天使よ その翼で導いてくれないか

Cruel and Gentle Things Cruel and Gentle Things
Charlie Sexton (2005/09/13)
Back Porch
この商品の詳細を見る


チャーリー・セクストンという名前を聞いて、おお、と反応
するのはおそらく自分くらいの世代以上の人かと思うんですけど(笑)

彼が数年ぶりにソロアルバムを発表したのは2年前なのですが
今回何故か今になって日本盤が出るそうですよ。なんでだろ。
わしもたまたま、このアルバムの存在を知ってて手に入れてた
のですが、水面下で動く人たちが居たのでしょうか?(謎)

このアルバムを聞いていて、おそらく元々備わってた彼の持ち味って、
実はやっと歳相応になってきたんじゃないかと思いました(汗)

自分が彼を知ったのは、やはりかの「Beat's So Lonely」
なわけですが、当時の彼って確か16とか17くらいで、
ギターが上手くて、甘いルックスの持ち主で、
それに不釣合いなシブめの歌声だったというのが
とても印象的だったのですね。
ま、当時は相当なアイドル扱いだったんですが、
近年はボブ・ディランのツアーに参加してるという噂とかは
聞こえてきてて、ああ、活動は続けてるんだなあと思っておりました。

わしも彼のことをそんな詳しく知ってるわけではありませんが、
おそらく、あの怒涛の時代を乗り越えてきただけの、彼の生き様の
ようなものが歌に乗っかってるんじゃないかなと思うのです。
正直、派手な音楽ではないし、彼自身も10代の頃のように再び
脚光を浴びるということもないでしょう。
ただ、こういうストレートで飾り気がなくて、
等身大そのまんまな音ってのはわしは好意的に受け止めたいと
思うわけです。
スポンサーサイト

Comment

・・・みゃー!!!
ちゃ、チャリ坊と呼ばれた彼ですか・・・っっ

渋い、いい顔になられましたねぃ(//▽//)
きっと音楽もそうであるに違いない、と激しく期待。
ぜひぜひ聴きたいですわー♪

そうそう、あのチャリ坊ですよ(大笑)

あの頃は一発屋な人もたくさんいて、いつのまにか
忘れられてしまった人も数知れませんが、
逞しく生き残られたのは喜ばしいことかもしれませぬ。
非公開コメント

最新の記事
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

たづ助。

Author:たづ助。
妙齢女子。名古屋にへらへら生息。

主には
好きな音楽やライヴや映画の話。
時に英語学習のお話や、戯言などを
ゆるゆるゆると綴り続けております。

カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
フリーエリア
楽天レシピ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク