いたあのギターの
音の柔らかさと深さが忘れられない)
今の彼のプレイの良さが一番引き出されるのは
やっぱりあのギターかな。
というか、コレクターズの楽曲はあのギターが
一番合うのかもしれないね。

個人的には サブマリンと 飛び込む男
希望の舟 と水関係曲←勝手に言ってる
が抜群に好きでした。
リーダーのヴォーカリストとしての力量が
出る曲たちでもあると思う。
希望の舟のエンディング、演奏陣がどんどん
盛り上がってくところがすさまじく格好いい。
いつも本当にドキドキします。
ピエロもほんとずっと好きな曲なので
ツアーでやってくれてるの嬉しい。
こーさんが 
君がここに居てくれるなら
きっとうまくやっていけるのに 
のとこ歌うの、もういっつも泣きそうになるわ。←おまえ何歳だ
30なんて、もうどれくらい久しぶりに聴いたっけって
思う曲。そっからもう29年たってるよ、リーダー!って
自分もびっくりするわ… 俺も29歳一緒に歳くってるよ…
Don't trust over 30かあ
今や Let's trust over 50 だもんな(爆笑)
って ほくそえんでた。
本編ラストが 5432ワンダフルってのも
斬新だった。
リーダのひらひらレインボー衣装に合ってたね。
(わしの友人が ガソリンスタンドの洗車ブラシ
って言ったのが 一番ドツボで爆笑でした。)

Hisashi_kato_2019tour.png
無断引用御免↑

そして アンコールでも コレクターをやらずに
THANK U で終わらせるというのは これまた
思い切ったやり方でした。

2時間弱(1時間50分くらいかな?)という尺は
やっぱりちょうどいい。
ご自愛世代にはありがたい(笑)

今年は とりあえずライヴはおしまい?のようで
また次は来年かしら…

なんか企んでるかな?と 

楽しみにアナウンスを待ちたいと思っていたら
さっそく、年明け早々のツアーの発表がありました。

東京のライヴがないそうで。

おう。これはやっぱなんか企んでいるんだと
憶測が加速(笑)

ま、オリンピック関係で、会場が、って事情は
大いにありそうなんですが。
その前のお楽しみができてうれしいなーっと。

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク